下町ドウジョー

どのような競技なのかも正確には知らない『競馬』の、ブログ製作を、成り行きと勢いで引き受けてしまった下町の小さな町工場の2代目(タマネギ)と、好奇心程度の軽い気持ちでそれに参加した予想家たち。そんなメンバーが、競馬予想で東京オリンピック出場を、職人の意地と誇り=モノづくりの心に火をつけられ、「下町ドウジョー」と名付けられたプロジェクトとして、それぞれの持つ技術を結集して競馬予想に挑戦するドラマである。

2018年04月

【皐月賞】オルフェ産駒エポカドーロが父子制覇でまず1冠奪取!

4/15(日) 15:47配信


Da1jehXUwAA8ndg

写真Horse Memorys 様

4月15日の中山11Rで行われた第78回皐月賞(3歳オープン、定量、GI、芝2000メートル、16頭立て、1着賞金=1億1000万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の7番人気エポカドーロ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)が道中は離れた4番手を追走から、直線で満を持して追い出されると弾けるように伸びて抜け出し快勝。重賞初制覇をGIで飾った。タイムは2分0秒8(稍重)。

2着に勝ち馬と同じように伸びてきた9番人気のサンリヴァル、3着には前々の競馬から粘り込んだ8番人気のジェネラーレウーノが入った。

 父オルフェーヴルを彷彿とさせる勝ちっぷりで1冠目を奪取し、同じような軌道でスター街道を歩み始めた。

 皐月賞を勝ったエポカドーロは、父オルフェーヴル、母ダイワパッション、母の父フオーティナイナーという血統。田上徹氏の生産馬で、馬主は(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン。通算成績は5戦3勝。重賞は初勝利。


騎手コメント

------------------------------------------------

戸崎騎手(エポカドーロ=1着)「とてもうれしい。(逃げの脚質を)主張する馬がいたので、その後ろのポジションで行ければと。馬も落ち着いて追っていたし、競馬が上手。道中の手応えはよかった」と評価。2400メートルに距離が伸びるダービーに向けては「(今回)距離を心配していたが、強い競馬をしてくれて問題ないと期待している」と語った。

藤岡佑騎手(サンリヴァル=2着)「思い描いていた競馬はできた。根性があるから勝負どころで勝ち馬に並びかけられればよかったがスッと離されたね。その後も内にもたれた。立て直してからはしっかり伸びているけど、勝ち馬も最後は流している。強いね」

田辺騎手(ジェネラーレウーノ=3着)「挟まれる形じゃなければ、下げてもよかったけど。気分良く行かせようと。最後までしぶとく頑張っている」

ルメール騎手(ステルヴィオ=4着)「前の3頭以外はペースが速くなかったが、スタートして行き脚がつかず、あの位置になってしまった。直線ではいい反応で頑張ってくれたけど、勝ち馬も止まらなかった」

Mデムーロ騎手(キタノコマンドール=5着)「変な競馬になった。外々を回される形になって…」

池江泰寿調教師「きょうが3戦目ということを考えればたいしたもの。きょうは芝丈も長かったし、パンパンの馬場でもなかったからね。勝ち馬は実質的に逃げていたようなものだし、ほぼ最後方からあそこまで詰め寄っている。ハナ差でも(ダービーに出られる)5着は大きい。余裕残しの仕上げだったし、見通しが明るくなった」

岩田騎手(グレイル=6着)「スタートのタイミングが合わなかった。最後の直線は伸びている」

福永騎手(ワグネリアン=7着)「前走より落ち着いていて、いい雰囲気。ポジションも打ち合わせ通りだった。ただ3角で仕掛けても加速がなく、いつもの脚が使えなかった」

国分恭騎手(アイトーン=8着)「スタートして下げても仕方がない馬なので、自分の競馬をした。まだ気持ちが幼いから、これから成長してくれれば」

 武豊騎手(ジャンダルム=9着)「スタートが痛恨。先行したかったけどね。こういう馬場も上手ではない」







 内田騎手(タイムフライヤー=10着)「行きすぎず、下げすぎず。馬場のいいところを運べたんだけど…」

 浜中騎手(ケイティクレバー=11着)「行かない形の競馬も身に付けられそう。これからの馬」

 北村宏騎手(オウケンムーン=12着)「立ち遅れ気味のスタート。内を縫った方がチャンスはあると思った。脚を使わず前に取り付けたけど、最後は余力がなかった」

 柴田大騎手(マイネルファンロン=13着)「すごくいい感じでスムーズに競馬ができた。まだここに入るときついのかも」

 大野騎手(ジュンヴァルロ=15着)「一息で走っている感じ。距離を詰めた方がいいかも」

 柴田善騎手(スリーヘリオス=16着)「距離が長いかな」


-------------------------------------------------

競馬をやって何が悪い。~予想は敗因分析から~』より


2:00.8 59.2-61.6 H^2
12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2

これは離れたアイトーンら前3頭のペースで、実質的にエポカドーロ、サンリヴァルの位置で考えていくと、1000通過が目視推定で恐らく61秒ぐらい。ちなみに勝ち馬のエポカドーロの上がり3Fで逆算すれば、離れた4番手にいたエポカドーロの1400通過タイムが1:25.7となるので、大体だが61(FA12.2)-24.7(FA12.35)ぐらいの感じで進めて、そこからの3F35.1(FA11.7)。こうしてみると、実は1400まで割と淀みなく適度なスローからの3F戦なんじゃないか、というのも強ち間違ってないのかなと。実質は61-59.8という感じで遅すぎない感じ、意外と後ろは出し切れていない可能性が高いし、4角でペースが上がった中で大外を回しすぎた馬には苦しくなったかもしれない。

1着07エポカドーロ(戸崎)

まずまずのスタートから様子を見るような感じで、内からゴリゴリに押してくるアイトーンを行かせて様子を見る、最終的にはジェネラーレウーノ辺りがいったので控えて離れた4番手で進めていく。道中も楽に折り合ってペースをコントロールし離れた4番手で実質的にペースを作りややスロー、3角でも後続の動きがないので仕掛けを待ちながら、4角で徐々に加速して馬場のいい外に誘導し、嘘路の馬にさらに外を回させて直線。序盤で4番手、5馬身差から一気に詰めて2馬身差ほど。L1でしぶとく伸びて突き抜けた。

