sinn000


【神戸新聞杯】サトノダイヤモンド クビ差Vもあくまでトライアル仕様! 菊花賞でさらに輝く

東スポWeb 9月26日(月)21時50分配信


25日、阪神競馬場で行われた菊花賞トライアルのGII神戸新聞杯(芝外2400メートル=3着までに優先出走権)は、単勝1・2倍の圧倒的1番人気に支持されたサトノダイヤモンド(牡・池江)が優勝。クビ差の勝利はインパクトには欠ける内容だったが、検量室から聞こえてきたのは本番へ向けての明るい見通し。レース直後の陣営の声とともに同馬のラスト1冠取りの可能性を展望する。

 2着ミッキーロケットのインからの猛追でクビ差の辛勝。圧倒的な勝利を期待していたファンには物足りない内容に映ったかもしれない。だが、陣営にとってこの一戦は着差以上に中身があった。

 レースが動いたのは、勝負どころの3コーナー過ぎ。サトノダイヤモンドが早めに外を回って進出を開始し、前を捕らえにかかる。「休み明けだったのでちょっとかかった。ペースも速くなかったので早めにまくっていった」(ルメール)

 直線では後続の追い上げを許したものの「早めに抜け出した分、ストップがかかった。でも後ろの馬が来てからは反応が良かった」と鞍上はしっかりした感触を感じていた。「ゴールまでファイトしたことはいい経験だったし、次はもっと良くなる」。改めてパートナーの能力をたたえるとともに、菊花賞に向けて確かな手応えを口にした。

 レースを見守った池江調教師も「久々の分、いつもの脚じゃなかったね。ただ、次もあるので6ハロンの追い切りを2本しかやってなかったんだ。そんな中でも結果を出せたのは大きい」とあくまで“トライアル仕様”だったことを強調する。

 ダービー2着後は落鉄の影響で痛めた爪の回復を待ちながらの調整だったサトノダイヤモンドに対して、2着=ミッキーロケットは菊花賞出走を確定させるために3着以内が必要な勝負駆け。コース取りもロスを最小限に抑えたもの。着差以上に力の違いは明白だ。

 これで東西の菊花賞トライアルは春の実績馬が順当に勝ち上がった。本番では皐月賞馬ディーマジェスティとの2強対決がより鮮明となる。「一度使ったことで次はもっとリラックスして走れるはず。課題らしい課題はなかったし、ラスト1冠へ見通しが明るくなりました」(池江調教師)

 ひと叩きでさらに輝きを増すサトノダイヤモンド陣営が強力ライバルへ宣戦布告――。10・23菊花賞は、ダービー馬マカヒキの不在を感じさせないハイレベルな大決戦となりそうだ。

----------------------------------------------


ミッキーロケットは内からサトノダイヤモンドとのたたき合いに持ち込んだが2着に敗れた。

 和田騎手は「並んだら相手のエンジンが違った。本番で内枠でも引けばチャンス」と敗戦にも手応え。音無師は菊花賞へ向け「次もあれだけの脚を使えたら楽しみ」と話した。

四位騎手(レッドエルディスト=3着)「道中で2着馬にぶつけられる不利があったのは痛かったけど、それ以外はいい形で運べた。ひと夏越して本当によくなってきたし、さらに距離が延びるのも大丈夫。次が楽しみ」


岩田騎手(カフジプリンス=4着)「最後までばてずにしっかりと伸びてくれた。権利(3着以内)まであと少しだっただけに残念だけど、長丁場での走りは本当にいい」


2番人気のエアスピネルは5着に敗れた。後方3番手を追走し、リズム良くレースを進めて直線で外から追い上げたが、伸び切れなかった。

 武豊騎手は「レース前はこれまでで一番落ち着いていた。イレ込みもましで、折り合いもバッチリ。リラックスしていた。直線でどれだけ脚を使えるかと思ったけれど、もたもたしたまま。脚を使えなかったのは初めて」と首を傾げたあとに「落ち着きや折り合いは春より良かった。京都で巻き返したい」と本番での反撃を誓った。

