2017年6月4日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第67回安田記念(GI)

芝・左 1600m

333


・競馬道場は参加者が予想を出しあう競馬交流ブログです。

・予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用




コース攻略検証・見解



東京競馬場 芝1600m

東京競馬場

コース攻略検証・見解

スタートから250m地点までは下りが続く。3コーナーまでは約550mほどの直線でポジション争いはさほど激しくならず、枠順に有利不利も少ない。ただし、3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かる傾向がある。

マイル戦ながらスタミナ消耗戦になるコースで、このコースを逃げ切るにはスピードに加え、スタミナ、底力が必要となる。このコースが『中距離を走れるくらいのスタミナが要求される』と言われる所以だ。メイショウサムソン産駒の成績がいいのは、その特徴を現しているのかもしれない。

しかし近年は安田記念(ロゴタイプ)、NHKマイルC(メジャーエンブレム、ミッキーアイル)など大舞台での逃げ切りも目立っている。

東京芝1600m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト59-50-33-26714.4%
54
34.7%
79
ダイワメジャー31-18-26-18412.0%
67
29.0%
82
ハーツクライ25-14-8-15312.5%
80
23.5%
68
ステイゴールド16-10-21-1199.6%
218
28.3%
135
キングカメハメハ15-22-12-1846.4%
37
21.0%
59
シンボリクリスエス13-12-13-1098.8%
95
25.9%
83
ネオユニヴァース10-11-15-1216.4%
57
22.9%
81
クロフネ10-7-4-7210.8%
96
22.6%
92
フジキセキ9-8-14-778.3%
93
28.7%
134
ジャングルポケット7-6-10-995.7%
42
18.9%
63

東京芝1600m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
戸崎圭太30-21-16-12815.4%
103
34.4%
78
横山典弘30-16-15-14614.5%
107
29.5%
74
三浦皇成26-18-7-12314.9%
138
29.3%
96
蛯名正義26-17-20-15312.0%
73
29.2%
73
北村宏司25-24-23-15710.9%
54
31.4%
84
内田博幸20-17-18-1569.5%
83
26.1%
75
ルメール15-10-7-3123.8%
76
50.8%
81
田辺裕信13-18-33-1506.1%
111
29.9%
131
柴田善臣13-12-8-1467.3%
77
18.4%
58
福永祐一12-13-12-5213.5%
61
41.6%
109

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

東京芝1600m|予想ポイント

  1. やや中波乱傾向のコース
  2. 差し・追込がかなり有利なコース。
  3. 枠順の内外有利差無し ※6枠には注目
  4. ディープインパクト、ステイゴールド、ダイワメジャー、ハーツクライ
  5. 戸崎圭太、三浦皇成、田辺裕信、ルメール

差し・追込がかなり有利なコース。

枠順では内外の有利差は殆ど無いが、6枠は好成績を残している。また、5枠は回収率が高いので注目。

種牡馬は、ディープインパクトの好走率が非常に高いです。その他、回収率の高いステイゴールド、ダイワメジャー・ハーツクライも好成績。

騎手は、戸崎圭太・三浦皇成が好成績。また、回収率の高い田辺裕信、好走率の高いルメールにも注目。





過去10年データ分析

6歳馬が(4.2.5.37)と好成績。
馬体重479キロ以下は(0.1.4.51)と不振。
馬体重480~519キロで9勝
1.2.3枠で5勝
先行が(4.2.2.25)と好成績。
後方は(0.2.5.38)と不振傾向。
1番人気は(4.1.0.5)と上々の成績。
1.2番人気で7勝と好成績。
・ただ3着馬は人気薄でも多く来ている傾向。
前走勝ち馬が5勝と好成績。
前走5着以下に敗れた馬での勝ち馬はゼロ
前走ダービー卿CT組が2勝と好成績。
・反対に前走京王杯SC組は(1.3.1.34)と出走頭数の割に不振。
・また前走マイラーズC組も(0.2.7.31)複勝率は高い勝ち馬はなし
・過去5年ディープインパクト産駒は(0.1.2.20)と不振。






競馬道場予想師16年度好成績者

111


去年の回顧記事はこちら↓

【結果】第66回安田記念(GI)【回顧】