下町ドウジョー

どのような競技なのかも正確には知らない『競馬』の、ブログ製作を、成り行きと勢いで引き受けてしまった下町の小さな町工場の2代目(タマネギ)と、好奇心程度の軽い気持ちでそれに参加した予想家たち。そんなメンバーが、競馬予想で東京オリンピック出場を、職人の意地と誇り=モノづくりの心に火をつけられ、「下町ドウジョー」と名付けられたプロジェクトとして、それぞれの持つ技術を結集して競馬予想に挑戦するドラマである。

2018年06月

2018年6月24日(日) | 3回阪神8日 | - 発走

第59回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m

f3e15975-s


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2018年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です


あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??


ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件


コース攻略検証・見解

阪神競馬場 芝2200m

阪神競馬場 

コース攻略検証・見解

春のグランプリ・宝塚記念が行われるコースで、外回り4コーナー出口からスタート。3~4コーナーは内回りコースを使用。1コーナーまでの距離が525mと長く、スタートが下り坂ということで前半は速いラップになりやすい。ただし、向こう正面からはペースが落ち着き、全体を通してはゆったりとした流れになる。前が快調に飛ばすと隊列は縦長になりやすい。

内回りのため、瞬発力よりも長くいい脚を使う持続力勝負。スピードの出る前半でタメて、後半で前の馬よりもさらに長い脚を使うことが要求される差し馬は展開が不利。後方一気も殆ど決まらず、スピードを持続できる先行馬を狙うのがセオリーだ。ただし、宝塚記念は例年、テンから緩みないハイペースになることが多く、下級条件とは異なり、ラップが大きく前傾するのが特徴。梅雨時で馬場が悪化しやすいことも影響しているのだろう。持続力に富んだ差し馬の活躍が目立っている。

コース形態から枠は内めが有利なのだが、集計期間内のデータでは5枠の連対率が頭一つ高かった。また、1つ外の6枠は平均人気が最も高かったが、連対率は最低だった。


阪神芝2200m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
キングカメハメハ9-4-10-4213.8%
133
35.4%
95
マンハッタンカフェ7-5-2-1821.9%
243
43.8%
312
ディープインパクト6-6-6-469.4%
67
28.1%
96
ステイゴールド4-1-3-2910.8%
29
21.6%
36
シンボリクリスエス3-4-0-1911.5%
73
26.9%
53
ネオユニヴァース3-3-0-920.0%
72
40.0%
63
ジャングルポケット3-0-2-1813.0%
73
21.7%
51
ハーツクライ2-4-5-433.7%
28
20.4%
55
チチカステナンゴ2-2-1-1013.3%
142
33.3%
134
ダンスインザダーク2-2-0-915.4%
234
30.8%
86

阪神芝2200m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
武豊10-6-2-1332.3%
179
58.1%
142
川田将雅6-4-3-1422.2%
135
48.1%
94
福永祐一4-1-3-1815.4%
72
30.8%
70
M.デム3-2-5-1114.3%
63
47.6%
91
和田竜二3-2-4-278.3%
32
25.0%
34
岩田康誠3-2-3-239.7%
47
25.8%
40
小牧太2-3-2-1210.5%
82
36.8%
84
藤岡佑介2-1-0-1213.3%
167
20.0%
64
酒井学2-1-0-1710.0%
32
15.0%
26
ルメール2-0-1-916.7%
126
25.0%
46

※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

阪神芝2200m|予想ポイント

  1. 中波乱傾向のコース
  2. 逃げ・先行
  3. 枠順の有利差無し ※5枠には注目
  4. マンハッタンカフェ、ディープインパクト、ネオユニヴァース
  5. 武豊、川田将雅、Mデムーロ

逃げ・先行がどちらかと言えば有利なコース。

枠順での有利差は殆ど無いが、5枠は好成績を残している。

種牡馬は、マンハッタンカフェが好成績。好走率・回収率共に高いです。その他、リーディングのディープインパクト、出走数は少ないですが、ネオユニヴァースには注目。

騎手は、武豊・川田将雅が圧倒的好成績。好走率・回収率共、非常に高いです。その他、Mデムーロにも注目。


↓前年のレース予想記事↓



↓前年のレース回顧記事↓



競馬道場予想師17年度好成績者

111


※注意※CAUTION※注意※CAUTION※

この記事は

デイリースポーツの写真をまとめた


個人用めもです。


※注意※CAUTION※注意※CAUTION※




エントリーNo.1

【サトノダイヤモンド 評価B】

 2018宝塚

エリート街道まっしぐらだったが、凱旋門賞の大敗が馬に及ぼした影響は決して少なくないだろう。

 ふっくらと見せながらも少しあばらを見せた姿形は、1週前撮影時の池江厩舎に多く見られるフォトパドック。ただ、この馬が高いパフォーマンスを示した3歳時の菊花賞と有馬記念は、シャープなラインで研ぎ澄まされていた。

