2017年4月30日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第155回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m

666

予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解


京都競馬場 芝3200m

京都競馬場 



コース攻略検証・見解
天皇賞(春)のためのコース。よって、年に一度しか行われない。向正面直線半ばからスタート。最初のコーナーまでは417m。1周目の丘はゆっくり上り下りし、1〜2コーナーとその前後どちらかで息を入れ、2回目の坂の上りあたりからペースが速くなり、一気に下ってゴールまで流れ込む。

道中のペース次第で、レースの上がりが34秒台前半になることもあれば、36秒台に突入することも。よって逃げ馬、鞍上のタイプはシッカリと把握しておく必要がある。ただし、キタサンブラックのような実力馬はともかく、スタートからの逃げ切りはほぼない。レース途中で主導権を奪って押し切った12年ビートブラックの例もあるが、スローペースで逃げても決め手のある馬に交わされる。基本は逃げ切りは困難なコースと言える。
とは言っても、直線だけの追い込みで勝つのも難しい。2周目の坂から徐々にポジションを上げ、ロングスパートで押し切るというのが勝ちパターン。自ら位置取りを押し上げることが出来る機動力が欲しい。また、道中の距離損が少ないにこしたことはない。よって、内枠が有利となりやすい。

種牡馬では近5年で3勝のステイゴールドは勿論のこと、注目すべきはハーツクライ。勝ち馬こそ出ていないものの、近5年で6回馬券に絡んでおり、複勝率は46.1%。このコースで最も安定感のある種牡馬と云っても過言ではない。また、長距離戦は騎手の腕がモノをいうとは言われたものだが、蛯名正義、武豊、横山典弘騎手らが近年、勝ち星を挙げている点はその格言の裏付けともいえる。



京都芝3200m|枠順別成績

枠順着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
1枠3-1-1-530.0%
1687
50.0%
541
2枠0-1-0-90.0%
0
10.0%
139
3枠1-0-1-810.0%
62
20.0%
177
4枠1-0-1-810.0%
115
20.0%
55
5枠0-0-0-100.0%
0
0.0%
0
6枠0-1-1-80.0%
0
20.0%
57
7枠0-1-1-120.0%
0
14.3%
155
8枠0-1-0-140.0%
0
6.7%
26

京都芝3200m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ステイゴールド3-0-0-827.3%
202
27.3%
79
ミスキャスト1-0-0-0100.0%
15960
100.0%
3720
ブラックタイド1-0-0-0100.0%
450
100.0%
170
ハーツクライ0-3-3-70.0%
0
46.2%
264
ディープインパクト0-1-0-90.0%
0
10.0%
65
ジャングルポケット0-1-0-30.0%
0
25.0%
100
マーベラスサンデー0-0-1-10.0%
0
50.0%
735
Cadeaux Genereux0-0-1-10.0%
0
50.0%
770
ゼンノロブロイ0-0-0-30.0%
0
0.0%
0
ダンスインザダーク0-0-0-20.0%
0
0.0%
0

京都芝3200m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
蛯名正義2-0-1-240.0%
354
60.0%
244
武豊1-1-1-220.0%
90
60.0%
234
石橋脩1-0-0-150.0%
7980
50.0%
1860
横山典弘1-0-0-150.0%
230
50.0%
130
岩田康誠0-1-0-30.0%
0
25.0%
100
池添謙一0-1-0-30.0%
0
25.0%
347
北村宏司0-1-0-20.0%
0
33.3%
210
武幸四郎0-1-0-10.0%
0
50.0%
110
福永祐一0-0-1-30.0%
0
25.0%
60
田辺裕信0-0-1-20.0%
0
33.3%
490

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31



過去10年データ分析

4.5.6歳馬が好成績。
7歳以上は(0.2.2.46)と不振。
馬体重459キロ以下は(0.2.1.18)と不振傾向。
1枠が(5.1.1.12)で5勝と好成績。
先行が(3.6.5.22)で複勝率38.9%とかなり高い数字。
・ただ逃げも2勝、中団も4勝と侮れない成績。
後方は(0.0.0.45)と大不振。
1番人気はなんと(0.0.1.9)で3着1回のみと大不振。
・反対に2番人気は(5.1.1.3)と好成績。
前走勝ち馬&2着馬で8勝
前走日経賞、大阪杯(過去のG2)、阪神大賞典組は好成績。
・反対に前走ダイヤモンドS組は(0.1.0.8)と不振傾向。
・過去5年ディープインパクト産駒は(0.1.0.9)と不振で注意。


競馬道場予想師16年度好成績者

333



2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね

馬名騎手名
11シャケトラ田辺 裕信
12ラブラドライト酒井 学
23キタサンブラック武 豊
24スピリッツミノル幸 英明
35ファタモルガーナ浜中 俊
36シュヴァルグラン福永 祐一
47アルバート川田 将雅
48タマモベストプレイ吉田 隼人
59ディーマジェスティ蛯名 正義
510アドマイヤデウス岩田 康誠
611プロレタリアト杉原 誠人
612ゴールドアクター横山 典弘
713トーセンバジル四位 洋文
714ワンアンドオンリー和田 竜二
815サトノダイヤモンドC.ルメール
816レインボーラインM.デムーロ
817ヤマカツライデン松山 弘平