戸崎ホントありがとうやで。まあ特に奇策なく普通に乗ったし馬の力をしっかりと引き出してくれたのはありがたい。正直メンタル的にかなり際どいところの勝負で、やっぱ桜花賞で本命にして出遅れて(まあ出遅れのリスク自体ある馬だったのは確かだが)戸崎との相性がどうしてもよくないから、馬自体は雨で自信があってもなかなか本命にしようかどうか踏ん切りがつかなかった。サンリヴァルも外枠だったしかなり悩んでこちらを本命にしたんだが、戸崎というので嫌ってたら多分相当へこんだと思う。自分にとっては春シーズンの分岐点になった一戦だったかな。まあ3着拾えてないから完璧ではないけど予想の質的には満足していいはず。この馬のいいところはやっぱりペースの適性の幅が非常に広い。スローでもこうやって動き出しを待って4角でしっかりと加速して出し抜ける。同タイプのサンリヴァルに目標にされてどの地点でも優位性を与えていないので総合的に一枚上、この馬場なら完全上位互換と言っていい存在だったと思う。この馬はあすなろ賞でもペースに緩急をつけて後半も底をみせないポテンシャル、速いラップを踏まなければ強いとは思っていたがそれにしても誰も寄せ付けなかったんだから完勝といっていいでしょうと。もちろん恵まれた面はある。さっきのワグネリアンの敗因分析と逆のことがいえて、あの位置をとったからこそ3~4角で一番いい馬場を選択しながら、かつ最小限のロスで進められた。それによって後続に4角で脚を使わせることができた、それが最後まで踏ん張れたことにもつながると思う。馬としてはやっぱり基礎スピードを高いレベルで持っていて、ポテンシャルも高いレベルで持っている、ペースコントロールも上手いので2000からさらに長い距離になってもやれると思うけど、瞬間的なトップスピード面にはまだ疑問が多い。ダービーではそういったところを意識して強気のレースメイクができるかどうかやね。皐月賞はその点では恵まれたと思うし馬場も渋ったので進めやすかったと思う。

2着14サンリヴァル(藤岡佑)

五分のスタートから馬なりでじわっと取り付いてまずは様子を見ていく。前3頭が引き離していくのを見てエポカドーロを見ながら離れた3列目で進めていく。3~4角でエポカドーロの外から追走もエポカが馬場のいい外をとるのでその外に誘導しながら直線。序盤でそこからエポカドーロに置かれてしまうがそれでも他と比べれば伸びてくる。L1でもしぶとく踏ん張っての2着だった。

初めて要所で見劣ったかなという感じ。まあそれはエポカドーロをほめるべきで、この馬でもL2の地点ではしっかりと反応できたし、L1も寄せ付けなかった。要所の加速が得意な馬だったので実質ややスローと遅すぎない流れで支配してエポカドーロと同じような競馬ができたのが最大の好走要因だと思う。本来強い馬だとは思っていたし、ホープフルSではハイペースで前に行って中弛みが顕著過ぎてしんどかったし、ホープフル組の中ではかなり評価していた一頭。弥生賞でもスローで前で残れなかったというが、あまりにも単騎になったことで引き付けすぎて後ろは勢いをつけて直線に入ってきてのヨーイドンでそれでもL2の最速地点ではダノンに見劣ったものの悪くなかった。今回は力の要る馬場でトップスピードが問われなかったのでそういう競馬ではエポカドーロに完敗を喫したけど、軽い高速馬場のダービーなら結構面白い、逆転のチャンスは十分あると思う。この馬は総合力が非常に高く、基礎スピード、ペースダウンが得意、ギアチェンジも得意でトップスピードの質も高い、持続力がちょっと甘い。今回のようにポテンシャル戦もやれた。この馬がこの世代の評価の軸にはなると思うね。この馬に対して素材で圧倒できた馬が世代の中心に入ってくると思う。これまでも強い競馬をしてきて、弥生賞組からダノン以外とは逆転のチャンスはあると思っていたし、ダービーでも同様で、枠次第では重い印を打ってもいいと思う一頭かな。今回はスロー自体が良かったかはともかく、終始淡々とスローで中弛みで取り付かれるとかそういう無駄のない競馬になったからシンプルに力が出たという感じはする。ここ2走は個人的には物理的なロスが多かったと思うしね。

3着10ジェネラーレウーノ(戸崎)

まずまずのスタートから押して先行策、様子を見ながら先行して最終的には4番低下を離して進めていく。道中もアイトーンを見ながら番手で進めて後続を引き離して3角。3角で手が動いて必死に追走、4角で鞭が入ってアイトーンの外から追走して2番手で直線。序盤で交わして一旦先頭に立つが、L1で一気にエポカドーロ、サンリヴァルに交わされ、最後は首の皮一枚残して3着を死守した。

う~ん…まあ馬券的にエポカドーロ、サンリヴァルが予想の軸という中で前が残るっていう選択はなかなかとりにくい。ただハイペース適性が高かった中で選択としては理想的だったかもしれない。京成杯でも厳しい流れで先行してしぶとかったし、今回はおそらく4着以下は脚を余す形になったとは思うんだが、この馬としては出し切る形で最後はお釣りなく何とか残せたという感じではあると思う。もうちょっとエポカドーロやサンリヴァルが動くのが早ければ危うかったとは思うので、その点ではまあ少しはまった面もあるのかなと。ただ追い切りがいまいちだと思っていたのでその点で狙いづらかったかなあ。まあ個人的には上位の中で評価は一番下になる。ダービーではトップスピード面を問われるのも課題になるし、基礎スピードでハイペースまで持ち込んで粘り切るというのは東京2400では難しい。総合力という観点で見てエポカドーロやサンリヴァルには見劣るのがなあ。

4着15ステルヴィオ(ルメール)

やや出負けして前半はある程度促していたが無理はせずに後方外で進めていく。道中もワグネリアンをマークするような位置で進めながら3角でも我慢。3~4角でも前がそこまで動かない、我慢の展開で4角でエポカドーロが徐々に仕掛けてここで後方の中目のスペースを詰めながらロスを少なくうまくワグネリアンの前に出て直線進路確保。序盤でそこから追い出されてじりじりと伸びてくる。L1でも差を詰め切りたかったがなかなか決定的には伸びきれず、ばてたジェネラーレウーノには肉薄も届かなかった。

う~ん…やっぱり時計的に掛かった中でとなると難しかったのか。雨で渋ったのが多少影響したかもしれんね。流れとしては3~4角で我慢する展開、4角でペースが上がっていく中で前にスペースを作れていてそこを押し上げながら流れるように外に出してとここでの立ち回りは流石ルメールというところを見せたし、これならエンジンのかかりが微妙なこの馬でも直線までの入り方としては良かったと思う。ロスも少なく外に持っていけた感じ。結構悪くない競馬だったと思うんだが、それでも伸びきれなかったのは多分ポテンシャル戦でトップスピードを問われなかったことかなと。コスモス賞が勝ったとはいえ物足りなかったし、あの時ほど悪い馬場ではなかったと思うがそれでも適性的にみると軽い馬場の方がいいだろうね。個人的にはダービーである程度狙って良い馬だと思っているので、ここでこういう負け方をしてくれた方がいいかな。トップスピード戦ならもうちょっとやれていいと思う。

5着05キタノコマンドール(M.デムーロ)

