【マーメイドS】10番人気アンドリエッテが重賞初制覇!国分恭騎手「一瞬の脚は抜群に速かった」

6/10(日) 17:14配信


mama

6月10日の阪神11Rで行われた第23回マーメイドステークス(3歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、15頭立て、1着賞金=3600万円)は、国分恭介騎手騎乗の10番人気アンドリエッテ(6歳、栗東・牧田和弥厩舎)が後方イン追走から直線鋭く抜け出し、外ワンブレスアウェイを抑えて重賞初制覇を果たした。タイムは1分59秒1(良)。アンドリエッテは準オープンからの格上挑戦だった。国分恭介騎手は2010年の府中牝馬S・GIII(テイエムオーロラ)以来、8年ぶりの重賞勝ち。クビ差の2着はワンブレスアウェイ(9番人気)で、さらに2馬身離れた3着にミエノサクシード(4番人気)が入った。

 アンドリエッテは、父ディープインパクト、母アナバシュドチャーム、母の父シルヴァーデピュティという血統。北海道日高町・森永牧場の生産馬で、馬主は永田和彦氏。通算成績は28戦4勝。重賞は初勝利。マーメイドSは、牧田和弥調教師、国分恭介騎手ともに初勝利。ディープインパクト産駒はJRA重賞171勝目。マーメイドSはマルセリーナ(13年)以来、5年ぶり通算2勝目。

 ◆国分恭介騎手「テンから行くタイプではないし、みんな外へ行くと思っていたので、内を突いていこうという気持ちで乗りました。外の馬に迷惑をかけてしまったけど、一瞬の脚は抜群に速かった」

騎手コメント

------------------------------------------------

津村明秀騎手(ワンブレスアウェイ=2着)「ゲートは何とか出てくれて、いい位置で運べました。狭いところからもひるまず伸びてくれました。もうちょっとだったんですけどねえ」

川島信二騎手(ミエノサクシード=3着)「距離だけが不安だったんですが、頑張ってくれましたね」

 富田暁騎手(ヴァフラーム=4着)「人気馬を見る形で。長くいい脚を使ってくれました」

岩田康誠騎手(ミリッサ=5着)「好位で流れに乗れました。直線もグッときたんですが、上位馬の脚の方が上でした」

岩崎翼騎手(レイホーロマンス=6着)「向こう正面から3コーナーにかけてペースが遅くなって、密集した馬群からの上がり勝負になってしまいました」

秋山真一郎騎手(キンショーユキヒメ=7着)「背負っているぶん、瞬時に反応できなかった。最後まで伸びているけど、もう少しめりはりのついた競馬をすればよかった」

松若風馬騎手(エマノン=8着)「いい脚を長く使うイメージだったので早め、早めに動いていきました。ただ、そのぶん坂を上がってから苦しくなってしまいました」

 荻野極騎手(ルネイション=9着)「囲まれて、少し窮屈な競馬になりましたが、脚は使ってくれました」

 北村友一騎手(フェイズベロシティ=10着)「自分の脚はしっかりと使ってくれました」

 和田竜二騎手(エテルナミノル=11着)「何とかゲートは出てくれたし、いいところで流れにも乗れたんだけどね。最後に脚を使えなかった」

 酒井学騎手(アルジャンテ=12着)「コーナー4つの2000メートルよりも、現状はワンターンのマイルが合っていそう」

 川又賢治騎手(スティルウォーター=13着)「馬群が凝縮してしまって内に入れることができませんでした」

 竹之下智騎手(ティーエスクライ=14着)「この距離は少し長い感じがしました」

浜中俊騎手(トーセンビクトリー=15着)「56キロを背負っていましたし、外枠だったので気分よく行かせました。斤量がこたえている感じでした」



+++++ポイント結果+++++


222

2222



~タマネギのレース感想~


日曜の両重賞でレコさんが神ってましたねwww

マーメイド:286pt
エプソム:211pt

で、少し前に発表したランキング16位から8位までブーストジャンプUP



まだ予想ブログに回顧記事が作成されてないんですけど…


パチレコ ~パチスロは勝つから楽しい!


勝ち金を数えるのに忙しいのでしょうか??笑