タマネギの競馬道場

みんなで楽しく みんなで予想 ハズレたって悔しくない!(大嘘) ※注意※ 回顧記事は9割コピペです

カテゴリ: レース予想

2017年6月4日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第67回安田記念(GI)

芝・左 1600m

333


・競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用




コース攻略検証・見解



東京競馬場 芝1600m

東京競馬場

コース攻略検証・見解

スタートから250m地点までは下りが続く。3コーナーまでは約550mほどの直線でポジション争いはさほど激しくならず、枠順に有利不利も少ない。ただし、3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かる傾向がある。

マイル戦ながらスタミナ消耗戦になるコースで、このコースを逃げ切るにはスピードに加え、スタミナ、底力が必要となる。このコースが『中距離を走れるくらいのスタミナが要求される』と言われる所以だ。メイショウサムソン産駒の成績がいいのは、その特徴を現しているのかもしれない。

しかし近年は安田記念(ロゴタイプ)、NHKマイルC(メジャーエンブレム、ミッキーアイル)など大舞台での逃げ切りも目立っている。

東京芝1600m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト59-50-33-26714.4%
54
34.7%
79
ダイワメジャー31-18-26-18412.0%
67
29.0%
82
ハーツクライ25-14-8-15312.5%
80
23.5%
68
ステイゴールド16-10-21-1199.6%
218
28.3%
135
キングカメハメハ15-22-12-1846.4%
37
21.0%
59
シンボリクリスエス13-12-13-1098.8%
95
25.9%
83
ネオユニヴァース10-11-15-1216.4%
57
22.9%
81
クロフネ10-7-4-7210.8%
96
22.6%
92
フジキセキ9-8-14-778.3%
93
28.7%
134
ジャングルポケット7-6-10-995.7%
42
18.9%
63

東京芝1600m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
戸崎圭太30-21-16-12815.4%
103
34.4%
78
横山典弘30-16-15-14614.5%
107
29.5%
74
三浦皇成26-18-7-12314.9%
138
29.3%
96
蛯名正義26-17-20-15312.0%
73
29.2%
73
北村宏司25-24-23-15710.9%
54
31.4%
84
内田博幸20-17-18-1569.5%
83
26.1%
75
ルメール15-10-7-3123.8%
76
50.8%
81
田辺裕信13-18-33-1506.1%
111
29.9%
131
柴田善臣13-12-8-1467.3%
77
18.4%
58
福永祐一12-13-12-5213.5%
61
41.6%
109

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

東京芝1600m|予想ポイント

  1. やや中波乱傾向のコース
  2. 差し・追込がかなり有利なコース。
  3. 枠順の内外有利差無し ※6枠には注目
  4. ディープインパクト、ステイゴールド、ダイワメジャー、ハーツクライ
  5. 戸崎圭太、三浦皇成、田辺裕信、ルメール

差し・追込がかなり有利なコース。

枠順では内外の有利差は殆ど無いが、6枠は好成績を残している。また、5枠は回収率が高いので注目。

種牡馬は、ディープインパクトの好走率が非常に高いです。その他、回収率の高いステイゴールド、ダイワメジャー・ハーツクライも好成績。

騎手は、戸崎圭太・三浦皇成が好成績。また、回収率の高い田辺裕信、好走率の高いルメールにも注目。





過去10年データ分析

6歳馬が(4.2.5.37)と好成績。
馬体重479キロ以下は(0.1.4.51)と不振。
馬体重480~519キロで9勝
1.2.3枠で5勝
先行が(4.2.2.25)と好成績。
後方は(0.2.5.38)と不振傾向。
1番人気は(4.1.0.5)と上々の成績。
1.2番人気で7勝と好成績。
・ただ3着馬は人気薄でも多く来ている傾向。
前走勝ち馬が5勝と好成績。
前走5着以下に敗れた馬での勝ち馬はゼロ
前走ダービー卿CT組が2勝と好成績。
・反対に前走京王杯SC組は(1.3.1.34)と出走頭数の割に不振。
・また前走マイラーズC組も(0.2.7.31)複勝率は高い勝ち馬はなし
・過去5年ディープインパクト産駒は(0.1.2.20)と不振。






競馬道場予想師16年度好成績者

111


去年の回顧記事はこちら↓

【結果】第66回安田記念(GI)【回顧】



2017年6月3日(土) | 3回阪神1日 | 15:35発走

第70回鳴尾記念(GIII)

