下町ドウジョー

どのような競技なのかも正確には知らない『競馬』の、ブログ製作を、成り行きと勢いで引き受けてしまった下町の小さな町工場の2代目(タマネギ)と、好奇心程度の軽い気持ちでそれに参加した予想家たち。そんなメンバーが、競馬予想で東京オリンピック出場を、職人の意地と誇り=モノづくりの心に火をつけられ、「下町ドウジョー」と名付けられたプロジェクトとして、それぞれの持つ技術を結集して競馬予想に挑戦するドラマである。

カテゴリ: レース結果

【宝塚記念】ミッキーロケットがV!和田騎手はテイエムオペラオー以来17年ぶりのJRA・GI制覇

6/24(日) 15:44配信


000


6月24日の阪神11Rで行われた第59回宝塚記念(3歳以上オープン、定量、GI、芝2200メートル、16頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、和田竜二騎手騎乗の7番人気ミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が勝利。タイムは2分11秒6(稍重)。

 中団で待機したミッキーロケットは、4コーナーで徐々に進出。サトノダイヤモンドとの叩き合いを残り200メートル付近で振り切ると、外から迫るワーザーの追撃を完封し、ゴールを駆け抜けた。

 クビ差の2着は10番人気の香港馬ワーザー、さらに3馬身差の3着には12番人気ノーブルマーズが入った。

 和田竜二騎手は「(17年ぶりのGI勝ちには)長かったですね。(久しぶりのGI勝利だったが?)この一戦にかける思いは大きかったです。さすがに(GIを勝つ間が)長すぎたんで、勝って(今年死んだ)テイエムオペラオーに胸張って報告ができます。ポジションは絶対にいいところにつけたいと思っていました。スタートが決まったので、心強いと思っていた。長くコンビを組んできて脚の使いどころがわかっていたのでよかったです。なかなかGIを勝てなくて悔しい思いもしましたが、ファンや師匠、家族の応援があってやってこれました」とコメント。

 勝ったミッキーロケットは、父キングカメハメハ、母マネーキャントバイミーラヴ、母の父Pivotalという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は野田みづき氏。通算成績は22戦5勝(うちGI1勝、GII1勝)。宝塚記念は音無秀孝調教師が初勝利、和田竜二騎手は2000年のテイエムオペラオーに次いで2勝目。

111



騎手コメント

------------------------------------------------

ボウマン騎手(ワーザー=2着)「前走とこのレースの間にもうひとつレースを使っていればよかった、という感じでした。今日のような道中にプレッシャーのかかる流れが合います。日本のしっかりした馬場でも頑張ってくれました」

高倉騎手(ノーブルマーズ=3着)「もう少し前で運びたかったんですが、前半は思っていたよりハイペースで、走りたくない感じだったので、あの位置から。この大舞台でもよく頑張ってくれているんですが、ひと言でいえば、悔しい。でも、本格化してきた感じですし、これからが本当に楽しみになりました」

福永騎手(ヴィブロス=4着)「リラックスさせるのに、こんなに時間がかかるとは思っていませんでした。落ち着いたのは2コーナー過ぎでした。それでこの着差ですからね。前半、力ませてしまったことがこたえましたね」

武豊騎手(ダンビュライト=5着)「3、4角でごちゃついたことがこたえた。できれば内ラチ沿いを通りたかったんだが…。ストロングタイタンと枠が逆だったらよかったんだけどね。すごく残念です」

ルメール騎手(サトノダイヤモンド=6着)「スタートは遅かったですが、ポジションを上げていけました。ただ、4コーナーでばてた馬の後ろになったことがこたえました。そこがスムーズならと思いますが、最後の100メートルで疲れてしまった。状態はとてもよかっただけに、直線はもうちょっとゆっくり行く形だったら…」

岩田騎手(ステファノス=7着)「いい感じで運べ、4コーナーの手応えもよかったんですが、残り1ハロンで止まってしまいました」

Mデムーロ騎手(キセキ=8着)「だいぶ落ち着いてきて、折り合いも問題なかった。ただ、大外枠はしんどかったです。ワーザーの後ろから直線は内を突いたが、狭くなる不利もあった」