 また臀部(でんぶ)の形だが、ふっくらと丸みがありながらも凝縮していた3歳時に比べると、今回はトモのメリハリが少し物足りない。精神的な面が大きいとは言え、いい頃に比べると馬体面も気になるところはある。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F82秒4-38秒3-11秒4(一杯)。僚馬2頭にきっちりと先着。まだ好調時にはあと一歩との印象も、先週よりも良くなっているのは間違いない。


~~~ネギちゃんワンポイントmemo~~~

今年はG2金鯱賞で始動したが、エンジンのかかりが遅く3着。G1大阪杯も見せ場なく7着と、3歳時の走りが全く見られない。

調教では坂路を取り入れたりやる気UPに四苦八苦。
タイムだけ見れば大阪杯より良く、金鯱賞並。
切れ味が落ちた今、立ち回りの良さと馬場の悪化が好材料になりそう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




エントリーNo.2

【サトノクラウン 評価B】

クラウン


昨年は大阪杯からのローテで宝塚記念を制覇。今回は海外遠征から帰国初戦ということで、やはり状態面が鍵となりそうだ。

 全体的な雰囲気は昨年同様、体が極端に減った印象もなく、いい意味で平行線。ぶ厚い首差しに負けない後肢の迫力は見てはっきり感じ取れ、バランスのいい長方形を保てている。汗をかきやすい時季ということもあって、肌ツヤは最近で1番。疲れはないと判断した。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

 〈1週前追い切り診断〉石橋脩を背に美浦Wで5F65秒4-37秒5-12秒8(一杯)。2頭の間に入れてビシッと追われたが、反応と伸び脚は見劣った。ただ馬体の張りやツヤは悪くなく、この1本でグンと良くなってきそう。直前の追い切りに注目。


~~~ネギちゃんワンポイントmemo~~~


ドバイ・シーマクラシック(7着)から3月初旬に帰国後は疲れが尾を引き、回復に手間取った

2017年の調教後馬体重 498キロ

調教内容
6/8  南W 67.8‐12.6 馬なり
6/15 南W 68.6‐12.5 一杯

2018年の調教後馬体重 491キロ

6/7  南W 70.2-13.5 馬なり
6/14 南W 65.4-12.8 一杯
 
体調は……???

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




エントリーNo.3

【キセキ 評価C】

キセキ


相当にタフな舞台だった菊花賞を勝ったが、その代償は大きかった印象。果敢に香港ヴァーズに挑んだものの、皮膚病なども発症しており、疲れやストレスは残っていたかもしれない。

 年明けの日経賞も折り合いに課題を残す結果に。菊花賞同様にあばらを見せて体脂肪の少ないシルエットだが、腹袋がしっかりとあることが長丁場で必要なスタミナの源か。トモの膨らみや張りも大差はない。

