タマネギの競馬道場

みんなで楽しく みんなで予想 ハズレたって悔しくない!(大嘘) ※注意※ 回顧記事は9割コピペです

カテゴリ: レース予想

2017年4月30日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第155回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m

666

予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解


京都競馬場 芝3200m

京都競馬場 



コース攻略検証・見解
天皇賞(春)のためのコース。よって、年に一度しか行われない。向正面直線半ばからスタート。最初のコーナーまでは417m。1周目の丘はゆっくり上り下りし、1〜2コーナーとその前後どちらかで息を入れ、2回目の坂の上りあたりからペースが速くなり、一気に下ってゴールまで流れ込む。

道中のペース次第で、レースの上がりが34秒台前半になることもあれば、36秒台に突入することも。よって逃げ馬、鞍上のタイプはシッカリと把握しておく必要がある。ただし、キタサンブラックのような実力馬はともかく、スタートからの逃げ切りはほぼない。レース途中で主導権を奪って押し切った12年ビートブラックの例もあるが、スローペースで逃げても決め手のある馬に交わされる。基本は逃げ切りは困難なコースと言える。
とは言っても、直線だけの追い込みで勝つのも難しい。2周目の坂から徐々にポジションを上げ、ロングスパートで押し切るというのが勝ちパターン。自ら位置取りを押し上げることが出来る機動力が欲しい。また、道中の距離損が少ないにこしたことはない。よって、内枠が有利となりやすい。

種牡馬では近5年で3勝のステイゴールドは勿論のこと、注目すべきはハーツクライ。勝ち馬こそ出ていないものの、近5年で6回馬券に絡んでおり、複勝率は46.1%。このコースで最も安定感のある種牡馬と云っても過言ではない。また、長距離戦は騎手の腕がモノをいうとは言われたものだが、蛯名正義、武豊、横山典弘騎手らが近年、勝ち星を挙げている点はその格言の裏付けともいえる。



京都芝3200m|枠順別成績

枠順着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
1枠3-1-1-530.0%
1687
50.0%
541
2枠0-1-0-90.0%
0
10.0%
139
3枠1-0-1-810.0%
62
20.0%
177
4枠1-0-1-810.0%
115
20.0%
55
5枠0-0-0-100.0%
0
0.0%
0
6枠0-1-1-80.0%
0
20.0%
57
7枠0-1-1-120.0%
0
14.3%
155
8枠0-1-0-140.0%
0
6.7%
26

京都芝3200m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ステイゴールド3-0-0-827.3%
202
27.3%
79
ミスキャスト1-0-0-0100.0%
15960
100.0%
3720
ブラックタイド1-0-0-0100.0%
450
100.0%
170
ハーツクライ0-3-3-70.0%
0
46.2%
264
ディープインパクト0-1-0-90.0%
0
10.0%
65
ジャングルポケット0-1-0-30.0%
0
25.0%
100
マーベラスサンデー0-0-1-10.0%
0
50.0%
735
Cadeaux Genereux0-0-1-10.0%
0
50.0%
770
ゼンノロブロイ0-0-0-30.0%
0
0.0%
0
ダンスインザダーク0-0-0-20.0%
0
0.0%
0

京都芝3200m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
蛯名正義2-0-1-240.0%
354
60.0%
244
武豊1-1-1-220.0%
90
60.0%
234
石橋脩1-0-0-150.0%
7980
50.0%
1860
横山典弘1-0-0-150.0%
230
50.0%
130
岩田康誠0-1-0-30.0%
0
25.0%
100
池添謙一0-1-0-30.0%
0
25.0%
347
北村宏司0-1-0-20.0%
0
33.3%
210
武幸四郎0-1-0-10.0%
0
50.0%
110
福永祐一0-0-1-30.0%
0
25.0%
60
田辺裕信0-0-1-20.0%
0
33.3%
490

