タマネギの競馬道場

みんなで楽しく みんなで予想 ハズレたって悔しくない!(大嘘) ※注意※ 回顧記事は9割コピペです

カテゴリ: レース予想


2017年10月14日(土) | 4回東京4日 | - 発走

第65回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m


コース攻略検証・見解


東京競馬場 芝1800m

東京競馬場

コース攻略検証・見解

1~2コーナーの間にあるポケットからスタート。2コーナーを斜めに横切り向正面に合流する、コーナー3つの変則的な形となっている。

3コーナーまで750mと距離があり、先行争いはさほど激しくならない。上級条件になっても、スローペースからの瞬発力勝負になることがままある。位置取りは前に越したことはないが、速い上がりを求められるため、先行力だけでは直線で切れ負けする。位置取り問わず、まずは速い脚を使えるかどうかが好走の条件と言えるだろう。

紛れが少なく、能力差が反映されるコースで人気馬の信頼度は高い。

ハーツクライ、ディープインパクトを筆頭にSS系種牡馬の好走が目立っており、その他、フジキセキ、ダイワメジャー、ネオユニヴァース、キングヘイロー、シンボリクリスエスなど、いわゆる主流血脈が好成績を収めている。もう数は少なくなってしまったが、ブライアンズタイム産駒の成績も良く、出馬表で見かければ押さえておきたい。


------------------------------------------


2016年はまさかの集計無し!??w

今年は豪華な出走馬が揃ったので【最強競馬】秋レース対象外ですが記事にしました。


------------------------------------------


有力馬考察


ヴィブロス

去年の秋華賞馬
今回はそれ以来6カ月半ぶりのレースになるが、ここひと月、栗東で順調に乗り込まれており、今週の追い切りで態勢は整いそうだ。東京コースは初めてだが、同じ左回りのメイダン、中京で勝っているので、問題ないだろう。課題を挙げれば、初めて背負う56キロ。小柄な馬だけに、この克服が特に鍵になる。



アドマイヤリード

非常に小柄な馬で体調管理が難しい
前走は最後方から伸びきれず、6着に敗退。それでも、洋芝、小回りコースが向かなかった印象。ヴィクトリアマイルを勝った東京コースは好材料で、1800メートルでも2勝しており、変わり身が期待できる。

・ルメールがヴィブロスにいったので鞍上は新コンビとなる戸崎圭太騎手
・前走は大外枠で無理せず後方から行った結果、展開が向かなかった
末脚が強力なのでレース展開が向きそう
・重たい馬場は得意(ルメール騎手)


クイーンズリング

昨年の覇者で、ヴィクトリアマイル6着以来5カ月ぶりのレース。12月の香港C(9着)で歯車が狂い、春はその影響を引きずったようだった。今回は放牧でリフレッシュし、1週前追い切りでも3頭併せで最先着。態勢は整いつつあり、復活の可能性は十分ある。

・使える脚は一瞬
・VMの敗因に馬場(稍重)をあげる。最近雨女


ワンブレスアウェイ

安定感がある半面、詰めの甘さが目立つタイプだったが、3月に準オープン・スピカSを快勝した後に休養し、降級初戦の阿武隈Sも勝って再びオープン入りと、ひと皮むけたムードだ。全姉キャットコインはクイーンCを制覇。半姉タガノエリザベートはファンタジーS優勝馬で、半妹ロックディスタウンも札幌2歳S勝ちという上質な血統背景があり、本格化気配が伝わる今なら、重賞初挑戦でも壁はなさそうだ。約3カ月の休み明けだが、調教では力強い動きを見せている。


トーセンビクトリー

馬場は良が良いタイプ
どちらかと言えば先行・小回りが得意(?)

クイーンステークスは展開が味方した感が強く好走・凡走を繰り返す馬なので今回は…笑


デンコウアンジュ

東京・馬場悪の今回は出番有??