 しかし、個人的には昨秋より力みのある雰囲気と、球節が多少腫れぼったく映り、3本のバンテージがまかれているのが多少気になる。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉M・デムーロを背に栗東CWで6F83秒0-39秒5-12秒4(馬なり)。水曜はスムーズに折り合って軽快な動きを見せたが、2日後の金曜は馬場入り直後から行きたがり、6F84秒1-41秒3-14秒0の時計をマークする形になった。この中間もハミ受けが硬く、抑えが利きづらい印象は残る。


~~~ネギちゃんワンポイントmemo~~~


菊花賞は記録的な極悪馬場でレースは行われ、序盤は後方でスタミナを温存。3コーナー過ぎから徐々に番手を上げると、力強く抜け出してクリンチャー以下を抑え、クラシック最後の冠を戴いた。この重い馬場で激走した反動なのか、続くG1香港ヴァーズは大敗している。
休養を入れ、リフレッシュして出走したG2日経賞だが、今度は道中引っかかって失速し、9着と大きく崩れている。
今回も折り合いは重要となろう。菊花賞の結果から、梅雨時期に不安が無いことは大きい


折り合い難が外枠って駄目なんじゃなかった?
後方待機確定?展開に左右されそう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




エントリーNo.4

【ヴィブロス 評価B】

ヴィブロス


16年の秋華賞勝利時が414キロ。そして今年年明けの中山記念が436キロ。バランスやフォルムに大きな違いはないが、背丈や胴などがワンサイズ大きくなった。

 ドバイターフでの好走や、着順はひと息でも、3歳秋以降は敗れた際も着差が最悪0秒5ということを判断すれば走ることに前向きで内面はタフだ。これは母系特有のものかもしれない。

 ドバイ遠征後のローテーションは昨年に比べると詰まっているが、負荷をかけたケイコで隙のない仕上がり。臀部(でんぶ)がへこんでトモが頼りないが、週末と最終追いで張ってくればいい状態になりそうだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで6F80秒9-36秒3-11秒3(強め)。ラストは圧倒的な切れ味で外の2頭を置き去りにした。ドバイ帰りになるが、馬体の張りは素晴らしく、申し分のない状態で上半期のグランプリに臨めそうだ。


~~~ネギちゃんワンポイントmemo~~~


陣営は海外帰りのダメージ無し・完成期を強調
距離克服が鍵?
実力がわかりづらく、非常に取り捨て選択が難しい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





エントリーNo.5

【パフォーマプロミス 評価A】

パフォーマ

つなぎは短めで立ち気味。あばらをしっかりと見せながらも細化を感じさせない筋肉質の馬体は見栄えがする。目もキリッとしており、今年に入ってからの成長度はハンパない。

 日経新春杯時に藤原英師が「まだまだ完成途上。今年の秋ぐらいが本格化かも」とコメントしていたが、馬体の緩みやキ甲の抜け具合(※1)、目つきや耳などの精神面を踏まえても年明けとは別馬の感覚だ。

 また、トモ高のシルエットで成長の余地は残しているが、今現在の完成度でもG1で戦える見立て。隙のない仕上げで前走以上の状態だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉戸崎圭を背に栗東CWで79秒4-37秒4-11秒7(G一杯)。先行したレオナルド(5歳1600万下)に手応えは劣ったが、時計的には十分に動けており、動きの切れも上々。前走以上の雰囲気にある。

 (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。


~~~ネギちゃんワンポイントmemo~~~

体質が弱く、叩き2走目より鉄砲が良い馬。
今回は体質が改善されて追切で負荷をかけられた
小柄な馬なので初の斤量58キロがどうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




エントリーNo.6

【ストロングタイタン 評価A】

タイタン

筋肉隆々で腹袋のあるフォルムは、いかにもパワー型の米国産らしさを感じさせる。速い脚がないイメージがあり、コーナー4つのコース形態で長く脚を使わせる立ち回りが多かった。

 しかし、前走が内を突いて一瞬で抜け出す芸当。メリハリのある競馬を試みてレコードで鳴尾記念を制したのは、ここに来ての充実ぶりを物語っている。

 また、トモ高のシルエットや飛節の形、立ち気味のつなぎからすれば、一瞬の脚を使わせることは可能だったはずだ。中距離仕様の骨太で筋肉隆々の馬体は肌ツヤも良く、トモのボリュームも満点。状態は文句なしだ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉17日の栗東坂路で4F58秒8-41秒1-12秒3(馬なり)。間隔が詰まっているためしまいだけの内容だが、状態は維持できている。



~~~ネギちゃんワンポイントmemo~~~


全6勝中5勝を6~9月に挙げている“夏馬”だ。
森澤助手「太りやすい体質で(体が)絞れやすいから、(この時期に)結果も出ている思います」
↓↓↓↓
調教後馬体重534キロ前走+14キロ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



戦闘力解説

小回り巧者

道悪巧者の情報ありましたらご教授下さい


【ユニコーンS】ルヴァンスレーヴ圧勝 昨年の2歳ダート王が力見せつける

6/17(日) 15:59配信


666


◆第23回ユニコーンS・G3(6月17日、ダート1600メートル、東京競馬場、重)

 3歳馬によるダート重賞は16頭によって争われ、1番人気のルヴァンスレーヴ(牡、美浦・萩原清厩舎、父シンボリクリスエス、ミルコ・デムーロ騎手)が直線で外から抜け出すと、後続を突き放す完勝。昨年の全日本2歳優駿に続く、重賞2勝目を飾った。