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31



過去10年データ分析

4.5.6歳馬が好成績。
7歳以上は(0.2.2.46)と不振。
馬体重459キロ以下は(0.2.1.18)と不振傾向。
1枠が(5.1.1.12)で5勝と好成績。
先行が(3.6.5.22)で複勝率38.9%とかなり高い数字。
・ただ逃げも2勝、中団も4勝と侮れない成績。
後方は(0.0.0.45)と大不振。
1番人気はなんと(0.0.1.9)で3着1回のみと大不振。
・反対に2番人気は(5.1.1.3)と好成績。
前走勝ち馬&2着馬で8勝
前走日経賞、大阪杯(過去のG2)、阪神大賞典組は好成績。
・反対に前走ダイヤモンドS組は(0.1.0.8)と不振傾向。
・過去5年ディープインパクト産駒は(0.1.0.9)と不振で注意。


競馬道場予想師16年度好成績者

333



2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11シャケトラ田辺 裕信
12ラブラドライト酒井 学
23キタサンブラック武 豊
24スピリッツミノル幸 英明
35ファタモルガーナ浜中 俊
36シュヴァルグラン福永 祐一
47アルバート川田 将雅
48タマモベストプレイ吉田 隼人
59ディーマジェスティ蛯名 正義
510アドマイヤデウス岩田 康誠
611プロレタリアト杉原 誠人
612ゴールドアクター横山 典弘
713トーセンバジル四位 洋文
714ワンアンドオンリー和田 竜二
815サトノダイヤモンドC.ルメール
816レインボーラインM.デムーロ
817ヤマカツライデン松山 弘平



2017年4月29日(土) | 2回東京3日 | 15:45発走

第24回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m

imagesKBF0D5X5


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解



東京競馬場 芝2400m

東京競馬場 


コース攻略検証・見解

左回りで、一周約2120mとJRA10競馬場の中でも最大の広さを持つコース。

約530mの長い直線が特徴で、途中に高低差2mの急坂もあり、差し・追込が非常に有利。

最後の直線での末脚勝負でスピード・瞬発力を発揮する為に、脚を温存出来るだけのスタミナも必要。しかも、4コーナー正面手前からのスタートとなり、急坂を2度走るので、要するスタミナも相当なものになる。

ダービー、オークス、ジャパンカップと、日本を代表する大レースが行われる舞台。2003年のリニューアルによって、スタート地点が坂の上りから平坦へ移動。そのため、以前よりも多少テンが速くなった。スタート後は、ゴール板を一度通過、コースを一周する。

“スローペースからの瞬発力勝負”というイメージが強い長距離戦だが、クラス、レースによっては緩みのない淡々としたラップで流れることもある。そうなると瞬発力だけではなく、スタミナも併せ持っていることが好走の条件となる。また、1コーナーを上手く入ることが大事。よって、内枠が優勢、外枠が劣勢。しかし、ポジション争いでゴチャつくこともある。特にジャパンCは、動き方が未知数な海外の招待馬に惑わされることも……。いずれにせよ、他のコースと比較しても逃げ切りは困難。差し・追い込み有利のコースだ。


東京芝2400m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト29-17-16-10817.1%
90
36.5%
81
ステイゴールド17-12-14-10911.2%
75
28.3%
64
キングカメハメハ11-6-10-849.9%
48
24.3%
54
ハーツクライ10-10-9-749.7%
68
28.2%
62
ゼンノロブロイ7-5-9-4610.4%
114
31.3%
106
ハービンジャー7-1-3-2917.5%
81
27.5%
90
シンボリクリスエス4-8-6-535.6%
100
25.4%
90
ネオユニヴァース4-8-4-436.8%
95
27.1%
69
ジャングルポケット3-7-6-683.6%
16
19.0%
54
ダンスインザダーク3-4-6-445.3%
36
22.8%
125