戸崎騎手(パフォーマプロミス=9着)「スタートはうまく出てくれましたが、いつもの進みっぷりがなかったです。馬場の影響なのか、58キロの影響なのか…」

 松山騎手(スマートレイアー=10着)「スタートがよく、前めで流れに乗れましたが、勝負どころで苦しくなってしまいました」

川田騎手(ストロングタイタン=11着)「勝ちに行く競馬を意識して組み立てましたが、4コーナーで苦しくなりました。距離が若干長い感じでG1メンバー。乾ききらなかった馬場のぶんもあるでしょう」

 藤岡康騎手(アルバート=13着)「後肢がはまるまで動けないと聞いていたので、うながしながら運びましたが、リズムに乗れませんでした」

 池添騎手(ゼーヴィント=14着)「気合を入れて好位を取りにいきましたが、向こう正面でハミが抜け過ぎた感じになってしまいました。その影響か、3角過ぎにいっぱいになってしまいました」

 秋山騎手(タツゴウゲキ=15着)「2番手から運べました。ちょっとずつ調子を戻してくれたら」

 小牧騎手(サイモンラムセンス=16着)「さすがに自分のペースで行かせてもらえなかった」



+++++ポイント結果+++++

222


333



~タマネギのレース感想~

和田ジョッキー悲願のG1制覇!!

今年の競馬界はドラマチックな結末が多いですね
(なお、収支表には圧倒的現実が刻まれている模様)


私のお気に入りサトノダイヤモンドは出足遅くて上手く立ち回れませんでしたね…
小回りはコースは厳しいかもしれないけどジャパンカップでの復活を期待します


優勝馬はそのダイヤモンドと同世代のミッキーロケット!!!
あいりすたんは当然(?)としても7番人気のミロケットに本命◎打った方が3人もいるとは…
皆さん競馬お上手ですね~


事前に御伝えしましたようにポイントプラスの方のみに特別pt(2倍)を付与しております
波乱の決着でランキングが大変な事に……w




競馬道場の今後について


競馬道場夏休み突入!

7.8月はレース予想記事はUPされませんのでご注意願います。

道場メンバーの中には競馬予想ブログをUPされている方が多数いらっしゃいますので、

是非この機会にお出かけしてみては如何でしょうか



再開は…タマネギの仕事と相談ですね……。

最近職場環境が変化しており、あまり時間がとれなくなってきましたので

”可能性は低い”とだけ。。。


もしまだ続けれそうなら9月上旬にでも告知させて頂きます


ランキング発表

長い期間に渡り、予想レースに参加してくださって本当にありがとうございました!

その感謝をひとりひとり丁寧に御伝えしたいので、ランキング記事作成に時間を下さい。

7月中にはなんとかUP出来るようにしたいです!!!!


以上、2018年上半期お疲れ様でした

【ユニコーンS】ルヴァンスレーヴ圧勝 昨年の2歳ダート王が力見せつける

6/17(日) 15:59配信


666


◆第23回ユニコーンS・G3(6月17日、ダート1600メートル、東京競馬場、重)

 3歳馬によるダート重賞は16頭によって争われ、1番人気のルヴァンスレーヴ(牡、美浦・萩原清厩舎、父シンボリクリスエス、ミルコ・デムーロ騎手)が直線で外から抜け出すと、後続を突き放す完勝。昨年の全日本2歳優駿に続く、重賞2勝目を飾った。

 2着には3番人気のグレートタイム(クリストフ・ルメール騎手)、3着は7番人気のエングローサー(田中勝春騎手)が入った。

 Mデムーロ騎手(ルヴァンスレーヴ=1着)「ずっと手応えがよかった。素晴らしい馬です。東京ダートの1600メートルは一度走ったことがあったので、芝スタートの部分は気にしていなかった。あまりスタートは速くないけど、二の脚が速い。ペースも速くなかったし、いい位置につけられた。直線では馬なりですごく伸びました。勝ちたいという気持ちが大きい馬です」

騎手コメント

------------------------------------------------

ルメール騎手(グレートタイム=2着)「距離は短いかと思ったが、ペースが遅かったので流れに乗れた。力はある」
田中勝騎手(エングローサー=3着)「2着が欲しかったね。勝ち馬は強かったから仕方ない。道中はいい感じだったし、マイルも問題ない」