 2着には3番人気のグレートタイム(クリストフ・ルメール騎手)、3着は7番人気のエングローサー(田中勝春騎手)が入った。

 Mデムーロ騎手(ルヴァンスレーヴ=1着)「ずっと手応えがよかった。素晴らしい馬です。東京ダートの1600メートルは一度走ったことがあったので、芝スタートの部分は気にしていなかった。あまりスタートは速くないけど、二の脚が速い。ペースも速くなかったし、いい位置につけられた。直線では馬なりですごく伸びました。勝ちたいという気持ちが大きい馬です」

騎手コメント

------------------------------------------------

ルメール騎手(グレートタイム=2着)「距離は短いかと思ったが、ペースが遅かったので流れに乗れた。力はある」
田中勝騎手(エングローサー=3着)「2着が欲しかったね。勝ち馬は強かったから仕方ない。道中はいい感じだったし、マイルも問題ない」

柴田大騎手(ホウショウナウ=4着)「素直で乗りやすい。前半は一生懸命走っていたが、すぐに息が入った。最後も踏ん張ってくれた」

江田照騎手(セイウンクールガイ=5着)「砂のキックバックを嫌うので、内枠なら行くしかないなと。距離も大丈夫そう」

津村騎手(トキノパイレーツ=6着)「馬群(の中)でかかるくらいの行きっぷり。いつもと違う競馬ができたし、これから楽しみ」

 吉田隼騎手(リョーノテソーロ=7着)「返し馬からフットワークが良かった。もう少し体を起こして走れるようになれば」

 武士沢騎手(コマビショウ=8着)「芝の部分で勢いがつかなかった。もう1、2列前に行きたかったが」

川田騎手(グリム=9着)「(直線では)みんなグチャグチャになっていました。前にスペースがないまま、終わってしまいました」

 太宰騎手(プロスパラスデイズ=10着)「他馬に寄られてイメージより後ろになった。じわじわ伸びてはいるが。能力はある」

 藤田騎手(ミックベンハー=11着)「ゲートは出たが、もの見をして、進んでいきませんでした。思ったより後ろになってしまって。もう少し前で競馬がしたかったです」

 和田騎手(バイラ=14着)「いい流れかと思ったが…。勝ち馬は力が全然違う」

 大野騎手(タイセイアベニール=15着)「うまく先行できたが、最後はいっぱいになった」

 内田騎手(ベストマイウェイ=16着)「落鉄して全然伸びなかった」


+++++ポイント結果+++++

777

7777


~タマネギのレース感想~

自分は予想お休みしたので皆さんの予想結果を楽しみにしてたのですが、くま子さんの渾身の江田照夫予想にシビれました!!!!

根拠と確信を持っての穴予想って格好良いですよね!
結果残念ながら馬券には絡めませんでしだが16人気5着って凄い!!!!!

こんな厳選穴馬のみ購入するのが勝ち組への近道なんでしょうなぁ…。


業務連絡

2018年シーズンも残り 宝塚記念 1レースとなりました。

現在までのポイント集計をして、逆転条件を出してみたのですが


10位のますらをさんを基準にすると

『1位が90pt以下&宝塚で650p』



…っと、かなり厳しい状況ですので

来週は宝塚記念スペシャルと題して

獲得pt 2倍デーとします。


1度 有馬記念でも獲得pt 2倍デーを実施しましたが、なんだかんだそんなにランキング荒れなかったですけどねw

最後までお付き合いの程 よろしくお願い致します。

2018年6月17日(日) | 3回東京6日 | - 発走

第23回ユニコーンステークス(GIII)

ダート・左 1600m

DXqVNJLW4AAMVZf


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2018年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です


あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??


ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件





↓前年のレース予想記事↓



↓前年のレース回顧記事↓



競馬道場予想師17年度好成績者

777

【エプソムC】サトノアーサーが重馬場で差し切って重賞初V!戸崎騎手「終始手応え良かった」

6/10(日) 18:20配信


epu

6月10日の東京11Rで行われた第35回エプソムカップ(3歳以上オープン、GIII、芝1800メートル、別定、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気サトノアーサー(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が差し切り勝ち。待望の重賞初制覇を果たした。タイムは1分47秒4(重)。2着はハクサンルドルフ(4番人気)、3着はグリュイエール(5番人気)だった。

 激しい雨が降る中、スマートオーディンが逃げ、マイネルフロスト、ブラックスピネルなどが続く展開。戸崎騎手が手綱を押さえて6番手につけていたサトノアーサーは、直線で馬場の中ほどから力強く抜け出し、後方から伸びてきたハクサンルドルフに1/2馬身差をつけてトップでゴールを駆け抜けた。道中は中団にいたグリュイエールが、さらに3/4馬身差の3着。3番人気サーブルオールは4着で、1番人気で中団を追走していたダイワキャグニーは14着に終わった。

 サトノアーサーは、父ディープインパクト、母キングスローズ、母の父リダウツチョイスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)サトミホースカンパニー。通算成績は11戦4勝。重賞初勝利。エプソムCは、池江泰寿調教師は2012年トーセンレーヴに次いで2勝目。戸崎圭太騎手は16年ルージュバックに次いで2勝目。

 ◆戸崎圭太騎手「中団につけたいイメージでしたが、思ったよりスタートも良く、前で競馬ができました。終始手応えも良かったです」

騎手コメント

------------------------------------------------

川田将雅騎手(ハクサンルドルフ=2着)「返し馬から、こういう馬場でも大丈夫そうでした。直線は脚をしっかり使ってくれました。精いっぱい、頑張ってくれました」

福永祐一騎手(グリュイエール=3着)「もうちょっと前で競馬をしたかったが、馬場も緩かったせいか、前走ほどの行きっぷりはなかった。左にもたれるぶん、2着を取り損ねた気もするが、長期休養明け2戦目で、よく走ってくれていた」

クリストフ・ルメール騎手(サーブルオール=4着)「このレベル(重賞)での経験があまりない馬。馬場もちょっと大変だった。でもよく頑張ってくれたし、すぐに重賞を勝つことができると思います」

藤岡佑介騎手(エアアンセム=5着)「ダイワキャグニーをマークする形でしたが、向こうが進んでいかなかった。でも脚は使ってくれた。結果論だけど、もう少し前なら際どかったと思う」

 石橋脩騎手(ベルキャニオン=6着)「馬場が悪かったわりに、(ペースが)流れたからね。でも我慢できるようになっているし、前に行ったわりには残れている」

 大野騎手(ゴールドサーベラス=7着)「馬場のいいところを選んで、最後もじりじりと伸びてくれました」

 三浦皇成騎手(バーディーイーグル=8着)「道悪でもペースが流れて、斤量もこの間より3キロ重かったことを考えれば、頑張ってくれたと思う」

 柴田大知騎手(マイネルフロスト=9着)「かなりブランクはありましたが、それでもスムーズな競馬はできたと思います」

 石川裕紀人騎手(ブラックスピネル=10着)「休み明けを叩いて、調子は上向いていると思った。いい位置で運べて、馬場は問題なかったと思うが、伸びきれなかった」

 丹内祐次騎手(マイネルミラノ=11着)「出ムチを入れても行けなかった。斤量も厳しかったですね」

 武豊騎手(スマートオーディン=12着)「イレ込みは以前よりましだったが、レースの途中からかなり気負って走っていた」

 柴田善臣騎手(トーセンマタコイヤ=13着)「ノメっていたね。走りづらいから、余計な力が入っていた。そのぶん、直線で脚が使えなかった」

菊沢隆徳調教師(ダイワキャグニー=14着)「走りづらそうにしていた。手応えがよければ、(直線で)外にも出せたんだろうけどね」

  北村宏司騎手(アデイインザライフ=15着)「もう少し来てもいいと思うけど、(最後は)逆に離されたからね。馬場もこなすと思っていたけど…」

 勝浦正樹騎手(シャイニープリンス=16着)「こういう馬場はあまりよくない。こんなに負けないと思うんですけど」


+++++ポイント結果+++++

222

2222


~タマネギのレース感想~

かなり馬場が悪くなる との事だったので道悪に強そうなアドムーン産駒のハクサンルドルフを直前で追加投入したのは良かったけど、同じ理由でアーサーがハジキ出されたのでノーHITでフィニッシュです戸崎何してくれとんのじゃあぁぁぁぁ

1番人気が14着凡走で皆が軒並みポイント下げる中、レコ神の◎が光ってますね


↑このページのトップヘ