池添騎手(ナムラシングン=6着)「折り合いがつき、いい感じで運べていました。ただ、3角で外から早めに来られて動かざるを得なかったことが最後に響いた」

-------------------------------------------------

敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。より

2016 神戸新聞杯(GII) 阪神芝外2400m良
レース回顧・結果

2:25.7 12.7 - 11.4 - 12.2 - 12.8 - 12.3 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.4 - 11.7
61.4-58.8SSS


3秒近い超スローの部類で、後半は4F戦ながらトップスピード面をそんなに問われず、中間的な競馬になる阪神外としては珍しい競馬。ただL4-3と3角半ば~4角にかけて準最速になったわけで、基本的にはコーナーの段階で内で我慢できた方が良い展開ではあったと思う。思ったより力の要る馬場だったかなあという感じで、L1がもうちょっと落ちてもよさそうな感じだったけどこれを落とさなかった前2頭はやはり強いなという競馬だった。馬券的にはダメだったけど思ったより面白い、白熱したいいレースだった。


 1着サトノダイヤモンドは14番枠から五分に出てそこから無理をせずに折り合いを意識してコントロールしながら好位の外にスッとつけていくという形になる。道中も61秒台と相当遅い流れの中で壁を作れない流れでも好位の外でしっかりと折り合わせて積極策のナムラシングンの直後につけ、そこで上手く壁を作る。3角の段階で好位列が積極的にペースを引き上げていく中でそのナムラの後ろで我慢、直線まで仕掛けずに直線に入る。序盤で追いだされるとそこからスッと伸びて一気に先頭に立つがここでミッキーロケットに内からスルッと食い下がられる。L1で視界に入ってもう一伸び、ミッキーを首からは寄せ付けずの完勝だった。誰か(忘れた)が言っていたけど、本当に強い馬はクビから差すのが難しい。そういうのを思い出させる競馬だった。ミッキーの方が詰め寄る脚は目立ったんだけど、そこからのサトノの踏ん張りというか、ダービーの時でも瞬間的にはマカヒキに出し抜かれるんだけど、そこからまたL1で盛り返すっていう。アナログ的で申し訳ないけど、勝負根性というのが有るとすればそういうことなんだろうと思う。まあ一頭になって遊びかけたところにミッキーが来たことで再びスイッチが入ったともいえるしね。着差は地味なんだけどこれはミッキーを褒めた方が良いと思う。レッドエルディストやエアスピネルは子ども扱いしているわけで素直に強い競馬の一言。特にポテンシャル戦に近い形なった中で、後半要素できっちりと勝ち切ったからね。ナムラシングンと通したところはほぼ同じということを考えても強さを見せたとみていいと思う。完勝で、かつ前半も外枠からスローで好位を取りに行って折り合ってと理想的な競馬ができた。京都3000も前半は60秒台ぐらいにはなるので中弛み地点までにしっかりと壁を作れれば折り合いを気にすることもないと思うし、これぐらいポジションを取っちゃっていいと思うね。不安要素もなかったし、前哨戦仕様の仕上げでこの内容、素直に強かった。


 2着ミッキーロケットは15番枠からまずまずのスタートを切ってサトノよりひとまず前に出ようとする。ただサトノも思ったより前を意識していたのでそれを行かせてその直後のスペースを取ってマーク戦法のBプランに切り替えた形かなと。道中もサトノをぴったりとマークする形で進めながら3角。3~4角で各馬が仕掛けてペースが上がっていく中でこちらはサトノの直後をぴたりとマーク、ワンテンポ仕掛けを遅らせる。4角でかなり窮屈になるが、なんとか立て直して直線。序盤でもサトノの内から追いだされると瞬間的にはサトノに肉薄するだけの脚を見せる。しかしそこからL1でクビ差をなかなか詰めきれず、クビの上げ下げではあったがそれでも態勢不利の2着だった。とはいえ春の実力馬らを相手に3着レッドエルディストに3馬身差、しかも最後まで脚色で優位性を保ってのモノ。これは相当なパフォーマンスだと思うし、直線の追い切り気配が良く見えたことと、1週前の時計・ラップが良かったので怖さはあるなとは少し思っていたがサトノに対してここまで肉薄できるとは正直サプライズというほかない。まだサトノは8~9分の出来だとしても、春のエアスピネルレベルの競馬はできていたと思うし、これなら3強の次点に急浮上したとみていいのかなと思う。もともと2400でもやれていたとはいえ、距離延長でロンスパ正攻法の競馬になったし4角でサトノに乗りかかるような感じだったのでその辺の勿体ない面もつければ逆転していた可能性もゼロではない差だからね。これは相当に強くなっているとみて間違いないと思う。それと、前述のとおりかなりのスローでそこからの4Fの中間的な競馬でL1も大きく落ちていない。そういう中で後半特化で良さが出たということから考えてもこの馬はキンカメ産駒でも長距離適性が高い方になると思う。使ってきた強みはあるが、この内容で菊花賞でもサトノの前を取ってくると結構侮れないぞと思うね。かなり強い競馬だし、これで評価を2段階は上げる必要が出てきたかな。