芝・右 2000m


111



・競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



コース攻略検証・見解

阪神競馬場 芝2000m

阪神競馬場

コース攻略検証・見解

2006年の改装前と同様のコース形態。スタンド前直線からスタートし、1コーナーまでの距離は325m。スタート直後が上り坂ということもあり、あまりペースは上がらない。

向正面いっぱい息が入り、3コーナー過ぎの下り傾斜で少しずつ速くなり始め、3~4コーナー中間のいわばフォルスストレート(偽直線)で加速し、4コーナー手前で追い出されるというのが基本的な流れ。穴に期待するなら、展開面で恵まれやすい逃げ・先行馬だ。

先手を取るよりもインにこだわるべきコース。データからは先行有利となっており、古馬の上級条件でも馬券の中心は先行馬。枠順、メンバー構成からスムーズに先行できそうな馬を狙いたい。

ただし、3歳オープンクラスだけは前後差が逆転。古馬戦を含めても唯一の前傾ラップとなっている。特に若葉Sはハイペースのタフな流れになることが多く、このコースの一般的な流れとは大きく異なるので注意が必要だ。


阪神芝2000m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト34212111018.3%29.6%40.9%6473
キングカメハメハ1810129413.4%20.9%29.9%265110
ハーツクライ101813788.4%23.5%34.5%4390
ステイゴールド9158728.7%23.1%30.8%59137
ハービンジャー98114212.9%24.3%40.0%6193
マンハッタンカフェ81410717.8%21.4%31.1%6192
ジャングルポケット746599.2%14.5%22.4%5683
ネオユニヴァース674538.6%18.6%24.3%5359
シンボリクリスエス648518.7%14.5%26.1%11492
ゼンノロブロイ6311518.5%12.7%28.2%149145

阪神芝2000m|騎手別成績

騎手1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
川田将雅2214105222.4%36.7%46.9%138106
M.デム14642727.5%39.2%47.1%12681
ルメール12511536.4%51.5%54.5%19890
岩田康誠111374714.1%30.8%39.7%4586
浜中俊119115912.2%22.2%34.4%7572
和田竜二101012699.9%19.8%31.7%5789
福永祐一9875211.8%22.4%31.6%4750
幸英明779806.8%13.6%22.3%87116
太宰啓介7234312.7%16.4%21.8%15090
武豊6118488.2%23.3%34.2%4660

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31


~POINT~
・スローペースの後傾ラップが基本
・先行力よりも、タメてどれだけ切れるかが重要
・ディープ産駒は勝数・勝率ともに抜けた成績



過去5年データ分析

5歳馬が(3.2.1.5)と圧倒的好成績。
8枠が3勝
先行が(2.1.1.11)、中団が(2.2.3.15)と好成績。
1番人気が(1.1.0.3)と過信は禁物。
・なんと勝ち馬は前走6着以下に敗れた馬のみ
前走天皇賞春組は(2.0.0.0)と好成績。
前走新潟大賞典組は(0.1.2.11)と出走頭数の割に不振傾向。
ディープインパクト産駒は(1.1.2.6)複勝率は高い





競馬道場予想師16年度好成績者

無題



タマネギ~アラカルト~

そういや去年このレースでガイルさんと56ちゃんにそそのかされてなんとなく買った3連単が的中したんだよなぁ……去年は本当に良かった(遠い目)



2017年5月28日(日) | 2回東京12日 | 17:00発走

第131回目黒記念(GII)

芝・左 2500m

111


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解


東京競馬場 芝2500m

東京競馬場

コース攻略検証・見解

目黒記念とアルゼンチン共和国杯が行われるコース。2011年まではその他に3歳未勝利戦が1鞍組まれていたが、現在は1年で2回しか使用されない。

1コーナーまでの直線距離は450m。全体距離は芝2400mよりも100m長くなっただけだが、スタート地点がスタンド前直線の坂下になり、上りスタートになる。このため、2400mよりもテンは落ち着く傾向。

ただし、中盤のペースは緩みにくく、全体的にフラットなミドルペースになることが多い。直線の坂を2度上ることもあり、ゴール前は瞬発力に加え、スタミナも必要。持久力勝負になりやすい。同じ競馬場で100m違うだけではあるが、異なる資質が求められることが特徴。