クインズミラーグロ

善戦マンのイメージしかない
前走はトーセンビクトリーの後ろを取ってそのまま3着



2017年10月8日(日) | 4回東京2日 | - 発走

第68回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m


↓前年のレース予想記事↓




↓前年のレース回顧記事↓




競馬道場予想師16年度好成績者

333





2017年10月9日(月) | 4回京都3日 | - 発走

第52回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m


↓前年のレース予想記事↓





↓前年のレース回顧記事↓

【結果】第51回京都大賞典(GII)【回顧】


競馬道場予想師16年度好成績者


444



この2レースは最強競馬の秋レース対象外ですので、気軽に談笑がてら予想してもらえれば…笑


2017年6月25日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第58回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m

DCm1rpGUMAAw_b7


・競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



競馬道場予想陣が宝塚を読み解く!!


【宝塚記念】競馬道場座談会【徹底攻略】

↑読めば的中間違い無し!!!!!




コース攻略検証・見解


阪神競馬場 芝2200m

阪神競馬場

コース攻略検証・見解

内回りコースを使用   スタートは外回り4コーナー出口。1コーナーまでの距離が500m以上あることに加え、下り坂からのスタートということでテンが速くなる傾向。1コーナーすぎにややペースが落ち着くが、前が快調に飛ばして向正面での隊列は縦長になりやすい。

通常、阪神競馬場は内馬場が荒れる事が多いので、内枠(特に1枠)はプラス材料ではない。しかし、スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、2200m戦ともなると、常に外々を回る馬は皆無。ココでは、内枠の馬が有利となる。

ゴール前の急坂以外は下りとなり、本質的に長い脚を使ってバテなさを競うコース。スピードの出る前半でタメて、後半で前の馬よりもさらに長い脚を使うことが要求される差し馬は最初から展開が不利。後方一気は殆ど決まらず、スピードを持続できる先行馬を狙うのがセオリーだ。

ただし、宝塚記念は例年、テンから緩みないハイペースになることが多く、下級条件とは異なり、ラップが大きく前傾するのが特徴。梅雨時で馬場が悪化しやすいことも影響しているのだろう。持続力に富んだ差し馬の活躍が目立っている。


阪神芝2200m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
キングカメハメハ10-5-10-4414.5%
142
36.2%
100
ディープインパクト8-7-4-5211.3%
84
26.8%
86
マンハッタンカフェ7-3-4-1821.9%
243
43.8%
295
ステイゴールド4-1-4-2611.4%
29
25.7%
53
ハーツクライ3-5-5-445.3%
32
22.8%
56
シンボリクリスエス3-4-2-278.3%
53
25.0%
154
ネオユニヴァース3-4-0-1017.6%
63
41.2%
62
チチカステナンゴ2-2-1-815.4%
164
38.5%
155
ダンスインザダーク2-2-0-1311.8%
179
23.5%
66
ジャングルポケット2-0-1-208.7%
62
13.0%
32

阪神芝2200m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
武豊8-7-2-1227.6%
162
58.6%
152
川田将雅7-4-2-1822.6%
205
41.9%
105
岩田康誠4-4-4-2311.4%
55
34.3%
54
福永祐一4-1-4-1914.3%
67
32.1%
80
小牧太3-3-3-1512.5%
92
37.5%
80
浜中俊2-6-6-245.3%
22
36.8%
96
M.デム2-2-4-1110.5%
20
42.1%
70
藤岡佑介2-2-0-1311.8%
91
23.5%
78
和田竜二2-1-5-285.6%
18
22.2%
38
池添謙一2-1-3-1111.8%
87
35.3%
207

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31



過去10年データ分析

4.5歳馬で8勝
6枠が3勝、8枠が5勝と好成績。
先行が(4.7.3.28)と好成績。
中団も4勝と好成績。ただ後方は(1.2.1.42)と厳しい成績。
1番人気は(2.4.2.2)で複勝率80%、ただ勝ち馬は2頭のみ
前走大敗馬の巻き返しは厳しい数字。
前走天皇賞春組は(4.3.2.32)と4勝
前走ヴィクトリアマイル組は(0.2.2.6)で勝ちこそないが複勝率では好成績。