 3着レッドエルディストは12番枠から五分には出てそこから無理をせずに下げて後方からはいつものこの馬のパターンだが、それでもエアスピネルよりは前に行った。道中もスローの中で後方で外から動いていくような形で3角に入って行く。3~4角で徐々にペースが上がって行くという過程でサトノの外からじわっと仕掛けるもなかなか動ききれない。4角で11秒半ばに入ってくる中でかなり手が動いて勝負に行って直線。序盤でサトノに並びかけたいところだがここでちょっと見劣り2列目まで。L1では更に併せ馬状態になったミッキー・サトノとの比較で明らかに見劣ってカフジプリンスの強襲を何とか退けるのがやっとの3着までだった。まあ少なくとも力差は小さくなかったと思う。とはいえ、3~4角でのロスは確かに響いていたこともあるし、少なくとも後半特化でエアスピネルよりは上だったというところ。この馬も別に権利を取る必要はないと思うし、エアもこの馬も前哨戦としての立ち位置ではあったと思うけど、流石にサトノより後ろから後半特化で3~4角ロスがあってとなると厳しいし、そこまで悲観しなくても良いとは思う。少なくともダービー時寄りは縮めてきた。ただもちろんだが出し切って良さが出るタイプのこの馬でロスは勿論つきもの。今回は明確に出し切れたが甘くなったわけなので底は見せたと言っていいと思う。それに近代菊花賞ではこういう競馬では難しいからね。内内に拘ってコーナー最速で我慢してなだれ込みどこまでってところかな。悪くはないけど、菊花賞で勝負に行けるだけの武器は見せられなかったと思う。展開待ちの身かな。


 4着カフジプリンスは5番枠からまずまずのスタートを切ったがスッと下げて中団でという形で進めていく。道中もドスローの中で最内に潜り込む岩田らしい競馬を展開。3角で外から各馬が動いていく中で内内で手が動いて追走しながら徐々に中目に誘導、サトノの直後を意識できる位置に。4角でもサトノの内に行って直線に入るが序盤で何故か追わずにペチペチでやる気なく。しかしL1ぐらいで進路確保、外に出して急に必死に追いだすと最後はグンと来て3着を拾えずの4着だった。まあ札幌菱田の件は良い悪いは別にして、未熟さゆえのミスだから仕方ない面もある。だが岩田てめーはダメだ。もちろんあの位置を取ったこと自体は正解だと思うし、出来ればあれより前が欲しかったけど内枠なのでこの辺りは運。結果的に見てもこれで勝ち負けに加われとは言わん。ただ、この馬は権利が欲しい馬なわけでもちろんだが直線入りであそこまで諦めて前との間にスペースを空けてしまってはあの脚を使った以上叩かれるのは当たり前。詰まりそうなので外のスペースができるまで待つのは分からんでもないが、馬自体がズブクて勢いをつけてやらんと行けない馬なのに待ってる間に加速扶助を明らかに怠ったら置かれるに決まってるわ。ミッキーが完全に抜け出してからの段階で慌てての追いだしでは幾らなんでも遅すぎる。進路自体ができたのは遅かったけどそこでスッと反応できなかったのは途中での適当な追い方が影響していた可能性は高いだろうね。進路はなくとも前のスペースを確保できれば後は進路ができるという前提で追いだしながら探さんと。極端なL1バテ差しとかじゃないのに突っ込んでるんだぜ。いずれにせよズブズブでポテンシャルタイプの馬だから、こういうことはあり得るし枠的にも多少ギャンブルだったから届かないケースはもちろんあった。あのポジションで4F戦でドスローだと前が落とさなければ差せない立場だからね。ただ騎手がもうちょっと直線序盤での意識を持っていたら少なくとも極端に直線入りで下がることはなかったし権利は獲れたと思っている。菊花賞に出てきてほしいタイプのコテコテステイヤーだっただけにこれで抽選待ち(辛うじて出られそうか?)になると思われる状況というのは本当に不本意だし残念極まりない。まあ出し切ってしまいたい馬だし、3~4角で内で我慢できた分は小さくはなかったと思うが、それでもL1の伸びは上位2頭との比較でも詰めていたぐらいではあったので底をまたしても見せなかったという点で馬券的には今後も難しい存在かな。レッドの方が強い競馬自体はしていると思うんだけどね。冷静に今日のミッキーロケットを見ているとミッキーの方が上に来たかなとは思う。