東京芝2500m|予想ポイント

  1. どちらかと言えば荒れやすいコース
  2. 差しが非常に有利なコース。
  3. 外枠(特に7枠)
  4. ハーツクライ、キングカメハメハ
  5. 蛯名正義、福永祐一、戸崎圭太

差しが非常に有利なコース。

枠順では外枠が有利で、特に7枠が好成績を残している。

種牡馬は、ハーツクライ・キングカメハメハが好成績を残しています。

騎手は、蛯名正義・福永祐一・戸崎圭太に注目したいです。

逃げ馬

13戦して、過去6年一頭も馬券に絡んだことがない。逃げ一手の馬は迷わず切りだ。



過去10年データ分析

勝率では4歳馬がトップの成績。
複勝率では5歳馬がトップの成績。
斤量57.5~59キロの重ハンデ馬は(1.1.1.20)と不振傾向。
馬体重480キロ以上で9勝
1.2枠で4勝と要注意だが、7.8枠の外枠も好成績。
今回中団が(6.6.4.59)と好成績。
後方は(0.0.2.44)と届いていない。
1番人気は(2.4.1.3)複勝率は70%と好成績だが、勝率は20%と注意。
過去8番人気までで9勝
前走大敗馬でも巻き返し可能な傾向。
・過去5年キングカメハメハ産駒は(2.0.2.6)と好成績。
・また過去5年ディープインパクト産駒も(1.1.1.5)と好成績で注意。


競馬道場予想師16年度好成績者

111



2017年5月28日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第84回東京優駿(GI)

芝・左 2400m

000



予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件




コース攻略検証・見解


東京競馬場 芝2400m

東京競馬場 


コース攻略検証・見解

左回りで、一周約2120mとJRA10競馬場の中でも最大の広さを持つコース。

約530mの長い直線が特徴で、途中に高低差2mの急坂もあり、差し・追込が非常に有利。

最後の直線での末脚勝負でスピード・瞬発力を発揮する為に、脚を温存出来るだけのスタミナも必要。しかも、4コーナー正面手前からのスタートとなり、急坂を2度走るので、要するスタミナも相当なものになる。

ダービー、オークス、ジャパンカップと、日本を代表する大レースが行われる舞台。2003年のリニューアルによって、スタート地点が坂の上りから平坦へ移動。そのため、以前よりも多少テンが速くなった。スタート後は、ゴール板を一度通過、コースを一周する。

“スローペースからの瞬発力勝負”というイメージが強い長距離戦だが、クラス、レースによっては緩みのない淡々としたラップで流れることもある。そうなると瞬発力だけではなく、スタミナも併せ持っていることが好走の条件となる。また、1コーナーを上手く入ることが大事。よって、内枠が優勢、外枠が劣勢。しかし、ポジション争いでゴチャつくこともある。特にジャパンCは、動き方が未知数な海外の招待馬に惑わされることも……。いずれにせよ、他のコースと比較しても逃げ切りは困難。差し・追い込み有利のコースだ。


東京芝2400m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト29-17-16-10817.1%
90
36.5%
81
ステイゴールド17-12-14-10911.2%
75
28.3%
64
キングカメハメハ11-6-10-849.9%
48
24.3%
54
ハーツクライ10-10-9-749.7%
68
28.2%
62
ゼンノロブロイ7-5-9-4610.4%
114
31.3%
106
ハービンジャー7-1-3-2917.5%
81
27.5%
90
シンボリクリスエス4-8-6-535.6%
100
25.4%
90
ネオユニヴァース4-8-4-436.8%
95
27.1%
69
ジャングルポケット3-7-6-683.6%
16
19.0%
54
ダンスインザダーク3-4-6-445.3%
36
22.8%
125

東京芝2400m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
蛯名正義16-11-5-5518.4%
146
36.8%
84
戸崎圭太15-10-10-4319.2%
98
44.9%
101
内田博幸12-9-6-5714.3%
78
32.1%
90
北村宏司11-6-8-5413.9%
68
31.6%
90
田辺裕信7-11-4-519.6%
44
30.1%
74
柴田大知6-4-10-696.7%
37
22.5%
90
三浦皇成5-4-4-517.8%
57
20.3%
55
横山典弘5-3-4-498.2%
94
19.7%
47
岩田康誠5-2-0-2316.7%
143
23.3%
59
吉田豊4-4-5-635.3%
104
17.1%
49

