タマネギの競馬道場

みんなで楽しく みんなで予想 ハズレたって悔しくない!(大嘘) ※注意※ 回顧記事は9割コピペです

カテゴリ: レース予想

2017年6月25日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第58回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m

DCm1rpGUMAAw_b7


・競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



競馬道場予想陣が宝塚を読み解く!!


【宝塚記念】競馬道場座談会【徹底攻略】

↑読めば的中間違い無し!!!!!




コース攻略検証・見解


阪神競馬場 芝2200m

阪神競馬場

コース攻略検証・見解

内回りコースを使用   スタートは外回り4コーナー出口。1コーナーまでの距離が500m以上あることに加え、下り坂からのスタートということでテンが速くなる傾向。1コーナーすぎにややペースが落ち着くが、前が快調に飛ばして向正面での隊列は縦長になりやすい。

通常、阪神競馬場は内馬場が荒れる事が多いので、内枠(特に1枠)はプラス材料ではない。しかし、スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、2200m戦ともなると、常に外々を回る馬は皆無。ココでは、内枠の馬が有利となる。

ゴール前の急坂以外は下りとなり、本質的に長い脚を使ってバテなさを競うコース。スピードの出る前半でタメて、後半で前の馬よりもさらに長い脚を使うことが要求される差し馬は最初から展開が不利。後方一気は殆ど決まらず、スピードを持続できる先行馬を狙うのがセオリーだ。

ただし、宝塚記念は例年、テンから緩みないハイペースになることが多く、下級条件とは異なり、ラップが大きく前傾するのが特徴。梅雨時で馬場が悪化しやすいことも影響しているのだろう。持続力に富んだ差し馬の活躍が目立っている。


阪神芝2200m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
キングカメハメハ10-5-10-4414.5%
142
36.2%
100
ディープインパクト8-7-4-5211.3%
84
26.8%
86
マンハッタンカフェ7-3-4-1821.9%
243
43.8%
295
ステイゴールド4-1-4-2611.4%
29
25.7%
53
ハーツクライ3-5-5-445.3%
32
22.8%
56
シンボリクリスエス3-4-2-278.3%
53
25.0%
154
ネオユニヴァース3-4-0-1017.6%
63
41.2%
62
チチカステナンゴ2-2-1-815.4%
164
38.5%
155
ダンスインザダーク2-2-0-1311.8%
179
23.5%
66
ジャングルポケット2-0-1-208.7%
62
13.0%
32

阪神芝2200m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
武豊8-7-2-1227.6%
162
58.6%
152
川田将雅7-4-2-1822.6%
205
41.9%
105
岩田康誠4-4-4-2311.4%
55
34.3%
54
福永祐一4-1-4-1914.3%
67
32.1%
80
小牧太3-3-3-1512.5%
92
37.5%
80
浜中俊2-6-6-245.3%
22
36.8%
96
M.デム2-2-4-1110.5%
20
42.1%
70
藤岡佑介2-2-0-1311.8%
91
23.5%
78
和田竜二2-1-5-285.6%
18
22.2%
38
池添謙一2-1-3-1111.8%
87
35.3%
207

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31



過去10年データ分析

4.5歳馬で8勝
6枠が3勝、8枠が5勝と好成績。
先行が(4.7.3.28)と好成績。
中団も4勝と好成績。ただ後方は(1.2.1.42)と厳しい成績。
1番人気は(2.4.2.2)で複勝率80%、ただ勝ち馬は2頭のみ
前走大敗馬の巻き返しは厳しい数字。
前走天皇賞春組は(4.3.2.32)と4勝
前走ヴィクトリアマイル組は(0.2.2.6)で勝ちこそないが複勝率では好成績。




