【京都新聞杯】プラチナムバレット重賞初V まとめて差し切る

スポニチアネックス 5/6(土) 15:47配信


00000


第65回京都新聞杯(G2、芝2200メートル)が6日、京都競馬場で行われ、2番人気に推されたプラチナムバレット(牡3=河内厩舎、父マンハッタンカフェ、母スノースタイル)が快勝した。勝ちタイムは2分15秒2。

 好スタートからウインベラシアスが先手を奪い、後続を引き離して一人旅。出遅れたインヴィクタは後方2番手。1番人気サトノクロニクルは3、4番手、プラチナムバレットは中団後方を追走。直線半ばでウインベラシアスが失速すると、ダノンディスタンス、サトノクロニクル、サトノリュウガの叩き合い。しかし、外からプラチナムバレットが一気に末脚を伸ばし、他馬をまとめて差し切った。

 頭差の2着はサトノクロニクル。さらに首差の3着には6番人気ダノンディスタンスが入った。

 ▼浜中騎手の話 できればもう一列前でレースしようと思っていた。後手に回る形だったが、直線外に持ち出してからはよく伸びてくれた。勢いはあったので、ゴールした時にはかわした感覚があった。注文のつかない馬で、一戦一戦強くなっている。ダービーも一生懸命走ってくれると思う。自在性があり、大人びているところが長所。

000



騎手コメント

------------------------------------------------

プラチナムバレット=1着)
河内師はトレーナーとして初めて管理馬をダービー(5月28日、東京)へ送り出す。「(賞金面で)勝つのが絶対条件だったからね。4コーナーではダメかと思ったが、最後はいい脚だった。出す以上は勝ちたいね」と笑顔で振り返った


川田騎手(サトノクロニクル=2着)「3コーナーで外から来られ、動きたくないところで動かざるを得ませんでした。直線は盛り返しているだけに…。申し訳ありません」

和田騎手(ダノンディスタンス=3着)「放牧を挟んでフレッシュな状態になっていた。完成はまだ先だけど、現状の力を出してくれた。今後が楽しみ」

池添騎手(サトノリュウガ=4着)「久々のぶんですね。折り合いがついて、いい位置から競馬ができましたが、ペースが上がった時に少しもたついてしまった。直線では盛り返してくれたんですが。残念です」

菊沢騎手(ミッキースワロー=5着)「いつもより行きっぷりはよかったです。ただ、動くのが早かったのか、最後は止まってしまいました。申し訳ありません」

武豊騎手(ゴールドハット=6着)「若干行きたがったけど、許容範囲。一瞬、抜けるかと思ったけどねえ。ちょっと距離が長かったかな。能力は高いね」

ルメール騎手(インヴィクタ=7着)「出遅れていいポジションを取れなかった」

 北村友騎手(メルヴィンカズマ=8着)「もう少しリズムよく走らせることができればよかったんですが」

 松山騎手(ウインベラシアス=9着)「後続を離し、いいペースで先行できました」

 四位騎手(ハギノアレス=10着)「折り合い重視でじっくり。そこそこは伸びてるし、いい経験になると思う」

 幸騎手(カケルテソーロ=11着)「道中の感触は悪くありませんでしたが、直線の伸びはひと息。ダートと芝の差なんでしょうか」

 富田騎手(ユキノタイガ=12着)「逃げ馬の直後につけたかったんですが、つまずいてしまって…」



-------------------------------------------------

敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。より


2017 京都新聞杯(GII) 京都芝外2200m良
レース回顧・結果

2:15.2 12.7 - 11.1 - 12.8 - 12.4 - 13.1 - 13.1 - 12.7 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.6
62.1-60.0 S^2

 ペースは想像以上に上がらずかなり緩い流れ。これを単騎逃げ馬が刻んだわけなので相当遅い。離れた番手で見ると1000通過で大体63秒前半ぐらいになってくるわけでこれは流石に遅すぎた。3角の下りで2番手以降が一気に詰めていて、4角で逃げ馬がペースアップした形なので恐らくL3-2最速というところだと思う。L1に入る地点では勝ち馬がほぼ先頭に立っていた。ドスローからのトップスピード戦というところでいいだろうと。想定外に緩かった。