東京芝2400m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
蛯名正義16-11-5-5518.4%
146
36.8%
84
戸崎圭太15-10-10-4319.2%
98
44.9%
101
内田博幸12-9-6-5714.3%
78
32.1%
90
北村宏司11-6-8-5413.9%
68
31.6%
90
田辺裕信7-11-4-519.6%
44
30.1%
74
柴田大知6-4-10-696.7%
37
22.5%
90
三浦皇成5-4-4-517.8%
57
20.3%
55
横山典弘5-3-4-498.2%
94
19.7%
47
岩田康誠5-2-0-2316.7%
143
23.3%
59
吉田豊4-4-5-635.3%
104
17.1%
49

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

東京芝2400m|予想ポイント

  1. 堅く決まりやすいコース
  2. 差し・追込がかなり有利なコース。
  3. 内枠(特に7枠)
  4. ディープインパクト、ハービンジャー
  5. 蛯名正義、戸崎圭太

差し・追込がかなり有利なコース。

枠順では内枠が僅かに有利で、特に2枠が好成績を残している。

種牡馬は、リーディングのディープインパクトが非常に好成績。その他、勝率の高いハービンジャー、回収率の高いゼンノロブロイに注目です。

騎手は、リーディング1・2位の蛯名正義・戸崎圭太が好成績。連対率は共に30%オーバーです


買いの法則

戸崎騎手 【14.11.6.31】で連対率40.3%のハイアベレージ。集計期間内で唯一の二桁勝利を挙げている。単勝回収値も122と高い。

友道康夫厩舎 【5.2.4.11】で約半数が馬券圏内という確率。単勝回収値、複勝回収値も100を超えている。2016年の日本ダービーを制したことは記憶に新しい。


消しの法則

福永祐一騎手 乗馬の平均人気は5.4人気の数字を思えば【0.1.4.13】の実績は物足りない。2016年のジャパンCを制した武豊騎手も【1.0.1.11】と勝ち星から遠ざかっていた。

ゼノンブロイ産駒 かつてはペルーサやサンテミリオンなど当該コースで活躍した産駒が目立ったが【0.3.5.32】と下火に。



過去10年データ分析

馬体重459キロ以下は(0.1.3.23)と不振傾向。
枠により差はそこまでない7.8枠は少し成績が落ちている
先行は(2.3.1.27)複勝回収率は高い率的にはそこまで
中団が(6.5.8.61)と好成績。
1番人気は(4.1.2.3)と信頼度は高め。
前走3着までの馬が好成績。
前走アザレア賞&弥生賞組は好成績。
前走山吹賞は率的には少し劣るが回収率はトップの好成績。
・過去5年ディープインパクト産駒は(2.2.3.9)と好成績。



競馬道場予想師16年度好成績者

999



2017年4月23日(日) | 3回京都2日 | 15:35発走

第48回読売マイラーズカップ(GII)

芝・右・外 1600m

111

予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解

京都競馬場 芝1600m(外)

京都競馬場

コース攻略検証・見解

マイルCSや、京都金杯、シンザン記念などが行われるコース。

向正面直線を2コーナー側に延長したポケットからスタート。3コーナーまでの直線距離は712mと長く、まるで新潟の直線競馬のように出たなりで横広の状態のまま先行争いになる。よってテンからペースは速めで、中盤で緩むことも少ない。淡々とした流れで脚をタメることが出来るかどうかがポイントとなる。

芝のマイル戦は逃げ切りが難しいが、京都外回りも同様。特にクラスが上がると差し・追い込み馬の活躍が目立ち、重賞での逃げ切りは滅多に見られない。最後の直線に向いた時に、馬群がバラけるのと内ラチが開くので、後続馬が抜け出しやすくなっていることも要因の一つだろう。