競馬道場予想師16年度好成績者

2016



2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11ミッキーロケット和田 竜二
22ゴールドアクター横山 典弘
33スピリッツミノル幸 英明
44クラリティシチー松山 弘平
55シュヴァルグラン福永 祐一
66シャケトラC.ルメール
67レインボーライン岩田 康誠
78ミッキークイーン浜中 俊
79ヒットザターゲット川田 将雅
810キタサンブラック武 豊
811サトノクラウンM.デムーロ




yahoo!予想

yahoo


2017年6月18日(日) | 3回東京6日 | 15:45発走

第22回ユニコーンステークス(GIII)

ダート・左 1600m

無題

競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用


コース攻略検証・見解


東京ダート1600m|コース特徴

東京ダート1600m

左回りで、高低差2.4mの急坂を含む約500mの直線が最後に控えます。

加えて、3コーナーに下り坂があり、なおかつスピードが落ちにくいスパイラルカーブになっているので、前に行く馬が脚を貯める事が難しいです。

その為、本来は逃げ・先行が有利なダート戦にもかかわらず、差し・追込もよく決まるコースになっています。

また、G1フェブラリーSも開催されますが、スタートから約150mは芝を走る特殊なコース。しかも、芝部分が外側の方が長いので外枠が明らかに有利です。





競馬道場予想師16年度好成績者

0000


2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11シゲルコング木幡 巧也
12ハルクンノテソーロ田辺 裕信
23ブルベアバブーン酒井 学
24リエノテソーロ大野 拓弥
35サヴィ藤岡 佑介
36ラユロット杉原 誠人
47アンティノウスC.ルメール
48サンライズノヴァ戸崎 圭太
59シゲルベンガルトラ横山 典弘
510サンオークランド北村 宏司
611タガノカトレア菱田 裕二
612テイエムヒッタマゲ田中 健
713ウォーターマーズ高倉 稜
714トロピカルスパート丸田 恭介
815サンライズソア岩崎 翼
816トラネコ吉田 豊


2017年6月18日(日) | 1回函館2日 | 15:25発走

第24回函館スプリントステークス(GIII)

芝・右 1200m

DB39czkVoAA5OSn





函館開催&スプリント戦と

特殊な条件なので集計は致しません




ただTwitterなんかを見てるとかなり人気の高いレースらしいので


推し馬・注目馬推奨や雑談等ご自由にコメントしてもらえたら幸いです






コース攻略検証・見解

函館芝1200m|コース特徴

函館芝1200m

欧州で使われる緑が鮮やかな洋芝が使われているのが大きな特徴。芝の根付きの関係で野芝より馬場が柔らかく、非常に時計が掛かる。その為、欧州血統やパワータイプの馬が活躍する傾向にある。

スタートしてから3コーナー途中まで、緩やかな上り坂が続く。1200m戦だが、洋芝という事も相まって普通以上にスタミナを要するコースと言える。

また、約260mでJRAの10競馬場の中で最も短い最後の直線の部分はほぼ平坦。先行力も、好走には求められるでしょう。




過去10年データ分析

3歳&4歳馬が特に好成績。
斤量軽量馬の好走も多く見られて注意。
枠は1.2.3枠で7勝と好成績。内枠に要注意。
先行が(6.3.2.25)と好成績。
1番人気は(3.2.0.5)と過信は禁物。
今回距離短縮組が(5.3.7.38)と好成績。
前走高松宮記念組は(2.2.0.10)、これをどう判断するか。ただ回収率は高い



競馬道場予想師16年度好成績者

222



2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名斤量
11ラインハート丸山 元気54
22ノボバカラ浜中 俊57
33キングハート中谷 雄太56
44エポワス柴山 雄一56
45イッテツ石橋 脩56
56クリスマス松岡 正海54
57エイシンブルズアイ吉田 隼人56
68ジューヌエコール北村 友一50
69レヴァンテライオン蛯名 正義52
710シュウジ武 豊56
711ホッコーサラスター池添 謙一54
812セイウンコウセイ幸 英明56
813ブランボヌール岩田 康誠54



2017年6月11日(日) | 3回東京4日 | 15:45発走

第34回エプソムカップ(GIII)