5番枠からまずまずのスタートを切っていたが少し接触があって嫌って下げるような感じで中団で進めていく。向こう正面では後方に下げる形でステルヴィオの外から最後方近くで3角に入っていく。3~4角でもまだ仕掛けの意識を持てずに後方外から、4角でペースが上がったところでワグネリアンの外から勝負する羽目になる。序盤でうまく立ち回ったステルヴィオに前に出られるが、L1までしぶとく脚を使ってきて最後は3着争い際どいところでの一角はキープしての5着。

ん~…まあやっぱテン乗りだとどうしても馬自身に信頼を置けないからあの展開で動けなかったかな、ミルコもという感じ。正直良い騎乗ではなかった。結果的にみてもそうだが離れたエポカドーロの位置でそこまで速くはないだろうとは思っていたし(割と凝縮していたからね)そこで向こう正面で判断できなかったということからもミルコとしては動くきっかけを作れなかった。3~4角で前が馬場のいいところをとっていけば外々になってしまうし。ミルコってその辺の意識をうまく持ってくれると期待していたんだけど、今年に関してはそこのバランスのとり方があまりよくないかも。道中の位置取りから動きの意識全てにおいてよくなかった。馬に関しては一番ロスの多いところを通して正攻法で進めるしかない中で最後まで脚を使ってきたのは大きいし、何よりポテンシャル戦で長く脚を使ってきたのはダービーに向けては大きい材料。おそらくある程度トップスピードを問われたほうがいいだろうからね。長く脚を使いながらもう一段のギア、というタイプになると思うから皐月賞でこれだけやれたら個人的には話題先行の馬、というだけでは済まされないかな。オウケンムーンとかダービーで面白そうな馬も多いから今の段階で決めるのは難しいけどね。

7着ワグネリアンは別枠にて

9着03ジャンダルム(武豊)

出負けして後方からの競馬となるが、進路を外目に誘導して何とか下げすぎないで中団ぐらいでは進めていく。道中もタイムフライヤーの後ろを意識するような感じで3角に入っていく。3~4角ではタイムフライヤーの後ろから4角でその地を選択し、ギャンブル気味に馬場の悪い方をとる。序盤でそこからうまく馬場のいい外を狙って追い出されると一瞬いい脚を使うがサンリヴァルらのほうがいい。L1で甘くなって完敗となった。

結局は位置取りの差が響いていると思う。サンリヴァルとの比較でみたときにもホープフルSでは4角の段階で取り付けたがこれは前が一気に落としたことで取り付けたもの。しかし、今回は実質ペースでみるとエポカドーロやサンリヴァルは淡々とスローだったし、その中で3角でかなり差があった。もちろん豊も外から動いて同行という馬でないことはわかっていたと思うのでギャンブル覚悟で馬場の悪い内目を立ち回ってコーナーワークで我慢しつつ直線入りで脚を使ったと。ただホープフルSと違うのはサンリヴァルは理想的にゆったり入って直線までに余力をたっぷり残していた。そこの差が直線入りでも出ていたし、L1ではどうしても3~4角で馬場の悪いところを押し上げてきていた分甘くなってしまったかなと。最序盤出負けした段階でこういうタイプの馬ではリカバーが難しい。それでも出負けしたらしたで、どこかで取り返したいという工夫は感じたしこのあたりは武豊らしいというところ。出負けを除けば悪くなかったと思う。馬はやっぱりギアチェンジが最大の武器だから前受けできないとこうなっちゃうかな。

10着01タイムフライヤー(内田博)

好発を切ってそこから様子を見ながら控えて中団の内内で進めていく。道中もそこから折り合わせて中団馬群の中目で進めていく。道中も中団馬群の中で悪くないポジションで3角。3~4角でも中団馬群の中目からエポカドーロを意識できるような位置で入っていたが4角出口で置かれて直線。序盤でそのままじりじりと伸びずばてず。良いところなくの10着完敗だった。

ん~まあ正直ホープフルSの場合は前がペースを引き上げて、3~4角で一気にペースダウンしたところで一番後ろにいたから思い切って押し上げられた。今回は実質スローから4角でペースを引き上げていく前の流れに対してこちらはスローで馬群の中から動けなかったという感じ。まあそれだけでなくやっぱりホープフルSは嵌った可能性が極めて高いし、ラップ推移的にもそう思う。若葉Sの段階で足りなかったとシビアに判断しないといけないかな。もちろんかなり評価は落としたけど、この3着ヒモをジェネラーレウーノに打てていたら(打てたかどうかは別だが)違ったわけで。まあ仕方ないけどステルヴィオを外すことはできない以上こちらを切るべきだったとは思う。

12着09オウケンムーン(北村宏)

出負けして後方からの競馬となってしまい、そこから後方内の方に入って我慢の展開に。向こう正面でも少しずつ内から上げていってタイムフライヤーの後ろぐらいから中団馬群の中まで押し上げていく。3~4角でも最内のスペースが空いたので馬場の悪い中でギャンブル的に押し上げて直線。序盤でそこから内を突くがやはり伸びが甘くなる。最後まで良い脚を使えないまま完敗だった。

まあああなった以上内を突くという選択はありだと思う。結果として内の馬場が悪く4番手以降の各馬は余力があった中で馬場のいいところを通せた馬が上位に来たと思うし、苦しい競馬だったかな。ただ、それだけならアイトーンが内内で粘っているからね。それだけではなく雨が降ったことでトップスピード勝負にならなかったというのも影響している可能性が高い。共同通信杯は牝馬限定とはいえ初音Sと同レベル、準OPクラスと互角だったのでこのメンバー構成で地力だけなら通用していいはず。それがここまで甘くなった、内を通したアイトーンを差せなかったのならばシンプルに馬場適性、ポテンシャル面に課題があったのかもしれないと。ダービーで楽しみな一頭だけど、ちょっと不安がある負け方にはなったかな。内の馬場が悪かったにせよ内を立ち回ったアイトーンを差せなかったとなると悲観的にならざるを得ない。



-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

444

4444


~タマネギのレース感想~

水上さん

お見事!!!!

しかしコメント欄で悔しがってたから馬券は残念だったのかな…


押し売りさん

おぉ!流石我がライバル。

集計してるから気づくけど予想印がカブる時が多い印象。

馬券Get出来たのか気になります。





戸崎騎手ってクラシック初制覇なんですね!意外~~~

777

この鼻にブリーズライト?してるのが気になったからGoogleで検索したんですけど…











888

検索結果が予想外すぎて笑いましたwww






P.S

よしずみ競馬 2周年!!

毎度ながら面白すぎる回顧記事はまさに必見!!!

横浜が調子良いと筆のノリも違いますねwww


よしずみの競馬にハマる!?

2018年4月15日(日) | 3回中山8日 | - 発走

第78回皐月賞(GI)

芝・右 2000m




予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2018年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です


あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??


ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解

中山競馬場 芝2000m

中山競馬場

コース攻略検証・見解

牡馬クラシック第1弾・皐月賞が行われるコース。1800mのスタート地点から200m下がったところがゲートとなり、1コーナーまでの距離は405m。最初のコーナーまでの距離が十分あり、テンの2F目に激しい先行争いが起きる傾向。ただし、1コーナーを過ぎると落ち着くため、ペースはさほど速くはならない。

脚質的には先行馬が強く、更に後半は長くいい脚が求められる。ゴール前の急坂を2度超えるため、タフさも要求される。また、マクリがハマり易いのも特色であるように、騎手の腕一つで結果を左右することも少なくはない。母数は少ないのだが、マクリで結果を残している代表例は戸崎圭太騎手だ。

外枠が幾分有利で、秋の9月開催は野芝がメインで時計が速くなる。この開催に関してはタフさに加え、持ち時計にも注意を払いたい。近年は馬場整備の向上もあってか、枠の有利不利は少なくなってきている。


中山芝2000m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
ディープインパクト34-21-25-14415.2%
106
35.7%
78
ステイゴールド19-19-28-1957.3%
68
25.3%
78
ハーツクライ17-16-22-1349.0%
76
29.1%
111
キングカメハメハ17-15-19-10710.8%
52
32.3%
67
ハービンジャー14-12-7-9610.9%
56
25.6%
52
ゼンノロブロイ13-9-9-8810.9%
80
26.1%
106
シンボリクリスエス11-7-6-919.6%
82
20.9%
99
メイショウサムソン8-7-6-4711.8%
65
30.9%
74
マンハッタンカフェ6-9-4-786.2%
33
19.6%
54
ヴィクトワールピサ6-2-1-3812.8%
51
19.1%
30

中山芝2000m|騎手別成績

騎手着度数勝率
単回値
複勝率
複回値
戸崎圭太23-20-15-10014.6%
53
36.7%
64
田辺裕信19-21-14-8913.3%
83
37.8%
94
内田博幸16-10-8-9812.1%
88
25.8%
59
蛯名正義15-11-12-10310.6%
58
27.0%
61
吉田豊14-6-3-9212.2%
87
20.0%
65
ルメール12-6-5-1432.4%
150
62.2%
97
柴山雄一11-7-9-6711.7%
186
28.7%
100
北村宏司8-10-19-906.3%
50
29.1%
91
田中勝春8-7-9-738.2%
67
24.7%
105
三浦皇成8-6-9-877.3%
47
20.9%
49

※検索期間:2013.1.1~2017.12.31

中山芝2000m|予想ポイント

  1. かなり堅く決まりやすいコース
  2. 脚質の有利差無し
  3. 枠順の有利差無し
  4. ディープインパクト、キングカメハメハ、メイショウサムソン
  5. ルメール、柴山雄一、戸崎圭太、田辺裕信

脚質の有利差がほぼ皆無なコース。

枠順での有利差は殆ど無い。

種牡馬は、リーディングのディープインパクトが好成績。高い好走率を誇ります。その他では、キングカメハメハ・メイショウサムソンの好走率が高め。

騎手は、好走率の高いルメール、回収率の高い柴山雄一に注目。また、戸崎圭太・田辺裕信も好成績を残しています。


買いの法則

川田将雅
騎手
関東遠征が少ないわけではないが、来ても余計に乗鞍を稼がない印象で狙いづらいのも確か。しかし、その成績は【4.3.2.7】と高いアベレージを誇り、重賞の舞台での活躍も目立つ。
奥村武
厩舎
若手厩舎ながら【6.5.0.13】で連対率は45.8%。特定の馬が残した成績でないことも好感だ。今後の伸びしろにも注目。
池江泰寿
厩舎
重賞で【6.2.1.4】の成績は驚異的。皐月賞でも【1.2.1.3】だから、恐れ入る。
ドリームジャーニー
産駒
これは中山芝なら、オールマイティーに注目してもらいたい存在。【3.2.3.11】で連対率45.5%、複勝率は約70%。惜しむらくはその産駒の少なさ。得意条件がハッキリしている血統だけに、もっと数が増えて欲しいものだが……。
バゴ
産駒
こちらも最近では、やや陰りがみられるが、このコースに関しては別。【3.4.4.6】で複勝率は64.7%。

消しの法則

横山典弘
騎手
なんと期間内では未勝利、複勝率も13.2%で回収値は32%。
ネオユニヴァース
産駒
父も実績のある舞台で好相性のイメージがあるかもしれないが、実際は【2-2-1-57】勝率3.2%、複勝率8.1%とふるわない。



↓前年のレース予想記事↓



↓前年のレース回顧記事↓



競馬道場予想師17年度好成績者

111

888

設定を忘れた方の為にもう1度ブログ概要説明




どのような競技なのかも正確には知らない『競馬』の、ブログ製作を、成り行きと勢いで引き受けてしまった下町の小さな町工場の2代目(タマネギ)と、好奇心程度の軽い気持ちでそれに参加した予想家たち。そんなメンバーが、競馬予想で東京オリンピック出場を、職人の意地と誇り=モノづくりの心に火をつけられ、「下町ドウジョー」と名付けられたプロジェクトとして、それぞれの持つ技術を結集して競馬予想に挑戦するドラマである。









タマネギ「オリンピックに出たいかーー!!!!?」



みんな「うおぉーーーーーー!!!!!!!!」




宝塚記念までの集計で上位3位以内の参加者が日本代表としてオリンピック出場です。











それでは現在のポイント状況を発表!!

テッテテ~~♪




・参加者全体

参加者名回数合計平均オッズ単勝勝負
大多141498107.0 213.1 -6690
綾恵141711122.2 305.5 2550
山田14119085.0 194.9 -8510
たま141674119.5 313.6 3360
タマネギ101091109.1 130.6 -6940
まさ★13123995.3 188.8 -7120
レコ13896.168.9 206.1 -5390
みくる131643126.4 223.0 -3700
よしずみ13116689.7 156.3 -10370
水上14132594.7 235.2 -4480
ぴん14108177.2 140.5 -13950
ますらを14121486.7 234.1 -4590
くま子14129992.8 208.9 -7110
ダスト14952.568.0 157.5 -12250
567720.4102.9 100.4 -3960
あいりす12991.482.6 156.4-8360
押し売り101095109.5 139.8-6020
パイナツ4256.364.1 21.3-5870
馬に感謝10904.990.5 179.9-2010
スー☆12020.0 0-2000





『単勝勝負』について皆さんもう忘れてるでしょうからおさらいしますと…

オッズポイントを活用した超簡易版回収率目安です



↓↓詳細説明↓↓

オッズポイントは1着馬の実際の最終オッズを参考に↓の倍率を乗算したポイントです。

◎ 10倍
○ 5倍
▲ 3倍
△ 1倍
× 1倍


つまり……


◎ 1000円
○ 500円
▲ 300円
△ 100円
× 100円

で単勝馬券を購入したケースの 仮想収支 を出せるんです!!







まぁ、見ての通りガバガバですので深く考えずに

「黒字のヤツ超ヤベェ!!!!」

ぐらいのイメージで見てもらえれば(笑)









最近のExcelはグラフ作成が簡単なので上位者には紹介がてらグラフ作成します!!