 3コーナーにある、高低差4.3mの坂が大きな特徴。スタートからコーナーまでの距離が長い。向正面から上り、3コーナー途中で一気に下る。この下り坂で勢いをつけ直線に入るので、外に振られて距離ロスしやすく、馬群がバラけやすい。その上、最後の直線は約404mと長めなので、坂も無く平坦だが差しが非常によく決まる。インを突ける器用な馬に注目したい。

また、芝質が軽い事が多く、高速決着になりやすい。スピード・瞬発力に優れた馬が狙い目。


京都芝1600m(外)|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト25-23-21-13712.1%
59
33.5%
65
ダイワメジャー7-9-3-737.6%
57
20.7%
72
アグネスタキオン7-7-6-3911.9%
197
33.9%
99
キングカメハメハ7-7-5-807.1%
52
19.2%
62
アドマイヤムーン5-2-2-2017.2%
74
31.0%
90
サクラバクシンオー4-5-3-2411.1%
136
33.3%
107
ネオユニヴァース4-4-6-536.0%
38
20.9%
80
フジキセキ4-2-5-427.5%
84
20.8%
67
ハーツクライ4-2-4-447.4%
163
18.5%
70
ダンスインザダーク4-1-2-447.8%
81
13.7%
49

京都芝1600m(外)|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
浜中俊13-7-2-5117.8%
105
30.1%
67
池添謙一10-6-3-4715.2%
154
28.8%
126
川田将雅10-5-6-4814.5%
94
30.4%
65
岩田康誠9-9-9-4712.2%
90
36.5%
87
福永祐一7-11-8-3611.3%
52
41.9%
83
武豊6-8-5-4110.0%
52
31.7%
65
和田竜二6-6-10-597.4%
189
27.2%
104
ルメール5-9-4-2112.8%
83
46.2%
106
小牧太4-3-8-466.6%
38
24.6%
66
秋山真一4-1-3-418.2%
58
16.3%
88

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

京都芝1600m(外)|予想ポイント

  1. かなり荒れやすいコース
  2. 差し・追込が有利なコース。
  3. 内枠(特に1・2枠)
  4. ディープインパクト、アドマイヤムーン、サクラバクシンオー、アグネスタキオン
  5. 浜中俊、池添謙一、ルメール

差し・追込が有利なコース。

枠順では内枠が圧倒的有利で、特に1・2枠が好成績を残している。

種牡馬は、ディープインパクトがリーディング。回収率は低いですが、高い好走率を誇ります。狙い目は、アドマイヤムーン・サクラバクシンオー・アグネスタキオン。

騎手は、リーディングの浜中俊、回収率の高い池添謙一、連対率が35%を超えるルメールに注目。




過去5年データ分析

5歳馬が(3.1.3.14)と好成績。
・枠は2枠が(2.2.0.6)、また7.8枠で3勝と好成績。
逃げ&先行で3勝各率も好成績。
後方は(1.0.0.25)と厳しい成績。
1番人気は(0.1.1.3)と不振傾向。
3番人気は(3.0.1.1)と好成績。
多少の波乱の傾向あり。
前走大敗馬でも巻き返してきている傾向。
前走ダービー卿CTは(0.0.1.17)と不振傾向。
・過去5年ディープインパクト産駒は(1.3.3.11)複勝率は高いが、勝ち馬は1頭のみ



競馬道場予想師16年度好成績者

222


2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11サンライズメジャー松若 風馬
22アクションスター佐藤 友則
33フィエロ福永 祐一
44エアスピネル武 豊
55ダッシングブレイズ浜中 俊
66ヤングマンパワー松岡 正海
67プロディガルサン川田 将雅
78ブラックスピネルM.デムーロ
79クルーガー松山 弘平
810シェルビー四位 洋文
811イスラボニータC.ルメール


2017年4月16日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第77回皐月賞(GI)