芝・左 1800m

images5WEEF25U


競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用




コース攻略検証・見解


東京競馬場 芝1800m

東京競馬場

コース攻略検証・見解

1~2コーナーの間にあるポケットからスタート。2コーナーを斜めに横切り向正面に合流する、コーナー3つの変則的な形となっている。100m後には斜めから2コーナーに入るので、外枠が非常に不利なコース形態と言える


3コーナーまで750mと距離があり、先行争いはさほど激しくならない。上級条件になっても、スローペースからの瞬発力勝負になることがままある。位置取りは前に越したことはないが、速い上がりを求められるため、先行力だけでは直線で切れ負けする。位置取り問わず、まずは速い脚を使えるかどうかが好走の条件と言えるだろう。

紛れが少なく、能力差が反映されるコースで人気馬の信頼度は高い。

ハーツクライ、ディープインパクトを筆頭にSS系種牡馬の好走が目立っており、その他、フジキセキ、ダイワメジャー、ネオユニヴァース、キングヘイロー、シンボリクリスエスなど、いわゆる主流血脈が好成績を収めている。もう数は少なくなってしまったが、ブライアンズタイム産駒の成績も良く、出馬表で見かければ押さえておきたい。


東京芝1800m|予想ポイント

  1. やや堅く決まりやすいコース
  2. 差し・追込がやや有利なコース。
  3. 内枠(特に4枠)
  4. ディープインパクト、ハーツクライ
  5. 福永祐一、ルメール、田中勝春

差し・追込がやや有利なコース。

枠順では内枠が僅かに有利で、特に4枠が好成績を残している。

種牡馬は、リーディング1・2位のディープインパクト・ハーツクライが好成績。

騎手では、好走率が高いのは福永祐一・ルメール。また、田中勝春は回収率が高いです
・伏兵も絡む北村宏は要注意


~特注種牡馬~

勝利数トップ=ディープインパクト(52-38-42-217/349)
勝率14.9%、連対率25.8%、複勝率37.8%、単回値75、複回値84

高連対率=ハーツクライ(20-27-11-135/193)
勝率10.4%、連対率24.4%、複勝率30.1%、単回値67、複回値71

高単勝回収値=ローエングリン(3-3-0-14/20)
勝率15.0%、連対率30.0%、複勝率30.0%、単回値532、複回値240



過去10年データ分析

4歳馬が(7.5.2.20)と圧倒的好成績。
7歳以上は(0.0.4.42)と大不振。
1.2.3枠で6勝、複勝率も好成績。
逃げ&先行が好成績。
中団も(5.3.4.63)と侮れない。
1番人気は(4.3.1.2)で複勝率80%と信頼度は高い。
・過去勝ち馬は5番人気よりも上位人気のみ。
・ただ3着は人気薄も多く絡んでいる傾向。
前走1.2着が好成績だが、大敗馬でもチャンスあり
前走都大路S組は(2.0.1.5)と好成績。
前走メイS組は(0.1.0.7)と不振傾向。
・過去5年ディープインパクト産駒は(2.1.1.10)、回収率は低い



競馬道場予想師16年度好成績者

000


2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名斤量
11マイネルミラノ丹内 祐次58
12フルーキー北村 宏司58
23バーディーイーグル吉田 豊56
24ヒストリカル横山 典弘57
35カムフィー吉田 隼人56
36デンコウアンジュ蛯名 正義54
47マイネルハニー柴田 大知56
48トーセンレーヴ石川 裕紀人57
59クラリティスカイ田辺 裕信56
510アストラエンブレムM.デムーロ56
611ベルーフ大野 拓弥56
612ダッシングブレイズ浜中 俊56
713クラリティシチー川田 将雅56
714タイセイサミット戸崎 圭太56
715パドルウィール池添 謙一56
816メドウラーク石橋 脩56
817レッドレイヴン内田 博幸56
818ナスノセイカン丸山 元気56

2017年6月11日(日) | 3回阪神4日 | 15:35発走

第22回マーメイドステークス(GIII)