競馬道場予想師16年度好成績者

2016



2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11ミッキーロケット和田 竜二
22ゴールドアクター横山 典弘
33スピリッツミノル幸 英明
44クラリティシチー松山 弘平
55シュヴァルグラン福永 祐一
66シャケトラC.ルメール
67レインボーライン岩田 康誠
78ミッキークイーン浜中 俊
79ヒットザターゲット川田 将雅
810キタサンブラック武 豊
811サトノクラウンM.デムーロ




yahoo!予想

yahoo


2017年6月18日(日) | 3回東京6日 | 15:45発走

第22回ユニコーンステークス(GIII)

ダート・左 1600m

無題

競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用


コース攻略検証・見解


東京ダート1600m|コース特徴

東京ダート1600m

左回りで、高低差2.4mの急坂を含む約500mの直線が最後に控えます。

加えて、3コーナーに下り坂があり、なおかつスピードが落ちにくいスパイラルカーブになっているので、前に行く馬が脚を貯める事が難しいです。

その為、本来は逃げ・先行が有利なダート戦にもかかわらず、差し・追込もよく決まるコースになっています。

また、G1フェブラリーSも開催されますが、スタートから約150mは芝を走る特殊なコース。しかも、芝部分が外側の方が長いので外枠が明らかに有利です。





競馬道場予想師16年度好成績者

0000


2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11シゲルコング木幡 巧也
12ハルクンノテソーロ田辺 裕信
23ブルベアバブーン酒井 学
24リエノテソーロ大野 拓弥
35サヴィ藤岡 佑介
36ラユロット杉原 誠人
47アンティノウスC.ルメール
48サンライズノヴァ戸崎 圭太
59シゲルベンガルトラ横山 典弘
510サンオークランド北村 宏司
611タガノカトレア菱田 裕二
612テイエムヒッタマゲ田中 健
713ウォーターマーズ高倉 稜
714トロピカルスパート丸田 恭介
815サンライズソア岩崎 翼
816トラネコ吉田 豊


2017年6月18日(日) | 1回函館2日 | 15:25発走

第24回函館スプリントステークス(GIII)

芝・右 1200m

DB39czkVoAA5OSn





函館開催&スプリント戦と

特殊な条件なので集計は致しません




ただTwitterなんかを見てるとかなり人気の高いレースらしいので


推し馬・注目馬推奨や雑談等ご自由にコメントしてもらえたら幸いです






コース攻略検証・見解

函館芝1200m|コース特徴

函館芝1200m

欧州で使われる緑が鮮やかな洋芝が使われているのが大きな特徴。芝の根付きの関係で野芝より馬場が柔らかく、非常に時計が掛かる。その為、欧州血統やパワータイプの馬が活躍する傾向にある。

スタートしてから3コーナー途中まで、緩やかな上り坂が続く。1200m戦だが、洋芝という事も相まって普通以上にスタミナを要するコースと言える。

また、約260mでJRAの10競馬場の中で最も短い最後の直線の部分はほぼ平坦。先行力も、好走には求められるでしょう。




過去10年データ分析

3歳&4歳馬が特に好成績。
斤量軽量馬の好走も多く見られて注意。
枠は1.2.3枠で7勝と好成績。内枠に要注意。
先行が(6.3.2.25)と好成績。
1番人気は(3.2.0.5)と過信は禁物。
今回距離短縮組が(5.3.7.38)と好成績。
前走高松宮記念組は(2.2.0.10)、これをどう判断するか。ただ回収率は高い



競馬道場予想師16年度好成績者

222



2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名斤量
11ラインハート丸山 元気54
22ノボバカラ浜中 俊57
33キングハート中谷 雄太56
44エポワス柴山 雄一56
45イッテツ石橋 脩56
56クリスマス松岡 正海54
57エイシンブルズアイ吉田 隼人56
68ジューヌエコール北村 友一50
69レヴァンテライオン蛯名 正義52
710シュウジ武 豊56
711ホッコーサラスター池添 謙一54
812セイウンコウセイ幸 英明56
813ブランボヌール岩田 康誠54



↑このページのトップヘ