MVP表彰(ランキング上位3名)

参加者名平均順位
  
みくる126.4 1 位
綾恵122.2 2 位
たま119.5 3 位


mikuru




mie


tama



どのくらいのペースでランキング発表出来るかわかりませんが、これで参加意欲 爆あげだね




【桜花賞】アーモンドアイがレコード勝ちでGI初制覇

4/8(日) 16:14配信


111111



◆第78回桜花賞・G1(8日・芝1600メートル、阪神競馬場、良)

 牝馬クラシック第1弾は17頭(アマルフィコースト出走取り消し)で争われ、2番人気のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎、クリストフ・ルメール騎手)が直線一気の差し切り勝ち。勝ち時計の1分33秒1は、同厩舎のアパパネが勝った10年の1分33秒3を0秒2更新するレースレコード。新種牡馬のロードカナロア産駒がクラシック初制覇を果たした。ルメール騎手は牝馬G1完全制覇。直線で先に抜け出した1番人気のラッキーライラック(石橋脩騎手)は2着に敗れた。3着には3番人気のリリーノーブル(川田将雅騎手)が続いた。


ルメール騎手(アーモンドアイ=1着)「アーモンドアイはチャンピオンホース。今日は素晴らしかった。直線で一人だったね。自分で走りました。僕は何もしなかった。彼女のポテンシャルはすごく高いです。(ラッキーライラックを意識したかについて)直線で何も見てない。真っすぐ行きたかった。反応が素晴らしかった。すぐに勝つことができたと思った。(ストロングポイントは)跳びが大きいですね。最後は長い脚で加速を上げていって、とても速いです。もちろん次走が楽しみです。トリプルクラウンを考えることができると思います。また大きなレースを勝つことができると思います」


騎手コメント

------------------------------------------------


石橋騎手(ラッキーライラック=2着)「よく頑張ってくれました。ごちゃつくことだけを避けたかったのであの位置から。内枠でしたが上手に走ってくれましたし、イメージ通り。満を持して追い出しましたが、一瞬にかわされてしまいました。勝ち馬が強かったです」

川田騎手(リリーノーブル=3着)「すごくいい状態に作ってもらいました。ラッキーライラックとの差は縮まりましたが、もう1頭、前に強い馬がいましたね。でも、いい内容だったと思います」

柴田善騎手(トーセンブレス=4着)「気持ちのセーブができるようになって、今までで一番いい雰囲気で一番いいレースができた。あとは体(の成長)だね」

武豊騎手(マウレア=5着)「この枠では内に入れなかった。ラストまでしっかり走ってくれているけど、外、外を回る形で勝ち切るのは…。オークスで巻き返したいですね」

北村友騎手(リバティハイツ=6着)「イメージした通りにレースができましたし、最後までしっかり走ってくれました。上位馬が強かったです」

松山騎手(レッドサクヤ=7着)「スタートよく、ラッキーライラックを見る形で運べました。直線も頑張ってくれましたが、最後は苦しくなってしまいました」

岩田騎手(スカーレットカラー=8着)「ゲートを出てくれて流れに乗れた。最後までじわじわと脚を使っていますし、この馬のレースはできたと思います」

秋山騎手(ツヅミモン=9着)「イメージ通りの競馬はできました。まだキャリアは浅いですし、これからどんどんよくなりそうです」

戸崎騎手(プリモシーン=10着)「返し馬まではよかったんですが、待機所でテンションが高くなってしまって…。その影響か、ゲートを出てくれませんでした」

FFFFFFF


藤岡康騎手(アンコールプリュ=11着)「直線でうながしたときには余裕がありませんでした」

福永騎手(フィニフティ=12着)「もうちょっとやれると思ったけどねえ。スタートを出していったのにあそこが精いっぱい。もうちょっとパワーアップしてほしいけど、距離が延びるのはいいからね」

池添騎手(デルニエオール=13着)「折り合いを意識しすぎて位置取りが後ろになりすぎた感じです。じりじりとは伸びてくれているんですが」

大野騎手(ハーレムライン=14着)「リズムよく運べましたが、直線では苦しくなってしまいました」


Mデムーロ騎手(レッドレグナント=15着)「折り合いはついていたのに伸びなかった。距離が長いのかもしれない」

和田騎手(コーディエライト=16着)「ハナに行くとリラックスして走ってくれた」

藤岡佑騎手(アンヴァル=17着)「2走目で状態はよくなっていました。距離適性ですね」


-------------------------------------------------

競馬をやって何が悪い。~予想は敗因分析から~』より


1:33.1 46.6-46.5 M
12.3 – 10.7 – 11.5 – 12.1 – 12.1 – 11.5 – 11.3 – 11.6

正直外回りの馬場が読めない。ただ500万下のバティスティーニ戦が1:33.9、これがハイペースなので何ともだが土曜よりは軽くなっていたと思うし、高速馬場に近いところに来ていたのかな。内外周りで違うかもしれんが。その中で、展開的には中弛みの展開といっていいと思う。前半の3Fが34.5とかなり速い入りだが、1000通過まで行くと58.7と平均ぐらいに落ち着く(1000FA11.74レース全体FA11.64)。この展開は端的に言えば後ろから中弛みで無理せず詰めていけた馬が有利で、NZTほど顕著ではないけど後ろの馬のほうが有利だったと思う。L3で11.5、L2の直線前半が最速11.3だからね。なので最後に結論を言うとアーモンドアイも強かったけど一番強かったのはラッキーライラックだと思っている。オークス本命は決まったかも、という感じ。

1着13アーモンドアイ(ルメール)

やはり出負けしてしまって後方からの競馬となる。道中も後方外々で進めながらだが前がかなり速い流れ、無理せず3角まで動かない。3画辺りから少しペースが落ちてきたのでここで外からじわっと進出を意識。4角で外々を回して勢いをつけながら直線で大外。序盤でそこからフルスロットル、一気に伸びて2列目。L1で抜け出したラッキーライラックの外から鮮やかに差し切っての完勝だった。

ん~強かった。個人的にマイルは短いとは思っていたんだけどね。前半前がかなり速かった、ここで確かについていけなかった。ただ3~4角で明確に息が入ったことでここで外からじわっと取り付けたし4角出口からしっかりと仕掛ける意識を持って直線に入れたので直線序盤で脚を爆発させることができた。ただシンザン記念と違って、さすがに緩んだといってもかなり基礎スピードを問われているのは間違いないわけで、これをクリアできていたなら本質的にマイルでも戦えるだけの地力があったということだと思う。ただオークスだとやっぱり乗り方に工夫がいると思う。距離自体はマイルでやれちゃったけど長い方がいいとは思っていて、問題はゲートの拙さ。ここでもプリモシーンのほうが派手に出遅れたから目立たなかったけど後方2番手にならざるを得ない競馬だったわけで、機動力が問われるオークスで後方からでは何とも…というのはあるかな。どちらかというと勢いをつけていきたいタイプだと思うので、その点も踏まえて向こう正面でダービーのレイデオロみたいな感じの競馬を要求されるかもしれない。そういった弱点はあるが素材としては本物だったということでしょう。ただ、個人的にはこの桜花賞ではラッキーがかなり苦しい競馬になったので、まだ勝負付けは済んでないと思う。それでも一頭だけ33秒台、それも33.2と圧倒的だったからね。今日はうまくかみ合っただけでなく力もトップレベルだったということを証明できた一戦かな。