1着プラチナムバレット


 11番枠から五分に出てそこからじわっと先行策、早い段階で好位の外を確保してそこからコントロール、最終的には中団に控えての競馬になる。道中は実質的には超スローのレベルでミッキースワローを前に置いて楽に折り合って3角に入っていく。3角の下りで前との差を一気に詰めていく形の中で中団馬群の中でワンテンポ待つ。4角で中目から徐々に外に誘導しながら後方外目で直線。序盤でそこから追いだされると外からしぶとく伸びて好位列まで押し上げる。L1までその足を維持してしっかりと差し切っての勝利だった。


 阪神1800で良い脚を使ったときもドスローだったが、やっぱりこれぐらい緩い方が良いのかなという感じだった。実質63秒ペースという未勝利並みのペースでも楽に折り合っていた。3~4角の立ち回りでは序盤は無理せず、4角で恐らくペースが上がっていくという中で外に誘導してこちらも進路を確保しながら直線まで上手く入ってこれたという印象かな。L1まで差し込めたのはこの辺りワンテンポ待って3~4角で速い脚をできるだけ使わずに直線まで入ってきたことが大きいかも。まあいずれにせよ、この面子の中ではトップスピードの質、持続力で一枚上回ってきたと思う。ただレベルとしてみた時に、正直ラップ推移は平凡で、届いたこの馬はそれなりに評価したいけど、この馬も毎日杯で削がれているレベルだと顕著にスローの方が良いと思うからなあ。ダービーでどうこうとは正直思わない。


2着サトノクロニクル


 3番枠から五分のスタート、そこからじわっと出していきつつ割と積極的に先行争いに加わっていくが、最終的には好位3列目。向こう正面ではダノンディスタンスの後ろで前にスペースを置きつつ我慢。3~4角でもダノンの後ろで仕掛けを待ちつつ、外からミッキーらが被せてくる感じになったのでここで仕掛けて進路をキープしようとするが、4角で少し置かれるような感じになって外に出せずに中目に進路を切る。序盤での反応は悪くなくジリジリと伸びてくると、L1ではしっかりと先頭に立つものの最後はプラチナムバレットに差し切られての2着完敗だった。


 内容的に見た時に、4角でちょっと置かれていたのが気になったかな。L1では伸びてきていたわけでここが敗因としては大きいかもしれないと。3角で仕掛けを待って外から来られたので焦って仕掛けてスピードに乗っていって4角出口遠心力で振られた感じになっているし、この馬としては動けているけど遅いラップの中で外から来られてしまったので慌てて速度を上げたことが結果的に反応面や4角出口での膨れに繋がった感はある。ワンテンポ早く仕掛けていたら色々とカバーできたかもしれなかったけどね。ここまでドスローなんだし良い頃の川田ならもっと積極的に動いていたと思うんだけどね。騎乗に不満はちょっとある。ただトップスピード戦ではちょっと物足りんね。ペースが上がった方がチャンスがあったかもしれないし、ダービーで流れた中である程度の位置、兄サトノラーゼンほど要所で動ける感じはしないんだけど、まあ全体で流れれば。


3着ダノンディスタンス


 2番枠からまずまずのスタート、そこから無理なく楽に先行していって離れた2列目の外で入っていく。1角辺りでは少しブレーキしつつ若干掛かり気味で、向こう正面では一列上げて単独の2番手で実質的にレースを作って超スローで3角に入っていく。3角の下りでじわっと仕掛けて逃げ馬との差を詰めていく、そのまま1馬身半ぐらいまで差を詰めて直線。序盤でしぶとく伸びて一旦は先頭に立つのだがL1で甘くなっての3着完敗だった。


 かなり上手に運ばれたし、サトノクロニクルと比べても前目で先に仕掛けることができた。この競馬でL1で差し込まれているので結局はTS持続力でちょっと不足していたかなという感じ。ただドスローだし馬場を考えてもラップ推移からみてもやっぱりトップスピード特化戦としてはレースレベル的に少し疑問符はつくので、まだこれで重賞で通用するとは思わないかな。馬場は少し時計が掛かった方が良いぐらいの馬だと思うし、ゆったりの方が良いとも思うので、ポテンシャル面も含めて夏の洋芝2600戦線で見てみたい一頭かな。


4着サトノリュウガ


 5番枠から五分のスタートを切るが行き脚が突かずに中団の内内でという競馬。向こう正面では外も意識できるような位置でサトノクロニクルの後ろを追走。3角でサトノの外から上がろうとしたがミッキーやメルヴィンが外から押し上げてきたので外への進路がふさがれる。4角で少し下がってしまって中団中目で直線。序盤で追い出され、置かれた分だけスペースができたのでそこをしぶとく伸びてくる。L1までジリジリとは詰めてくるが、それでも最後はミッキースワローを差し切るところまで、4着完敗だった。