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

東京芝2400m|予想ポイント

  • 堅く決まりやすいコース
  • 差し・追込がかなり有利なコース。
  • 内枠(特に2枠)
  • ディープインパクト、ハービンジャー、ゼンノロブロイ
  • 蛯名正義、戸崎圭太
  • 差し・追込がかなり有利なコース。

    枠順では内枠が僅かに有利で、特に2枠が好成績を残している。

    種牡馬は、リーディングのディープインパクトが非常に好成績。その他、勝率の高いハービンジャー、回収率の高いゼンノロブロイに注目です。

    騎手は、リーディング1・2位の蛯名正義・戸崎圭太が好成績。連対率は共に30%オーバーです


    買いの法則

    戸崎騎手 【14.11.6.31】で連対率40.3%のハイアベレージ。集計期間内で唯一の二桁勝利を挙げている。単勝回収値も122と高い。

    友道康夫厩舎 【5.2.4.11】で約半数が馬券圏内という確率。単勝回収値、複勝回収値も100を超えている。2016年の日本ダービーを制したことは記憶に新しい。


    消しの法則

    福永祐一騎手 乗馬の平均人気は5.4人気の数字を思えば【0.1.4.13】の実績は物足りない。2016年のジャパンCを制した武豊騎手も【1.0.1.11】と勝ち星から遠ざかっていた。

    ゼノンブロイ産駒 かつてはペルーサやサンテミリオンなど当該コースで活躍した産駒が目立ったが【0.3.5.32】と下火に。




    過去10年データ分析

    馬体重480キロ以上で8勝と好成績。
    1.2枠で7勝内枠に要注意。
    中団が(6.5.6.68)と好成績。
    1番人気は(4.1.2.3)で複勝率70%と好成績。
    ・また3番人気以内で9勝、軸はここから選びたい。
    前走3着以内で8勝前走大敗馬の巻き返しは厳しい傾向。
    ・今回前走と同距離の馬は(0.2.2.23)で勝ち馬ゼロ。
    前走皐月賞組がやはり好成績。
    前走青葉賞組は(0.2.2.23)で勝ち馬ゼロ。
    ・過去5年ディープインパクト産駒は(3.2.2.15)と好成績。




    競馬道場予想師16年度好成績者

    555



    2017出馬表

    ※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

    馬名騎手名
    11ダンビュライト武 豊
    12アメリカズカップ松若 風馬
    23マイスタイル横山 典弘
    24スワーヴリチャード四位 洋文
    35クリンチャー藤岡 佑介
    36サトノアーサー川田 将雅
    47アルアイン松山 弘平
    48トラスト丹内 祐次
    59マイネルスフェーン柴田 大知
    510ベストアプローチ岩田 康誠
    611ペルシアンナイト戸崎 圭太
    612レイデオロC.ルメール
    713カデナ福永 祐一
    714ジョーストリクトリ内田 博幸
    715ダイワキャグニー北村 宏司
    816キョウヘイ高倉 稜
    817ウインブライト松岡 正海
    818アドミラブルM.デムーロ



    2017年5月21日(日) | 2回東京10日 | - 発走

    第78回優駿牝馬(GI)

    芝・左 2400m

    333


    予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


    ◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

    〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

    ▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

    △=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

    ×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



    2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

    あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

    ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

    新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

    ランキング参加するにあたっての条件




    コース攻略検証・見解


    東京競馬場 芝2400m

    東京競馬場 


    コース攻略検証・見解

    左回りで、一周約2120mとJRA10競馬場の中でも最大の広さを持つコース。

    約530mの長い直線が特徴で、途中に高低差2mの急坂もあり、差し・追込が非常に有利。

    最後の直線での末脚勝負でスピード・瞬発力を発揮する為に、脚を温存出来るだけのスタミナも必要。しかも、4コーナー正面手前からのスタートとなり、急坂を2度走るので、要するスタミナも相当なものになる。

    ダービー、オークス、ジャパンカップと、日本を代表する大レースが行われる舞台。2003年のリニューアルによって、スタート地点が坂の上りから平坦へ移動。そのため、以前よりも多少テンが速くなった。スタート後は、ゴール板を一度通過、コースを一周する。

    “スローペースからの瞬発力勝負”というイメージが強い長距離戦だが、クラス、レースによっては緩みのない淡々としたラップで流れることもある。そうなると瞬発力だけではなく、スタミナも併せ持っていることが好走の条件となる。また、1コーナーを上手く入ることが大事。よって、内枠が優勢、外枠が劣勢。しかし、ポジション争いでゴチャつくこともある。特にジャパンCは、動き方が未知数な海外の招待馬に惑わされることも……。いずれにせよ、他のコースと比較しても逃げ切りは困難。差し・追い込み有利のコースだ。