2着01ラッキーライラック(石橋脩)

好発を切ってそこから押して先行、まずは外の各馬を行かせて2列目のポケットで進めていく。さすがにマークがきつく少し窮屈になってそこで前半少し行きたがるかな?というのもあったが徐々に落ち着いて前にスペースを保つ。ただ前半3Fがハイペースの流れに2列目で乗ってしまう。3~4角では今度は前がコントロールしてきてここで仕掛けを待たされる形で直線。序盤ですっと外に出して追い出されて堂々と先頭に立つが、L1で強烈に伸びてきたアーモンドアイの勢いには抵抗できずの2着完敗だった。

強い負け方だったと思う。こういうラップの偏差の大きい競馬になった時に言えるのは、この偏差の大きいところでいかに脚を残す入り方をするか。この馬の場合は入りの34.5に近い入り方をして、中盤の12.2-12.2でペースを結構落とす形になった。もちろん息を入れないとしんどい競馬なのでこれ自体は仕方がないんだけど、やっぱりフラットに平均ペースってのと違ってこうやって前中盤での波が大きいと後ろとしては取り付けるのが大きい。それでも窮屈になってやや掛かり気味が前半3F地点、そこから息を入れて直線L2でしっかりと良い脚を使って抜け出してきた。総合力の高さをかなり見せてきたと思う。オークスはどちらかというとそういった面が問われやすいレースなので、対アーモンドアイで考えたときに適度なスローで2~3列目の内から我慢しながら直線ですっと加速、という点で出し抜ければ逆転可能な範囲だと思う。大味なTS持続タイプが一番苦戦しやすいのがオークスだからね。しっかりと前目でレースを支配して適度なスローに持ち込めれば。負けたけどこれだけ流れた中で前目に乗っていい脚を一瞬でも使えたのは大きい。強い2着だったと思う。

3着09リリーノーブル(川田)

五分のスタート、そこから無理せずじわっと控えて好位の外目で進めていく。道中もかなり流れているのを察したか控えて中団まで下げてコントロールの意識。3~4角でも中団の外目で進めながら直線。序盤で前のレッドサクヤの外に出してしぶとく2列目に伸びてくるがアーモンドアイにあっさり交わされる。L1までしぶとく伸びて前のラッキーライラックとの差はじわっと詰めるが3着まで。

ん~ここまで流れてしまうとなかなか難しかったかな。川田としては速いとみてうまく下げたと思うしこれは結果的にファインプレーだったとは思う。あまり前半無理していいタイプではなかったと思うしね。中盤でも我慢して脚を残して直線勝負に賭けたけど、現時点では力負けというほかない。もちろんマウレアとの比較ではこちらの方が頑張ったかなと思うけどね。総合的にみて基礎スピード面はかなり高いレベルでめどを立ててきたと思うが、その点でもラッキーライラックのほうが上回ってきたとなると総合的に勝てる要素がほとんどなくなってしまったので、今後もラッキーライラック以上の評価は難しくなる。機動力はあるのでその辺は良いと思うが、オークスで勝ち負けとなると簡単ではないかな。

4着07トーセンブレス(柴田善)

やや出負けだがいつもよりはゲートを出てそこから押しながら追走しつつ中団馬群の中で進めていく。道中も終始促しながらの追走になって中団やや後方で3角。3~4角で前がペースを落とす中で後方馬群の外目、前に壁で仕掛けを待って直線。序盤で追い出されてからの反応が地味で一気にアーモンドアイに差し切られる。L1はそこから結構伸びてきて4着は確保した。

ん~結果論だけどあまり前半から出していかなかった方がよかったかもしれんね。前半で温存して3~4角で外から動く形のほうがこの馬にとっては良かったと思う。前半出していって脚を使う、中盤で囲まれてペースダウンで合わせなきゃいけなかった。直線ではまた加速という感じになってここで反応も鈍かった。そういった器用さがないタイプなので、前半は無理せず仕掛けどころでギアを上げるだけの競馬に持って行く方がよかったかなと感じる。今回でもエンジンのかかりがちょっと遅く感じたし、この馬の脚を引き出せたという感じでもないのでちょっとせかされた割に結局直線までで見て前を向けず、良いポジションを取れなかったのもあるんじゃないかなと。まあ細かいところで実際3着があったかとなるとそれは微妙だと思うんだけど、個人的には前半無理せず3~4角で勢いをつける形でどこまでやれたか見たかったかな。この馬もオークス向きだとは思うんだけど、2400で問われるギアチェンジ面での不安はちょっとあるのでその辺りを克服したいね。ポジショニングも大事だけど、この馬は要所の仕掛け方が重要だと感じる。

5着17マウレア(武豊)

五分のスタート、そこから無理はせずに中団の外目で進めていく。道中も前にリリーノーブルを置くような形で進めて3角。3~4角でもリリーの後ろで正攻法で進めて直線。序盤で外から追い出されてリリーを目標に差を詰めたいが詰まらず。ラストまでじりじりと伸びきれず4着争いの一角で終わった。

豊が大振りしたいような感じのコメントだったけど、結局枠的にも無難な感じになってしまったかなと。まあ全体がここまで流れてしまうとなかなか前につけていくのは選択肢的に難しいから仕方ない面はあるし、リリーノーブルとはここに向けての過程の違いも出てしまったかなという感じ。まあこの馬も正直ラッキーライラックとの比較では勝負付けが済んでしまっていた馬なので仕方がないかな。ペースが上がったことでリリーノーブルよりも対応できなかったかなというのもあるしね。現時点ではこれが実力差といわざるを得んかなあ。

10着15プリモシーン(戸崎)6人気番外

明確に出遅れて最後方からの競馬になる。道中も内のスペースを拾いながらリカバーの意識をもって最内で3角。ただ3角で前がペースダウンをするという流れで内内で我慢の展開、外の各馬が勢いに載せていく中で後方の内で直線。序盤で進路で迷って外目に誘導、L1まで追われるが10着までだった。