芝・右 2000m

000


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解


中山競馬場 芝2000m

中山競馬場 


中山芝2000m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト33242513415.3%26.4%38.0%10182
キングカメハメハ20182212810.6%20.2%31.9%5664
ステイゴールド1616201796.9%13.9%22.5%7173
ゼンノロブロイ16999312.6%19.7%26.8%100105
ハーツクライ1317201088.2%19.0%31.6%107107
シンボリクリスエス12910949.6%16.8%24.8%89106
ハービンジャー101046611.1%22.2%26.7%6860
メイショウサムソン8774611.8%22.1%32.4%6577
ダイワメジャー688607.3%17.1%26.8%3957
マンハッタンカフェ652806.5%11.8%14.0%3536

中山芝2000m|騎手別成績

騎手1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
戸崎圭太2114128016.5%27.6%37.0%5666
蛯名正義2018119613.8%26.2%33.8%7774
内田博幸16899013.0%19.5%26.8%7457
田辺裕信1415131029.7%20.1%29.2%6275
吉田豊14649711.6%16.5%19.8%10064
田中勝春1089819.3%16.7%25.0%73101
三浦皇成1076998.2%13.9%18.9%8750
柴山雄一10686211.6%18.6%27.9%9792
北村宏司91721946.4%18.4%33.3%4971
ルメール9541428.1%43.8%56.3%13185

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

中山芝2000m|予想ポイント

  1. やや堅く決まりやすいコース
  2. 先行がやや有利なコース。
  3. 外枠(特に7枠)
  4. ディープインパクト、ゼンノロブロイ、ハーツクライ
  5. ルメール、戸崎圭太、蛯名正義

先行がやや有利なコース。

枠順では外枠が僅かに有利で、特に7枠が好成績を残している。

種牡馬は、リーディングのディープインパクトが高い好走率を誇ります。その他、回収率の高いゼンノロブロイ・ハーツクライに注目。

騎手は、好走率の高いルメールに注目。リーディング1・2位の戸崎圭太・蛯名正義も好成績を残しています。


・スロー~平均ペースが基本
・タフなレースになりやすく、スタミナを持ち合わせた馬が有利
 ・ディープインパクト産駒の強さが光り、単勝回収率は100%


過去10年データ分析

7.8枠の外枠で5勝と好成績。
先行は(1.4.2.27)複勝率は悪くない1勝のみ
中団は(7.3.6.67)で7勝と好成績。
1番人気は(2.2.2.4)複勝率は高い2勝のみ
8番人気までなら波乱要素ありの傾向。
前走勝ち馬が8勝
前走共同通信杯組は(4.0.2.4)と好成績。
・反対に前走毎日杯組は(0.0.0.13)と大不振。
・過去5年ディープインパクト産駒は(1.3.2.13)複勝率は高い勝ち馬は1頭のみ



競馬道場予想師16年度好成績者

111



2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11マイスタイル横山 典弘
12スワーヴリチャード四位 洋文
23コマノインパルス江田 照男
24カデナ福永 祐一
35レイデオロC.ルメール
36アウトライアーズ田辺 裕信
47ペルシアンナイトM.デムーロ
48ファンディーナ岩田 康誠
59プラチナヴォイス和田 竜二
510ダンビュライト武 豊
611アルアイン松山 弘平
612アメリカズカップ松若 風馬
713サトノアレス戸崎 圭太
714キングズラッシュ柴田 善臣
715アダムバローズ池添 謙一
816クリンチャー藤岡 佑介
817ウインブライト松岡 正海
818トラスト柴田 大知



連絡事項

今週は1レースのみ集計です!!


そして…新規レギュラー2名!!

カフェオレさん

競馬歴 1年未満


えぬおさん

競馬歴 10年(ブランク8年)



よろしくお願い致します!!!!!!