柴田大騎手(ホウショウナウ=4着)「素直で乗りやすい。前半は一生懸命走っていたが、すぐに息が入った。最後も踏ん張ってくれた」

江田照騎手(セイウンクールガイ=5着)「砂のキックバックを嫌うので、内枠なら行くしかないなと。距離も大丈夫そう」

津村騎手(トキノパイレーツ=6着)「馬群(の中)でかかるくらいの行きっぷり。いつもと違う競馬ができたし、これから楽しみ」

 吉田隼騎手(リョーノテソーロ=7着)「返し馬からフットワークが良かった。もう少し体を起こして走れるようになれば」

 武士沢騎手(コマビショウ=8着)「芝の部分で勢いがつかなかった。もう1、2列前に行きたかったが」

川田騎手(グリム=9着)「(直線では)みんなグチャグチャになっていました。前にスペースがないまま、終わってしまいました」

 太宰騎手(プロスパラスデイズ=10着)「他馬に寄られてイメージより後ろになった。じわじわ伸びてはいるが。能力はある」

 藤田騎手(ミックベンハー=11着)「ゲートは出たが、もの見をして、進んでいきませんでした。思ったより後ろになってしまって。もう少し前で競馬がしたかったです」

 和田騎手(バイラ=14着)「いい流れかと思ったが…。勝ち馬は力が全然違う」

 大野騎手(タイセイアベニール=15着)「うまく先行できたが、最後はいっぱいになった」

 内田騎手(ベストマイウェイ=16着)「落鉄して全然伸びなかった」


+++++ポイント結果+++++

777

7777


~タマネギのレース感想~

自分は予想お休みしたので皆さんの予想結果を楽しみにしてたのですが、くま子さんの渾身の江田照夫予想にシビれました!!!!

根拠と確信を持っての穴予想って格好良いですよね!
結果残念ながら馬券には絡めませんでしだが16人気5着って凄い!!!!!

こんな厳選穴馬のみ購入するのが勝ち組への近道なんでしょうなぁ…。


業務連絡

2018年シーズンも残り 宝塚記念 1レースとなりました。

現在までのポイント集計をして、逆転条件を出してみたのですが


10位のますらをさんを基準にすると

『1位が90pt以下&宝塚で650p』



…っと、かなり厳しい状況ですので

来週は宝塚記念スペシャルと題して

獲得pt 2倍デーとします。


1度 有馬記念でも獲得pt 2倍デーを実施しましたが、なんだかんだそんなにランキング荒れなかったですけどねw

最後までお付き合いの程 よろしくお願い致します。

【エプソムC】サトノアーサーが重馬場で差し切って重賞初V!戸崎騎手「終始手応え良かった」

6/10(日) 18:20配信


epu

6月10日の東京11Rで行われた第35回エプソムカップ(3歳以上オープン、GIII、芝1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気サトノアーサー(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が差し切り勝ち。待望の重賞初制覇を果たした。タイムは1分47秒4(重)。2着はハクサンルドルフ(4番人気)、3着はグリュイエール(5番人気)だった。

 激しい雨が降る中、スマートオーディンが逃げ、マイネルフロスト、ブラックスピネルなどが続く展開。戸崎騎手が手綱を押さえて6番手につけていたサトノアーサーは、直線で馬場の中ほどから力強く抜け出し、後方から伸びてきたハクサンルドルフに1/2馬身差をつけてトップでゴールを駆け抜けた。道中は中団にいたグリュイエールが、さらに3/4馬身差の3着。3番人気サーブルオールは4着で、1番人気で中団を追走していたダイワキャグニーは14着に終わった。

 サトノアーサーは、父ディープインパクト、母キングスローズ、母の父リダウツチョイスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)サトミホースカンパニー。通算成績は11戦4勝。重賞初勝利。エプソムCは、池江泰寿調教師は2012年トーセンレーヴに次いで2勝目。戸崎圭太騎手は16年ルージュバックに次いで2勝目。