こっちが出遅れるか…パトロールを見ても直線で進路で迷っているうちにふさがって外に誘導してL1の手前で進路確保するが、そこからも前にレッドが入ってきてふらついて最後は完全になくなる。今回みたいに前半のペースが明らかに速い時には前がどこかで緩める意識を働かせがちで、3~4角で内に突っ込んだ時点で嫌な予感はしていたんだけど加速していく過程で上手くいかなかったなという感じ。外に出してどうだったかは何とも言い難いけど、出遅れてしまった以上内内を意識してしまうのは仕方ないが、捌けない戸崎では無理。阪神マイルって4角から下りだし割とばらけやすいから詰まりにくい舞台で、戸崎でも大丈夫だと思ったんだけどなあ。出遅れるわ中弛みに突っ込んでいって直線でまごつくわではどうしようもない。

12着16フィニフティ(福永)

やや出負け、無理はせずに後方からの競馬になる。道中も後方外目で進めてマウレアを見るような感じで3角。3~4角でもマウレアの後ろから進めて直線で外。序盤で追い出されるんだがここでキレ負けしてしまうような感じで後方に下がる。ラストまで良いところなく惨敗だった。

ペースではないと思うんだけどなあ。追い出されてから後方に下がるまでが早かったし、パトロール見ると最後はばてた馬を交わす程度には頑張っていたので結局この馬場でこのペースでもトップスピード面がある程度問われてキレ負けしてしまった面が強いのかもしれない。よくよく考えるとクイーンCでもL1でのバテ差しで、11.5の地点での伸び自体はいまいちだったからね。そう考えるとこのペースでも速いラップを要求されてしまったのでその点でキレ負けしてしまったのかなと。血統的にもよくなるのはもうちょい先なのかな。


-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

333

3333


~タマネギのレース感想~

あんな化け物がいるなんて聞いてないぞ

アーモンドアイさえいなければ久々に10万コースだっただけに

発狂して狙撃しそうになりましたよ…笑




1着ロードカナロア産駒
2着オルフェーヴル産駒
3着ルーラーシップ産駒

競馬界は着々と新しい時代になっていますね。

『新種牡馬を制する者が競馬を制す』


オジさんはもう取り残されて引退しそう…

【阪神牝馬S】ミスパンテールが逃げ切って4連勝! 

4/7(土) 15:52配信


DI8vmujW0AQYqha

◆第61回阪神牝馬S・G2(4月7日、阪神競馬場・芝1600メートル、良)

 4番人気のミスパンテール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎、横山典弘騎手)が逃げ切って4連勝での重賞3連勝を果たした。この勝利でヴィクトリアマイル(5月13日、東京)への優先出走権を得た。勝ち時計は1分34秒8。11番人気のレッドアヴァンセ(北村友一騎手)が頭差で2着に続き、1番人気のリスグラシュー(武豊騎手)はさらに首差の3着。2番人気のソウルスターリングは10着に敗れた。

 横山典弘騎手(ミスパンテール=1着)「先生(昆調教師)と“試したいことがある”と相談して、この形に。雰囲気的にこんな感じになるんじゃないかと思っていた。この間よりは収まっていたが、テンションが高い。大きなところへ向けてそれが課題になるが、(次のヴィクトリアマイルも)いい競馬はできると思う


騎手コメント

------------------------------------------------

北村友騎手(レッドアヴァンセ=2着)「いい位置から折り合って運べました。追ってから期待通りの反応でしたし、よく頑張ってくれました。ただ、最後は勝ち馬の底力を感じました」

武豊騎手(リスグラシュー=3着)「ペースは遅くなるだろうなと思っていたが、ここまでとは…。ただ、上手に走ってくれていたし、馬自身は昨年よりよくなっている」

Mデムーロ騎手(アドマイヤリード=4着)「ツキがなかったね。直線はずっとごちゃごちゃしていたから」

幸騎手(ジュールポレール=5着)「1、2着に並びにいこうとしたところで脚が上がってしまいました。通用の力がありますし、休み明けを使った次は楽しみです」

福永騎手(ミエノサクシード=6着)「やりたい競馬はできました。気の悪さも見せず走ってくれましたし、そんなに負けてないですからね」

岩田騎手(ミリッサ=7着)「ペースが遅くて…。最後はじりじりと伸びてくれてるだけに、もう少し前で運べばよかった」

四位騎手(エテルナミノル=8着)「今回もゲートの中で我慢できなくて立ち上がってしまった。最後は差のないところまで来てるんだけどね。ここでも差のない能力があるだけに残念です」

 川田騎手(ラビットラン=9着)「遅い流れのなか、4コーナーでついていくのが難しかったです。直線は動いてくれているんですが」

ルメール騎手(ソウルスターリング=10着)「ペースが遅かったのでポジションを上げて行った。折り合いはついていたが、残り200メートルで疲れてしまった」

  蛯名騎手(デンコウアンジュ=11着)「この馬も伸びてるけど、このペースでは前も止まらないからね」

 藤岡佑騎手(ワントゥワン=12着)「リズムを守ってじっくりと。ただ、これだけ上がりが速いとあの位置からでは厳しかったですね」


-------------------------------------------------

競馬をやって何が悪い。~予想は敗因分析から~』より


1:34.8 49.1-45.7 S^3
12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7

馬場は思ったよりは時計が掛かっていて標準ぐらいの馬場だったと思う。ペースは3.4で超超スローに近いレベルの超スローという感じで、そこからのL3最速と仕掛けが早く、トップスピードの持続戦に特化した競馬となった。もちろんここまでドスローなので前半はポジショニングが全て。基礎スピードは問われていない。

1着11ミスパンテール(横山典)

好発を切ったのでそのまま促してハナを取り切る選択をとる。道中ハナを取り切ったことで各馬もそこで落ち着けてきたのでペースを一気に落とすことができ、最初の3Fは11秒台に一度も入らないまま3角に入っていく。3~4角ではソウルスターリングもある程度プレッシャーをかけてきたので若干ペースは上がる、4角で一気に最速地点に持ち込んで直線。序盤でしぶとく粘りレッドアヴァンセと2頭で少し抜け出す形。L1までしぶとく踏ん張ってレッドは封じ込み、追いこんできたリスグラシューを退けての勝利となった。

まあノリなら逃げるかもなあとは思っていたが、逃げてここまで誰も突かないとさすがに残っちゃうか…という感じはある。もちろんこの馬自身がしっかりとトップスピードの質、持続力を高いレベルで持っているからこそではあると思うが、4角で一気に引き上げたことでここで外を回した馬に対しては優位に運べたというのはある。このあたりはノリらしいいやらしさというか、外から来ていたソウルスターリングに対しての戦略ではあったかなと。この脚を逃げて目標がない状況で引き出せたというのは大きな材料で、これで前半出していってもいいし前目を取る選択肢も増えた。後方からでは一線級相手にはこれまで届いてこなかったからね。ただペースが速くなると微妙だし前に行けばいいというよりはしっかりとペースとの相談で現実的な位置を、というのが基本かな。今回みたいに誰もいかない、みたいなケースはなかなかレアではあるしね。最序盤のポジションが恵まれた面もあるのは確か。要所の反応がいいのでヴィクトリアマイルでは好位~中団ぐらいで前半無理なく入れれば怖い。

2着10レッドアヴァンセ(北村友)

