2017年5月13日(土) | 2回東京7日 | - 発走

第62回京王杯スプリングカップ(GII)

芝・左 1400m

000


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解

東京競馬場 芝1400m

東京競馬場

コース攻略検証・見解

スタートして60mすると緩やかな上りになり、350mほどすると3コーナーとなるため、芝1400mという距離のわりにハイペースになりにくい。やや遅めの平均ペースの競馬が多く、時にスローペースとなることも。他の競馬場の芝1400mでは前傾ラップとなるが、東京競馬場は殆どの条件で後傾ラップとなる。

3~4コーナーも馬場改造でより丸い球状に変更されたため、以前ほど下り加速がつかず、息が入りやすくなる。そのため各馬が余力を持って直線に入り、ヨーイドンの上がりの勝負になりやすい。重賞では逃げ馬が波乱を演出している。スピードで押し切るタイプのスプリンターよりも、決め手のあるマイラーが強く、速い上がりが使えれば位置取りは問わない。

枠は内が有利で、8枠に入った1番人気馬は危険な数字が出ている。



東京芝1400m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ダイワメジャー33-25-17-19012.5%
60
28.3%
82
ディープインパクト23-17-16-11713.3%
40
32.4%
74
フジキセキ12-6-15-8010.6%
99
29.2%
121
キングカメハメハ9-16-11-937.0%
64
27.9%
86
シンボリクリスエス9-5-6-6310.8%
105
24.1%
81
ゼンノロブロイ8-11-10-797.4%
82
26.9%
107
アドマイヤムーン7-6-10-1005.7%
49
18.7%
57
ネオユニヴァース7-4-7-747.6%
60
19.6%
56
サクラバクシンオー7-3-8-777.4%
36
18.9%
67
クロフネ7-3-2-5410.6%
119
18.2%
57

東京芝1400m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
戸崎圭太20-18-14-10712.6%
70
32.7%
69
蛯名正義19-16-16-12310.9%
56
29.3%
82
田辺裕信18-19-20-1419.1%
67
28.8%
86
内田博幸18-15-14-12710.3%
137
27.0%
75
横山典弘17-20-9-10211.5%
75
31.1%
76
田中勝春17-4-16-12110.8%
198
23.4%
111
吉田豊14-12-6-1378.3%
85
18.9%
100
柴田善臣14-10-13-1258.6%
77
22.8%
76
北村宏司11-14-18-1465.8%
47
22.8%
49
ルメール11-4-4-2028.2%
109
48.7%
74

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

東京芝1400m|予想ポイント

  1. やや中波乱傾向のコース
  2. 差しが有利なコース。
  3. 内枠(特に1枠)
  4. ダイワメジャー、ディープインパクト
  5. ルメール、田中勝春、戸崎圭太

差しが有利なコース。

枠順では内枠が有利で、特に1枠が好成績を残している。

種牡馬は、ダントツでリーディング1・2位となっているダイワメジャー・ディープインパクトが好成績。回収率は低めも、中心的存在なのは間違いありません。

騎手は、ルメールの好走率が圧倒的に高いです。その他、回収率の高い田中勝春、リーディングの戸崎圭太も好成績。