 ◆戸崎圭太騎手「中団につけたいイメージでしたが、思ったよりスタートも良く、前で競馬ができました。終始手応えも良かったです」

騎手コメント

------------------------------------------------

川田将雅騎手(ハクサンルドルフ=2着)「返し馬から、こういう馬場でも大丈夫そうでした。直線は脚をしっかり使ってくれました。精いっぱい、頑張ってくれました」

福永祐一騎手(グリュイエール=3着)「もうちょっと前で競馬をしたかったが、馬場も緩かったせいか、前走ほどの行きっぷりはなかった。左にもたれるぶん、2着を取り損ねた気もするが、長期休養明け2戦目で、よく走ってくれていた」

クリストフ・ルメール騎手(サーブルオール=4着)「このレベル(重賞)での経験があまりない馬。馬場もちょっと大変だった。でもよく頑張ってくれたし、すぐに重賞を勝つことができると思います」

藤岡佑介騎手(エアアンセム=5着)「ダイワキャグニーをマークする形でしたが、向こうが進んでいかなかった。でも脚は使ってくれた。結果論だけど、もう少し前なら際どかったと思う」

 石橋脩騎手(ベルキャニオン=6着)「馬場が悪かったわりに、(ペースが)流れたからね。でも我慢できるようになっているし、前に行ったわりには残れている」

 大野騎手(ゴールドサーベラス=7着)「馬場のいいところを選んで、最後もじりじりと伸びてくれました」

 三浦皇成騎手(バーディーイーグル=8着)「道悪でもペースが流れて、斤量もこの間より3キロ重かったことを考えれば、頑張ってくれたと思う」

 柴田大知騎手(マイネルフロスト=9着)「かなりブランクはありましたが、それでもスムーズな競馬はできたと思います」

 石川裕紀人騎手(ブラックスピネル=10着)「休み明けを叩いて、調子は上向いていると思った。いい位置で運べて、馬場は問題なかったと思うが、伸びきれなかった」

 丹内祐次騎手(マイネルミラノ=11着)「出ムチを入れても行けなかった。斤量も厳しかったですね」

 武豊騎手(スマートオーディン=12着)「イレ込みは以前よりましだったが、レースの途中からかなり気負って走っていた」

 柴田善臣騎手(トーセンマタコイヤ=13着)「ノメっていたね。走りづらいから、余計な力が入っていた。そのぶん、直線で脚が使えなかった」

菊沢隆徳調教師(ダイワキャグニー=14着)「走りづらそうにしていた。手応えがよければ、(直線で)外にも出せたんだろうけどね」

  北村宏司騎手(アデイインザライフ=15着)「もう少し来てもいいと思うけど、(最後は)逆に離されたからね。馬場もこなすと思っていたけど…」

 勝浦正樹騎手(シャイニープリンス=16着)「こういう馬場はあまりよくない。こんなに負けないと思うんですけど」


+++++ポイント結果+++++

222

2222


~タマネギのレース感想~

かなり馬場が悪くなる との事だったので道悪に強そうなアドムーン産駒のハクサンルドルフを直前で追加投入したのは良かったけど、同じ理由でアーサーがハジキ出されたのでノーHITでフィニッシュです戸崎何してくれとんのじゃあぁぁぁぁ

1番人気が14着凡走で皆が軒並みポイント下げる中、レコ神の◎が光ってますね


【マーメイドS】10番人気アンドリエッテが重賞初制覇!国分恭騎手「一瞬の脚は抜群に速かった」

6/10(日) 17:14配信


mama

6月10日の阪神11Rで行われた第23回マーメイドステークス(3歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、15頭立て、1着賞金=3600万円)は、国分恭介騎手騎乗の10番人気アンドリエッテ(6歳、栗東・牧田和弥厩舎)が後方イン追走から直線鋭く抜け出し、外ワンブレスアウェイを抑えて重賞初制覇を果たした。タイムは1分59秒1(良)。アンドリエッテは準オープンからの格上挑戦だった。国分恭介騎手は2010年の府中牝馬S・GIII(テイエムオーロラ)以来、8年ぶりの重賞勝ち。クビ差の2着はワンブレスアウェイ(9番人気)で、さらに2馬身離れた3着にミエノサクシード(4番人気)が入った。