芝・右 2000m

imagesNDMS89FF

競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用




コース攻略検証・見解


阪神競馬場 芝2000m

阪神競馬場

コース攻略検証・見解

2006年の改装前と同様のコース形態。スタンド前直線からスタートし、1コーナーまでの距離は325m。スタート直後が上り坂ということもあり、あまりペースは上がらない。

向正面いっぱい息が入り、3コーナー過ぎの下り傾斜で少しずつ速くなり始め、3~4コーナー中間のいわばフォルスストレート(偽直線)で加速し、4コーナー手前で追い出されるというのが基本的な流れ。穴に期待するなら、展開面で恵まれやすい逃げ・先行馬だ。

先手を取るよりもインにこだわるべきコース。データからは先行有利となっており、古馬の上級条件でも馬券の中心は先行馬。枠順、メンバー構成からスムーズに先行できそうな馬を狙いたい。

ただし、3歳オープンクラスだけは前後差が逆転。古馬戦を含めても唯一の前傾ラップとなっている。特に若葉Sはハイペースのタフな流れになることが多く、このコースの一般的な流れとは大きく異なるので注意が必要だ。


阪神芝2000m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト34212111018.3%29.6%40.9%6473
キングカメハメハ1810129413.4%20.9%29.9%265110
ハーツクライ101813788.4%23.5%34.5%4390
ステイゴールド9158728.7%23.1%30.8%59137
ハービンジャー98114212.9%24.3%40.0%6193
マンハッタンカフェ81410717.8%21.4%31.1%6192
ジャングルポケット746599.2%14.5%22.4%5683
ネオユニヴァース674538.6%18.6%24.3%5359
シンボリクリスエス648518.7%14.5%26.1%11492
ゼンノロブロイ6311518.5%12.7%28.2%149145

阪神芝2000m|騎手別成績

騎手1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
川田将雅2214105222.4%36.7%46.9%138106
M.デム14642727.5%39.2%47.1%12681
ルメール12511536.4%51.5%54.5%19890
岩田康誠111374714.1%30.8%39.7%4586
浜中俊119115912.2%22.2%34.4%7572
和田竜二101012699.9%19.8%31.7%5789
福永祐一9875211.8%22.4%31.6%4750
幸英明779806.8%13.6%22.3%87116
太宰啓介7234312.7%16.4%21.8%15090
武豊6118488.2%23.3%34.2%4660

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31


~POINT~
・スローペースの後傾ラップが基本
・先行力よりも、タメてどれだけ切れるかが重要
・ディープ産駒は勝数・勝率ともに抜けた成績



過去10年データ分析

5.6歳馬が好成績。
斤量53キロ以下が好成績。軽ハンデ馬に要注意。
馬体重440~459キロが好成績。
1枠も好成績だが、6.7.8の外枠で6勝と好成績。
先行馬が(2.2.1.31)と不振傾向。
逃げ&中団&後方は好成績で要注意。
1番人気は(2.1.1.6)と不振。
今回人気薄でも多く激走してくる波乱レース。
前走着順も気にしなくて良い傾向。
前走パールS組が(3.1.2.15)と好成績。
・反対に前走ヴィクトリアマイル組は(0.2.4.21)で勝ち馬ゼロ
・過去5年ディープインパクト産駒は(2.1.0.1)と好成績。



競馬道場予想師16年度好成績者

111


2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名斤量
11アースライズ中谷 雄太54
22バンゴール荻野 極51
33プリメラアスール酒井 学51
44クインズミラーグロ幸 英明54
55トーセンビクトリー武 豊56
56キンショーユキヒメ秋山 真一郎51
67リーサルウェポン高倉 稜49
68ローズウィスパー北村 友一51
79ハツガツオ田中 健49
710マキシマムドパリ藤岡 佑介55
811ビッシュ福永 祐一55
812ショウナンバーキン松若 風馬50


↑このページのトップヘ