    東京芝2400m|血統(種牡馬)別成績

    種牡馬着度数勝率
    単回値
    複勝率
    複回値
    ディープインパクト29-17-16-10817.1%
    90
    36.5%
    81
    ステイゴールド17-12-14-10911.2%
    75
    28.3%
    64
    キングカメハメハ11-6-10-849.9%
    48
    24.3%
    54
    ハーツクライ10-10-9-749.7%
    68
    28.2%
    62
    ゼンノロブロイ7-5-9-4610.4%
    114
    31.3%
    106
    ハービンジャー7-1-3-2917.5%
    81
    27.5%
    90
    シンボリクリスエス4-8-6-535.6%
    100
    25.4%
    90
    ネオユニヴァース4-8-4-436.8%
    95
    27.1%
    69
    ジャングルポケット3-7-6-683.6%
    16
    19.0%
    54
    ダンスインザダーク3-4-6-445.3%
    36
    22.8%
    125

    東京芝2400m|騎手別成績

    騎手着度数勝率
    単回値
    複勝率
    複回値
    蛯名正義16-11-5-5518.4%
    146
    36.8%
    84
    戸崎圭太15-10-10-4319.2%
    98
    44.9%
    101
    内田博幸12-9-6-5714.3%
    78
    32.1%
    90
    北村宏司11-6-8-5413.9%
    68
    31.6%
    90
    田辺裕信7-11-4-519.6%
    44
    30.1%
    74
    柴田大知6-4-10-696.7%
    37
    22.5%
    90
    三浦皇成5-4-4-517.8%
    57
    20.3%
    55
    横山典弘5-3-4-498.2%
    94
    19.7%
    47
    岩田康誠5-2-0-2316.7%
    143
    23.3%
    59
    吉田豊4-4-5-635.3%
    104
    17.1%
    49

    ※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

    東京芝2400m|予想ポイント

    1. 堅く決まりやすいコース
    2. 差し・追込がかなり有利なコース。
    3. 内枠(特に7枠)
    4. ディープインパクト、ハービンジャー
    5. 蛯名正義、戸崎圭太

    差し・追込がかなり有利なコース。

    枠順では内枠が僅かに有利で、特に2枠が好成績を残している。

    種牡馬は、リーディングのディープインパクトが非常に好成績。その他、勝率の高いハービンジャー、回収率の高いゼンノロブロイに注目です。

    騎手は、リーディング1・2位の蛯名正義・戸崎圭太が好成績。連対率は共に30%オーバーです


    買いの法則

    戸崎騎手 【14.11.6.31】で連対率40.3%のハイアベレージ。集計期間内で唯一の二桁勝利を挙げている。単勝回収値も122と高い。

    友道康夫厩舎 【5.2.4.11】で約半数が馬券圏内という確率。単勝回収値、複勝回収値も100を超えている。2016年の日本ダービーを制したことは記憶に新しい。


    消しの法則

    福永祐一騎手 乗馬の平均人気は5.4人気の数字を思えば【0.1.4.13】の実績は物足りない。2016年のジャパンCを制した武豊騎手も【1.0.1.11】と勝ち星から遠ざかっていた。

    ゼノンブロイ産駒 かつてはペルーサやサンテミリオンなど当該コースで活躍した産駒が目立ったが【0.3.5.32】と下火に。



    過去10年データ分析

    馬体重460~499キロが(5.3.2.26)と好成績。
    馬体重480キロ以上は(0.1.1.24)と不振傾向。
    2枠が(3.1.1.14)と好成績。
    逃げが(0.1.0.9)、先行が(0.1.1.34)と前が大不振。
    中団が(8.5.9.62)、後方が(3.2.0.43)と好成績で要注意。
    1番人気は(3.3.1.3)複勝率は70%と好成績。
    5番人気以内で9勝
    ・ただ3着は9番人気までなら狙える傾向。
    前走勝ち馬が6勝
    前走桜花賞組が8勝と好成績。
    フローラS組は(1.4.4.32)勝ち馬は1頭のみだが複勝率は高い
    ・過去5年ディープインパクト産駒は(3.3.3.8)複勝率はなんと52.9%




    競馬道場予想師16年度好成績者

    111



    ↑このページのトップヘ