五分には出た、というぐらいだが前がそんなにいかないのでじわっと取り付いて楽に番手まで上げられてしまう。道中もそのままミスパンテールについていって番手で3角。3~4角でも番手外で進め、ソウルが外から並びかけくる中で徐々に促しながら4角でミスパンテールとともに先頭列で直線。序盤で追いだされてしぶとく食らいつくがミスパンテールに少し前に出られる。L1でも必死に食らいついて最後は外のリスグラシューの追撃を振り切り2着を確保した。

ここで賞金を積めたのは大きかったなあ。右回りで反応が鈍い面があると思っていたけど、4角の下りから前を向いて促しながらミスパンテールに食らいついていけたしリスグラシューをしっかりと封じ込めたのだからこれは評価しないといけないかな。もちろんこの位置を取れたのは完全にラッキーで、あのスタートだと通常重賞レベルで先行するのは難しい。枠の並びやメンツも含めて前半要素は明らかに恵まれたのでこの先行策をそのままうのみにするのは危険だろう。ただ左回りではユートピアSや3走前の三面川特別でもそうだが要所で動けるイメージなので、その点を踏まえてヴィクトリアマイルでもある程度の位置を取れれば警戒したい。ただこちらも今の段階ではスロー専用ぽいんだよなあ。クラレントの下だからやれそうな気もするんだけど。

3着03リスグラシュー(武豊)

やや出負け、そこから内枠を利してできる限りリカバーという意識、最終的には内のスペースを詰めながらアドマイヤリードの後ろで進めていく。3~4角ではペースが遅いのを察知してアドマイヤの後ろを伺いながら3列目で直線。序盤でそこからすっと進路確保したが一気には伸びずにまだ2列目付近でジリジリ。しかしL1減速地点での伸びはさすがで最後は詰めての3着だった。

想定より力の要る馬場になったのが大きいかな。軽い馬場だともう少し顕著に置かれていた可能性が高い。まあそれでも桜花賞の時に比べると明らかに直線入りでの反応がよくなっているしこの馬なりに成長してきているんじゃないかな。ただ前走の東京新聞杯で加速している過程でグンと来ていたのと比べると阪神外回りではどうしても伸び始めが遅くなっている印象ではあるかな。府中のほうがいいと思うし、ヴィクトリアマイルでというところで高速馬場になるといろいろ微妙にかみ合わないかもとも感じるところ。ハーツの仔なので純粋な高速マイラーって感じではないと思うんだよなあ、タイプ的にみても。1800~2000のほうが力を発揮しやすいと思う。今回もドスローで内のスペースを詰めていけたからまだよかったけど、出負け気味で前にすっと入られて後方、ってなったら難しかっただろうし。ヴィクトリアマイルとかより天皇賞秋とかのほうがおもしろそうな適性ではあるかな。

4着02アドマイヤリード

好発を切ってそこから先行策もミスパンテールが内に切ってきたので控えて2列目。そこからもコントロールしながら折り合いは結構楽で3角。3~4角でも2列目の中目で進めてレッドアヴァンセの後ろから直線。序盤でソウルの内から進路を取ろうとするが先にジュールポレールに入られてしまってその後ろから内を狙う。L1でジリジリと伸びてきたが4着まで。

ん~ミルコにしてはちょっと消極的だったかな。幸に前に入られてしまうとは。一瞬ソウルの後ろと迷った感はあって、両にらみしているうちに入られてしまった感じかなあ。L1はリスグラシューともどもそこそこ伸びてきていたのでここでのワンテンポの遅れがなかったらどうだったか?というところではあるね。良い進路取りではなかったと思うが前半のポジション取りはこの馬としてはかなり良かったと思うのでトータルで見ればまずまずという感じ。この位置を取れればこの馬も良いと思うけど、坂の上りで自力加速が問われる府中のほうがよさそうな感じはするね。次が楽しみな内容。

5着01ジュールポレール(幸)

まずまずのスタートから先行していって前のミスパンテールの後ろにつけて2列目のポケットと理想的な入り方。道中も3~4角で最内を立ち回る形でロスなく直線に入ってくる。序盤ですっと進路を外に持ち出して理想的な競馬に持ち込みここから追い出されて伸びたかったが一瞬伸びかけてL1で甘く、最後はリスグラシュー、アドマイヤリードに差されて不利もあったが5着だった。

最後は少し不利があったがその前から脚色が衰えていたのであんまり関係ない。5着は変わってないだろう。個人的には絶好の展開だったと思っていたんだが、それで伸びあぐねてしまった。まあ力関係だけで言えば昨年の阪神牝馬Sで負けたアドマイヤリードとの差も変わってないし妥当といえば妥当なのかもしれんが、ここまでうまくかみ合ったなら…というのはあるかな。もうちょっとL2で切れるイメージだった。このレベルでとなると休み明けの影響もあったのかもしれないし、難しいね。

10着06ソウルスターリング(ルメール)

出負けして後方からの競馬となってしまう。道中もやはり折り合い面で少し苦労していて壁を作って対応しようとしていたが途中であきらめて押し上げて一気に2列目外。レッドをけしかけながら3角では先頭列に近いところまで押し上げ、4角でも先頭列外からコーナーワークで少し置かれて2列目で直線。序盤で追い出されるがもう脚がない。最後まで良いところなくの完敗だった。

直線に入ってからしばらく手前を換えなかったというのもあるが、根本的にはキレ負けだと思うんだけどね。結局ドスローで前に持って行ったけどあまりにも遅い流れを変えることはできなかったし、4角で2頭分外を回る羽目になった中で最速11.0はこの馬場を考えるとかなり脚を使わされた形になる。トップスピードの質的に優位に立っていたわけではないので、ここまでトップスピード持続戦に特化してしまうと難しい。JFもチューリップ賞も平均ペースなわけで、その中で脚を使って良さが出ていた。それがここまでドスローだと難しかったと思う。状態面とかよりももうちょっとステイヤー的な競馬をした方がいい。オークスみたいな競馬が理想で、ゆったり入って早めに仕掛けて分散して、という競馬に持ち込みたい。モズカッチャン比較でみてここまで崩れる馬では本来ないはず。適性がかみ合ってない。こういうタイプはルメールよりも自由に動いてしまうミルコに替わった方がいいかもしれんね。毎日王冠で逃げて結果が出なかったのが足かせになっていると思うし、逃げてもしっかりと後半仕掛けを早めて分散する意識を持てれば違うと思うんだけど。この馬はトップスピードの質が高いわけじゃない、4速ギアを長く使えるイメージで良いと思うんだけどなあ。


-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

111

222


~タマネギのレース感想~

これはダスト神!!

予想に理由つけてくれてると ついつい感情移入してしまいますw

ただ今回のレースは横ノリマジックが炸裂した印象が強いし、逃げた馬って次走買いづらい

牝馬は実力伯仲してて予想がムズか楽しいですねwww

↑このページのトップヘ