2016 アーリントンカップ(GIII) 阪神芝外1600m良
レース回顧・結果

1:34.1 12.4 - 10.6 - 11.4 - 12.3 - 12.4 - 11.4 - 11.3 - 12.3
46.7-47.4M


 一応ペース的には平均で収まっているがギリギリの範囲でややハイ気味。ただ阪神マイルらしく3角で緩んで4角出口で再加速、ここでそこそこ速いラップを踏んでいると。L1はかなり落としているしこのレースの傾向の中心に近い競馬の展開にはなったといえる。コーナーで外から動いていく馬がL3の4角でロスがあったわけだし基本的にはここで外を回した馬の評価を高くすべきかなと。もちろん前でレースを作った馬もしんどかったはず。あとは47秒を切ってきているわけで一応これでも平均で締めてきたのは一定の評価が必要だし、1000万下に比べて0.8も時計が速い。まあもちろんペースが違うので一概には言えないけど、水準以上のレベルとみていいのかなと感じる。


 1着レインボーラインは6番枠からやや出負けかなという感じ、そこから押して押してリカバーして中団の外にはつける。3角の段階で大外から一気に押し上げて4角ではダンツプリウスの外から仕掛けながら直線。序盤で仕掛けを待っていたダンツとともに外目からジリジリとは伸びるが前の馬も抵抗して横一線の一頭という立ち位置。しかしL1での上り坂でしぶとく伸びて何とか接戦をものにすることができた。こういう競馬をしてくれれば好勝負になるだけの素材とは思っていたんだけど、自分の想像以上に相手も強かったなという感じだった。直線入ってすぐの反応はかなり微妙で正直馬券圏外も覚悟したんだが、そこからのしぶとさはやっぱり流石で、手応えがなさそうに見えて最後まで減速地点で伸びてくるというのが武器になるなあと改めて認識できたかな。ただ、正直に言えばロワアブソリューは転換して脚を引き出してきたという見方でいいとしても、ダンツプリウスが控えて溜めたことで良さが出た感じで、ここ相手に結構苦戦しちゃったわけなのでなかなかどこまで評価をすればいいのかは難しいところはあるね。まあダンツは良い意味で掴みどころのない馬ではあるんだが、それでも個人的なレース前の評価としてはここは体半分ぐらいは出てほしかったという感覚。評価を落とすつもりはないけど、手放しで上げることもできないなあ、と。かなりロスがあった中で脚を引き出し切った競馬で勝ったということ自体は評価したいんだど、器用さがあまりないので基本的にはこういう競馬になるしね。4角でもダンツが待っているぐらいの手ごたえでこちらはおっつけおっつけだったし。その辺が微妙ではある。


 2着ダンツプリウスは12番枠から五分には出てそこからある程度押していたが途中で控える形で中団。序盤はハイペースの中で無理をせずに中団の外で進めながら3角に入る。3角で外から押し上げてきたレインボーラインの内から抜群の手ごたえで上がってきて4角でも馬なり、2列目で直線。序盤で追い出されてからの反応そのものは目立たなかったがそれでも先頭列に食らいつく。L1でどうかと思ったがここでしぶとく踏ん張って2着を確保した。この馬に関してはTS持続がちょっと甘くなることが多いなと、逆に要所での反応の良さが武器で今回も4角でペースが上がった時にも馬なりで反応できていた。ここは間違ってなかったと思うがL1でここまで伸びてきたのは想定外と言って良いかな。ジュニアCにしてもきんもくせい特別にしても要所でスッと反応できたがL1では甘くという競馬をこのハイペースで中団に控えたと言っても4角の最速地点で外を回して最後まで伸びてくるというような印象はなかったのでこれは純粋に驚いた。阪神マイル向きじゃないと思ったんだけど、結果的にペースバランスも厳しい流れになったし前半を無理なくやり過ごせた、中弛みになったことも大きいとは思うが、この競馬なら東京1800とか2000とかで面白そうだなと。プリンシパルSとかで見てみたいかな。機動力があってコントロールも利くわけだしこれだけ長くトップスピードを維持してきたなら、中距離でも大丈夫そう。皐月賞戦線を目指すのもいいかもしれない。


 3着ロワアブソリューは15番枠から出負けしてある程度リカバーしようとするが結局あきらめて後方から脚を溜める形を選択。道中も少し掛かり気味だが我慢して3角。3~4角では外目だがレインボーほどではなくこれらを見ながら出口で大外に持ち出す。序盤でそこから追いだされると少し時間差はあったが徐々に差を詰めて2列目に並びかけ、L1でもう一伸び欲しかったが後ワンパンチ足りずに3着に終わった。まあ新馬戦でもどすろーからのトップスピード戦で高いパフォーマンスを見せたわけなので、ある程度トップスピードを引き出す余力があればというのはあったかな。その点で出負けして諦めて無理をしなかったことと、中弛みがあったのはプラスに働いたかな。コーナーでも多少は外だったし、直線入りの最速地点で伸びを見せたようにトップスピードの質はここでは最上位だったと思うがポジションの差が出たかな。このペースでやれたというのは前述の事情があるにせよ個人的には少し驚きがある。出負けをリカバーできる中弛みの展開ではあったし額面通りの評価というわけにはいかないにせよ、自身でも恐らく前半47秒後半では入ってきていて、47.8-46.3ぐらいの感じで走れているというのは評価したい。これだけのペースであの位置からなら脚を使えたというのは良い材料で、きさらぎ賞からその点では上積みを見せたかな。




111



222




ミルコ・デムーロ恐ろしい子…


333


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村