111


ビッグアーサーがレコードで初重賞・初GI制覇!/高松宮記念


「第46回高松宮記念」(G1、芝1200メートル・晴・良)は27日、中京競馬場11Rで行われ、福永騎手騎乗の1番人気ビッグアーサー(牡5=藤岡厩舎、父サクラバクシンオー、母シヤポナ)が差し切って勝ち、初重賞をG1制覇で飾った。勝ち時計はレコードの1分6秒7。

 レースは先行勢が激しくハナを争い大外のハクサンムーン、ローレルベローチェが引っ張る展開。ミッキーアイル、ビッグアーサー、アースソニックなどは中団から前につけた。前半600メートルは32秒台の速い流れとなり、直線に向くと先行勢が後退、ミッキーアイルが先頭に立ったところをビッグアーサーがかわしてゴールを駆け抜けた。

 3/4馬身差の2着にミッキーアイル。2着から1馬身3/4差の3着にアルビアーノが入った。


------------------------------------------------

1着 ビッグアーサー(福永騎手)
「展開は理想的でスムースなレースが出来ました。今日は馬場が良かったので、スタートだけはしっかり決めないと、と思いレースをしました。位置取りは思っていた通りでしたが、前に行った馬がしぶとい中、本当によく頑張ってくれました。この馬はサクラバクシンオーの子供らしくスプリンターの体つきで、スピードの持続力もあります。これからのスプリント戦線で頑張ってもらいたいですね」

2着 ミッキーアイル(松山騎手)
「GIで流れが速い中、掛かることなくリズム良くレースが出来ました。4コーナーで逃げ馬が外に来てロスがあったことが誤算でした。馬は頑張ってくれました」

3着 アルビアーノ(ルメール騎手)
「4コーナーのコーナリングがスムースではありませんでした。バランスを直すのに少しかかりました。直線に向いてからは反応良くいい脚を使っています。彼女は体はスプリンターですが、まだ経験が足りませんね。ですからまだ良くなってきそうです」



----------------------------------------------------------



1:06.7R 11.7 - 10.1 - 10.9 - 10.8 - 11.1 - 12.1
32.7-34.0HH


 結果的に1秒以上の明確なハイペース、一応後半はL3最速戦ではあるがほぼ誤差の範囲で L1が大減速。珍しくスプリント戦らしい基礎スピードを高いレベルで要求される競馬になっていると。実は中京は3角までの距離が短く、テンから2F目の10.1のところで3角に入って行く形になるわけで、ここで外から入って行くとコーナーワークもあってかなり脚を使わされるというのはある。今回はこの辺りの影響もあったし、何よりも超高速馬場で2F目で10.1とかなり速いラップを踏んでしまうとコーナーの下り坂で減速するのが難しくなるというのもある。結果としてコーナー地点で10.1-10.9-10.8と速いラップを踏まされて直線の上り坂では各馬が勢いに乗った状態で入っているので各馬脚を出し切りやすい競馬になったと言って良い。ただ、それでも超高速馬場である程度前にいないとという競馬になったかなと


1着ビッグアーサーは4番枠から好発、そこからミッキーアイルを行かせてその外を意識しながら離れた好位で進める。3~4角で外目から進路を意識しつつミッキーアイルの直後を上手く取ってスムーズに外に出して直線。序盤の坂の地点でもしぶとく伸びて抜け出すミッキーアイルの外からL1で強襲、最後はきっちりと勝って新スプリント王者となった。福永のインタビューからもあのドバイで何も思わないわけがないからね。それをいい方に取れたのであればやっぱり素晴らしいことだと思うし、結果を出すというのが一番。そして、まあ今回流れ的には完全にこの馬の流れになったので、仮に福永じゃなかったとしても勝てた可能性はもちろん十分にある。これは康太でも問題なかったと思う。まああくまで私見だが。ただ、今回福永を高く評価したいのはやっぱりポジションを取って本来いるべき場所にしっかりといたこと、そしてミッキーに絞ってしっかりと進路を意識できていたこと。まあ流れてしまえば福永は合うってのはその点なんだけど、強い馬が強い競馬をして4角から直線までの動きなんかは本当に良かったと思う。この馬は流れてしまえば一枚上だと思っていたので、3角の段階で流れや位置取りからほぼ勝利は確信していたんだけど、ミッキーが自分の想像以上に1200のスピード勝負でやれた、という感じかな。まあそれでも流れてしまえばこっちのもんですよ。そして上手く枠を利してポジションをとって、進路もしっかりと意識して。完璧だったと思うね。勝つべくして勝つ競馬ができたんだからこれはもう評価するしかないね。馬に関しては流れてしまえばこれぐらいはやれる馬で、超高速馬場適性を考えてもこの勝ち方は妥当。器用さも最低限は持っているので今後のスプリント路線を引っ張っていくことは間違いないね。あと京都1200はやっぱトリッキーすぎるわ。勝ち馬がコロコロ変わって強い馬でも外引いたら終了になってしまう。今日の中京も大概だけど、今のスプリント戦は馬場や枠次第でコロコロ結果が替わるから、負け方をしっかりと判断する方が良いと思うね。