 この馬も3~4角の動きで後手を踏んだのが響いてはいるかなと思う。サトノクロニクルの直後をある程度進路として当てにしていたと思うけど、結局サトノクロニクルもスッと動けなかったから外への進路を塞がれた時点で加速で苦労するのはある程度仕方ないかな。ただスパッと切れる感じは当然なかったし、L1もジリジリとは来たけど決定的な伸びとは言えなかったからトップスピード戦では完敗だったと。もうちょっとタフな馬場の方が良いのか、それとも高速馬場なら全体でペースが上がってしまった方が良いのか。この辺はどこかで適性を見極めたいところかな。


5着ミッキースワロー


 8番枠からやや出負けかなという程度、そこからじわっと取り付いて中団には入っていく。道中も中団の外目ぐらいで様子を見ながら3角。3角の下りで外から動いていく選択、楽な手ごたえでサトノクロニクルの外から動いて押し上げて2列目で直線。序盤でそこから追いだされるがここでなかなか切れずにジリジリ。L1でも悪くはないが甘くなって最後はサトノリュウガにも差し込まれての5着完敗だった。


 結構良い競馬をしたかなと思ったんだけど、思ったよりも切れなかったしL1も甘かった。L3の4角で速いラップを踏んではいると思うのでロス自体はあったと思うけど、それを込でももうちょっとやれると思っていたので個人的には馬を過大評価してしまったかな、という感じ。鞍上菊沢君はある程度自分のイメージの範囲内だったし、良く乗ってくれた方だと思う。ちょっと足りなかったかなあ。


7着インヴィクタ


 4番枠から出遅れて最後方からの競馬となってしまう。内枠で前のスペースをリカバーして一頭交わしたがそれでも後方2番手ぐらい。実質ドスローの中で動くタイミングも作れず後方馬群の中目で3角を迎える。3角で外々から押し上げる意識、4角で大外をぶん回して追い出して直線に入ってくる。序盤でそこからの伸びはイマイチ、L1でジリジリと伸びてきたがという感じの7着完敗だった。


 まあ出遅れて後方、3~4角で一気にペースが上がってからの大外ぶん回しでは苦しかったと思うし、まずは敗因としては出遅れがかなり大きい。同じ様に大外を回したメルヴィンカズマ辺りと比べると悪くはない伸びではあったかな。ただトップスピード戦としてはやや低調なメンバー構成ではあったと思うので何ともかな。もうちょっとポテンシャル要素が問われた方が良かったと思うし、高速馬場も合わなかった感はある。



-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

111


222




~タマネギのレース感想~

菊沢騎手は重賞初挑戦!!

そのコメントが↓

菊沢騎手(ミッキースワロー=5着)「いつもより行きっぷりはよかったです。ただ、動くのが早かったのか、最後は止まってしまいました。申し訳ありません」



ワタシも℃スローだし、上げてって正解だと思ったんですが、かなり仕掛けが早かったみたいですね

しかもそのせいで②③が仕掛けを早め、結果⑪が漁夫の利を得た……のかな??

若いんだからしゃーない!!精進したまえよ




タマネギはレース分析能力ほとんどないですからねw
適当な事言ってたらゴメンなさい。




そんな事より!

なにより驚いたのが単勝3.9倍で1番人気を背負った③サトノクロニクル、川田騎手のレース後コメント↓




川田騎手(サトノクロニクル=2着)「3コーナーで外から来られ、動きたくないところで動かざるを得ませんでした。直線は盛り返しているだけに…。申し訳ありません





……えっ!!!?



何?この静粛なコメントは!!!!!??




えっえっ!!?????君はそんなキャラじゃないだろ!!??????


毎日杯で単勝オッズ1.2倍のサトノアーサーを仕掛け遅れから2着に飛ばしたレース後コメントで





川田騎手(サトノアーサー=2着)「前半はリズムよく走れましたし、力みは徐々になくなっています。結果だけが伴いませんでしたが内容はよかったと思います



と、

馬券購入者の心をズタズタに踏みにじる鬼畜コメントを残した君はどこに行ったんだい??








まぁ、もちろん予想出来なかった自分が1番悪いのは承知だけど、気持ち的にねwww