2017年4月9日(日) | 2回阪神6日 | - 発走

第77回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m

111


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解


阪神競馬場 芝1600m

阪神競馬場

コース攻略検証・見解

2006年12月に新しくなった阪神芝1600m。最大の特徴は内回りから外回りになったこと。これにより過去のデータはすべて参考にならなくなった。

スタートは向正面バックストレッチに移動。スタートから444mの直線を走り抜け、外回り682mの3~4コーナーを越えた後、474mある最後の直線での追い比べとなる。最初の3コーナーを回るまでは馬群が固まったまま進むことが多いので、基本的には内枠有利のコース形態と言える。最後の直線ゴール前には高低差1.8mの急坂が待ち受けており、京都芝1600m(外回り)に比べて差しが届きやすい。

全体的には平均~後傾ラップの瞬発力勝負になる傾向。テン3Fがそれほど速くないにも関わらず下級条件から差し馬の台頭が目立っており、速い脚を使えれば位置取りはあまり問われない。





阪神芝1600m|騎手別成績

騎手1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
浜中俊2525118816.8%33.6%40.9%131113
川田将雅249178218.2%25.0%37.9%8773
M.デム171423923.6%43.1%45.8%11481
福永祐一1611176914.2%23.9%38.9%5994
岩田康誠111316739.7%21.2%35.4%6882
小牧太11768010.6%17.3%23.1%12264
武豊8127896.9%17.2%23.3%4553
池添謙一8115827.5%17.9%22.6%4154
ルメール8742518.2%34.1%43.2%7992
幸英明7661234.9%9.2%13.4%6651




阪神芝1600m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト57433621916.1%28.2%38.3%9486
ダイワメジャー1517201328.2%17.4%28.3%92113
キングカメハメハ1211171466.5%12.4%21.5%6662
ハーツクライ1210101029.0%16.4%23.9%5491
ステイゴールド111310889.0%19.7%27.9%139124
マンハッタンカフェ11666512.5%19.3%26.1%19997
アドマイヤムーン746628.9%13.9%21.5%7587
ネオユニヴァース61161004.9%13.8%18.7%5355
ゼンノロブロイ6811706.3%14.7%26.3%3494
ハービンジャー6743910.7%23.2%30.4%221117




阪神芝1600m|予想ポイント

  1. どちらかと言えば堅く決まりやすいコース
  2. 差し・追込がかなり有利なコース。
  3. 外枠(特に7・8枠)
  4. ディープインパクト、ダイワメジャー、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、ハービンジャー
  5. 浜中俊、Mデムーロ、ルメール、川田将雅

差し・追込がかなり有利なコース。

枠順では外枠が圧倒的有利で、特に7・8枠が好成績を残している。

種牡馬は、ダントツでリーディングを獲得しているディープインパクトに注目。高い好走率を誇ります。その他、ダイワメジャー・ステイゴールド・マンハッタンカフェ・ハービンジャーが、回収率が高めで好成績です。

騎手は、リーディングの浜中俊、Mデムーロ・ルメールの好走率が非常に高いです。その他、川田将雅も好成績。



過去10年データ分析

馬体重は500キロまでは増えるにつれて勝率もアップ
1.2枠は共に(0.0.1.19)と不振。
4.5&7.8枠と中&外枠が好成績。
先行は(2.1.2.32)と不振傾向。
・今回後方が(4.4.3.36)とかなりの好成績。後ろでも届いている傾向。
1番人気は(3.2.0.5)で過信は禁物。
5番人気までで8勝、2着も4番人気までで8頭。
前走5着以下に敗れた馬の勝ち馬はゼロ
今回距離延長&短縮組は不振。
前走チューリップ賞組が(8.4.5.27)と圧倒的好成績。
前走クイーンC組は(0.3.1.14)複勝率は高いが、勝ち馬はゼロ
前走フィリーズレビュー組は(1.0.2.52)で出走頭数の割に不振。
前走アネモネS組も(0.0.1.22)と大不振。
・過去5年種牡馬ディープインパクトは(3.4.1.10)で回収率も100%超え


チューリップ賞の回顧記事↓で復習しよう。





競馬道場予想師16年度好成績者


333



↑このページのトップヘ