 アンドリエッテは、父ディープインパクト、母アナバシュドチャーム、母の父シルヴァーデピュティという血統。北海道日高町・森永牧場の生産馬で、馬主は永田和彦氏。通算成績は28戦4勝。重賞は初勝利。マーメイドSは、牧田和弥調教師、国分恭介騎手ともに初勝利。ディープインパクト産駒はJRA重賞171勝目。マーメイドSはマルセリーナ(13年)以来、5年ぶり通算2勝目。

 ◆国分恭介騎手「テンから行くタイプではないし、みんな外へ行くと思っていたので、内を突いていこうという気持ちで乗りました。外の馬に迷惑をかけてしまったけど、一瞬の脚は抜群に速かった」

騎手コメント

------------------------------------------------

津村明秀騎手(ワンブレスアウェイ=2着)「ゲートは何とか出てくれて、いい位置で運べました。狭いところからもひるまず伸びてくれました。もうちょっとだったんですけどねえ」

川島信二騎手(ミエノサクシード=3着)「距離だけが不安だったんですが、頑張ってくれましたね」

 富田暁騎手(ヴァフラーム=4着)「人気馬を見る形で。長くいい脚を使ってくれました」

岩田康誠騎手(ミリッサ=5着)「好位で流れに乗れました。直線もグッときたんですが、上位馬の脚の方が上でした」

岩崎翼騎手(レイホーロマンス=6着)「向こう正面から3コーナーにかけてペースが遅くなって、密集した馬群からの上がり勝負になってしまいました」

秋山真一郎騎手(キンショーユキヒメ=7着)「背負っているぶん、瞬時に反応できなかった。最後まで伸びているけど、もう少しめりはりのついた競馬をすればよかった」

松若風馬騎手(エマノン=8着)「いい脚を長く使うイメージだったので早め、早めに動いていきました。ただ、そのぶん坂を上がってから苦しくなってしまいました」

 荻野極騎手(ルネイション=9着)「囲まれて、少し窮屈な競馬になりましたが、脚は使ってくれました」

 北村友一騎手(フェイズベロシティ=10着)「自分の脚はしっかりと使ってくれました」

 和田竜二騎手(エテルナミノル=11着)「何とかゲートは出てくれたし、いいところで流れにも乗れたんだけどね。最後に脚を使えなかった」

 酒井学騎手(アルジャンテ=12着)「コーナー4つの2000メートルよりも、現状はワンターンのマイルが合っていそう」

 川又賢治騎手(スティルウォーター=13着)「馬群が凝縮してしまって内に入れることができませんでした」

 竹之下智騎手(ティーエスクライ=14着)「この距離は少し長い感じがしました」

浜中俊騎手(トーセンビクトリー=15着)「56キロを背負っていましたし、外枠だったので気分よく行かせました。斤量がこたえている感じでした」



+++++ポイント結果+++++


222

2222



~タマネギのレース感想~


日曜の両重賞でレコさんが神ってましたねwww

マーメイド:286pt
エプソム:211pt

で、少し前に発表したランキング16位から8位までブーストジャンプUP



まだ予想ブログに回顧記事が作成されてないんですけど…


パチレコ ~パチスロは勝つから楽しい!


勝ち金を数えるのに忙しいのでしょうか??笑

【安田記念】モズアスコット20年ぶり連闘でのG1制覇 ルメール絶賛「ベストマイラー」

6/3(日) 16:12配信


000000000

春のマイル王を決める「第68回安田記念」(G1、芝1600メートル)が3日、東京競馬11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の9番人気モズアスコット(牡4=矢作厩舎)が優勝。G1初制覇を果たした。

ちょうど1週間前、京都競馬場で走っていたモズアスコットが先頭で駆け抜けた。5月27日の「安土城S」からの連闘策。連闘でのG1制覇はスティンガー(98年阪神JF)以来20年ぶり。安田記念では89年バンブーメモリー以来29年ぶりだ。

 鞍上のルメールも連闘策に「心配していました」というが、「返し馬で安心しました。馬の状態が良かったです」と心配は杞憂に終わった。道中は1番人気スワーヴリチャードをマーク。直線では馬群を割る豪快な末脚で差し切った。「G1で勝つ自信がありました。G1タイトルを手にして素晴らしい」とパートナーを褒めちぎった。