 2着ミッキーアイルは6番枠から好発、押して押してハナを主張していくんだが流石にローレルベローチェが速く、3角手前でブレーキを踏まされる形になる。ただ結果的に前2頭がオーバーペースで進めていく中で離れた2列目ポケットから3角ロスなく進め、4角で外目には出して直線に向かう。序盤の坂の地点で前2頭を楽に抜き去るが外からビッグアーサーの強襲を受ける。L1で突きぬけられるも2着は楽々確保でGI馬の意地を見せる競馬だった。判断が難しいけど、恐らくだがあのままハナを取り切る形になっていたらペースもコントロールできずに終わったと思うし、結果的に3角手前でブレーキを踏まされたことで下りとなるコーナーで無理せず行けたのは良かったかな。中京の逃げって基本的にコーナーで緩めないと直線早い段階で坂があって余力ないまま坂で出し切ってL1では甘くなることが多いし。が、それを考慮に入れてもこういう競馬を超高速馬場の1200でやってくるとは、単純に見誤った面も大きいかなと。う~ん、あそこから最後まで踏ん張ってきているもんなあ。阪神1400の内容的に見ても頑張れているし、基礎スピード面の上昇を素直に認めないといけないかな。スプリント色が強く出てきているのがこのレースからは判断せざるを得ないね。ディープの仔でここまでスプリント色が強いってのはちょっとイメージの外だったけど、そろそろこういう馬も出てくるかな。サンデーだって最終的にはスプリンターもダート馬も一杯出したわけだしなあ。というわけでこの馬の評価に関しては正直完敗だった。良いスプリンターになってきたなあ。


 3着アルビアーノは8番枠から今回は五分に出て最初は中団ぐらいでしっかりと進めていく形に。道中中団馬群の中でアクティブミノルの直後で進めながら3~4角でも外目を追走し進路を確保しながら直線に入るが序盤は少し窮屈で追い出しが遅れる。そこから追いだされると馬群を切り裂いて伸びてきたが最後はアクティブミノルの外差しにジリッと詰められて結構きわどく3着に粘った。アクティブをヒモで狙ってた人は頭抱える着差だったなあ…。ただ今回はゲートも良かったしポジションも最低限に取れた。レースもある程度流れていたので窮屈だったけどブレーキを踏まされるような感じでもなかったし、そのまま坂加速ができて内からも動けるという器用さを上手く引き出せたかな。まあ結局ここまでスプリント色が強いと最序盤のポジション差が響くし、基礎スピード面で優位に立てなかったかな。あの流れでも一脚は使えているし1200への適性はやっぱり高いレベルで見せてきたと言って良いんだけど、高い総合力を活かすには高速府中とかが一番だと思うしヴィクトリアマイルを狙ってほしいね。マイルなら基礎スピードで優位に立てるし、TS持続力もスワンSから高いレベルにあるはずだからね。


9着ウリウリは12番枠からゲートは五分には出ていたがそこからは無理せず中団馬群の中で進めていく。3~4角でも全く淀みない流れになって外々を追走する羽目になり直線で中目に誘導していく。序盤で追いだされて一瞬はそれなりに伸びるんだがL1で甘くなって最後はスノーにも見劣っての完敗だった。う~ん、これ個人的にはちょっと失敗だったかなあと反省。やっぱこの枠で今の超高速馬場だと外々走らされると一足しかない馬だとそこで脚を使わされちゃうんだよなあ。やっぱり最初の感覚を重視すべきだったかなと思う。戸崎にしても3~4角できるだけ内をと思っただろうけど、結局雁行状態の列にいてしまったので外々回すしかなかったし。スタートもそこまで良い馬じゃないから主導権は獲れないしね。今回は予想的に狙ってはいけない馬だったかなと反省している。というかビッグアーサーとセットで買うべき馬じゃなかったかな。まだウキヨの場合は噛み合う可能性自体はあったと思うけど。う~ん、反省が多いけどやっぱ結局内で潜り込んで器用さで何とかって感じだし、そのタイプで見てもアルビアーノの方が上だったね。ちょっと底を見せた感じはあるね。


 11着ハクサンムーンは18番枠からまずまずのスタートを切ってハナを狙うがごとく外から一気に出していく形で3角に入って行く。ただローレルもペースを落とさない中で3角の下りに入ってしまってコントロールに苦労、4角でもスピードを落とさずに徐々に外に振られる形でロスもそれなりにあって直線。序盤で追いだされるんだがもう脚がなくミッキーに交わされる。L1では失速して呑み込まれての11着完敗だった。中京でここまでの超高速馬場ってのは初めてだったから正直どういう競馬になるか未知数な面もあったけど、やっぱり大外からあれだけ出していっちゃうとコーナーで減速ができないし、10秒台でコーナー終始下りでってなるとどうしても外に振られがちになるからその辺もあって4角までで脚を使ってしまって直線の上りでもう余力がなかった感じなんだよね。やっぱ異常な超高速馬場で大外枠ってのは難しいね。中京や京都みたいに下り坂があるコースだとどうしてもそこでコントロールがしづらい。ポンとハナを切れればいいんだけど。ここ2走はスタートも安定してきたし、この馬自身のパフォーマンスとしては持ち直している感じはあるんだけど、こういうトリッキーなコースだと息を入れやすい程度の馬場が良いのかなと感じるね。まあ今回は馬場というよりもこの馬場で中京の下りコースで、3角までの距離が短い中で大外ってのが痛かったというのが一番かもしれん。



-------------------------------------------------------




+++++ポイント結果+++++




222


333



ローレルベローチェ

ハクサンムーン

ミッキーアイル


逃げ馬が3頭揃うと態勢決まった後はペース落ち着くイメージでしたがLAP速かったですね。

短距離だから当然なのかな??


個人的にアルビアーノ全然ピンとこなかったけどゲスト陣の推しが凄かったから抑えた結果3着。

超高速馬場を予想したうえでハクサンに◎打ったのは理解が追い付かないですが今後もゲスト陣とダストさんの予想には注目していこうと思います←

※あくまで個人的にねww