 父はフランスの怪物フランケル。G1馬7頭を撃破し、今後にも期待が高まる。「レベルの高いメンバーと戦って、日本のベストマイラーになりました。これからもマイルのG1を勝つと思います」と王者不在が続くマイル路線統一に堂々と名乗りを挙げた。

000000



騎手コメント

------------------------------------------------

ルメール騎手(モズアスコット=1着)「連闘だったのでレース前は心配したが、返し馬で安心した。馬の状態が本当に良かったですね。矢作先生が先週も使ってG1へ向けていい状態で持ってきてくれたので、僕は最後のひと押しをするだけだった。スタートして400メートルあたりで他馬とぶつかったので、そこで一度控えた。直線に入ると、スワーヴリチャードがちょうど前にいたので、これを目標にして、最後は前が開いて、しっかり伸びてくれました。馬は1600メートルで勝ったことあるし、能力があるのはわかっていた。ソウルスターリングに続いて、フランケルの子で勝ててよかった」

戸崎騎手(アエロリット=2着)「この前(ヴィクトリアマイル4着)より馬が良くなって、柔らかみがあった。ハナに行っても良かったけど、外の馬(ウインガニオン)が速かったので、好位で運んだ」

Mデムーロ騎手(スワーヴリチャード=3着)「頑張っていたんだけど…。一番いいポジションを取れて、直線もいい馬場を探しながら運んだけど、最後があまり伸びなかった。ゴール後の感じがいつもと少し違っていた。夏バテ気味だったのかも」

蛯名騎手(サトノアレス=4着)「ゲートで待たされて、頭を下げたタイミングでゲートが開いてしまった」

 福永騎手(サングレーザー=5着)「イメージしていた競馬はできた。いいところに収まったけど、なし崩しに脚を使ってしまって、結果的にいつもの切れ味がなかった。ただ、そういうチャレンジにも対応できるようになっている」

川田騎手(ペルシアンナイト=6着)「直線は道をつくることができず、申し訳ない競馬になりました」

 津村騎手(ウインガニオン=7着)「自分の競馬で最後まで頑張ってくれた。夏にまた頑張ってくれるはず」

武豊騎手(リスグラシュー=8着)「馬の出来は良かったけど、タイムが速かった。この馬には渋ったくらいの方がよかったね」

田辺騎手(レッドファルクス=9着)「淡々とペースが流れて、小出しに脚を使わされた」

 石橋騎手(キャンベルジュニア=11着)「いい感じで道中は運べていたけど、東京の1600メートルだと、もうひと工夫しないといけないかも」

 和田騎手(レーヌミノル=12着)「いいポジションは取れたんだけど、この馬には馬場が硬かった」

 藤岡康騎手(ヒーズインラブ=13着)「この馬のリズムで運べたし、しまいも反応はしていたけど。今回の経験が今後に生きれば」

 北村宏騎手(ダッシングブレイズ=14着)「スタートを出て、いい位置で運べたけど、時計が速かった」

 岩田騎手(リアルスティール=15着)「3角でごちゃついて下がった。その後は折り合いもついていたけど、直線での反応が鈍かった」

 秋山騎手(ブラックムーン=16着)「時計も上がりも速かった」

-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

111

222


~タマネギのレース感想~

1着から6着まではまさに実力拮抗してて今回の結果も勝負のあやでしょうね…。


話は変わりますが 私もまがりなりにブログ管理人でして、

毎回皆さんの予想コメントや近況コメントを楽しみにしてるんですが……


今回のレース予想記事に驚愕のコメントが…!!?



↓↓↓↓↓↓↓



???「嫁にOKもらったんで3ヶ月分の小遣いぶち込んできます








pinn


あの野郎……無茶しやがって…!!!



でも嫁に許可もらってる所が独身男からするとほのぼのしてて羨ましいですw

この世には嫁を泣かせて競馬するふとどきな旦那もいますからね~



そんな ホコリみたいなゴミ人間 にはなりたくないですね


-完-

↑このページのトップヘ