 5着エアスピネルは7番枠から五分のスタート、明らかに最初から後方策を意図して下げてレッドエルディストより後ろからの展開で進めていく。道中もドスローでかなり後方なのだが折り合い自体は何の問題もなく3角に入る。レッドエルディストの直後から3角に入って行き、徐々に手が動いて一気に外にはいかず4角途中でもまだ中目で我慢しながら直線で大外。序盤でレッドの直後から追いだされるが反応乏しく鞭が入る。そこからスッと伸びて一旦はくるかなと思わせたがそこからL1でやはり甘くなって最後はなだれ込むだけに終わった。まあ批判はしないよ、最初から後ろから行くって言ってたからね。ただ、後ろっつってもレッドより後ろってのはちょっと斜め上だったなとは思うけどね。流石にレッドより後ろではこうなるのは火を見るよりも明らか。わかっていたことをいちいちしなくても良いと思うし、結局後半要素は何一つ成長していないからね。レッドよりは内を通していた、4F勝負の中でレッドが勝ちに行くロスのある競馬、目標にしながらL1で伸びあぐねていたわけで完敗というしかない。ダービーにしてもスローだがポジションでフォローした、それでも使える脚は短かった。皐月賞ぐらい58.4-59.5と流れて後半要素が薄い状況でもサトノには敗れていたが内容は良かった。この感じからも前半要素をもっと問われた方が対3強という視点ではマシで、後半特化で完全に後ろに下げ切ってはこんなもんでしょ。流石にサトノより一列後ろぐらいだと思っていたんだけどな。まあ、おかげで強くは狙わなかったからいいんだけど、でもこれはハッキリ言って無意味。エアスピネルの良いところは前半厳しくても後半要素が削がれないところにあると思うからね。まあ、今はこれ以上は言わないでおく。菊花賞でこれをどう活かしてくるかだね。菊花賞でも後ろから行くようではどうにもならんけどね。


 6着ナムラシングンは8番枠から五分に出てそこから無理せずに好位につけていくというような形で入って行く。ドスローではあったので流石に少しハミを噛むような感じになっていたがそれでも大きく掛かる仕草は見せずに3角に入って行く。3角でじわっと先頭列に取り付いていくような形でサトノに先駆けて仕掛ける。4角でも3頭分外というところから本仕掛けを待つような感じで直線に入る。序盤でもまだ追いだしを我慢して馬なりで先頭列にという形だが追いだされて反応が無く外の2頭にスッと抜け出されてしまう。最後は明確に甘くなっての6着完敗だった。う~ん…この馬の負け方が一番意外だったかな。個人的には一番流れに沿ってかつ自身の適性を活かして上手く乗れたと思うし、極端なトップスピード戦にもなっていない。成長力の差があったかもしれないが、それでもつばき賞で破ったミッキーロケットとの比較で見ても皐月賞の内容としてみても、こんなに負けるような馬ではないと思うのだが。前半ポジションを取ったがそれはドスローでのことだし無理なく入っていけているはず。ロンスパは若葉Sからも全く問題ない。敗因がちょっとわからないので、消去法的には血統ということになるのかなあ。距離というよりも成長力なのかな…ジュエラーの完敗に始まり、パールコードもイマイチ、ジョルジュサンクはともかくとしてもこの馬も含めて春のパフォーマンスと各馬との比較で見劣っているというのはある。う~ん…正直良い展開だったと思うんだけどね。サトノに目標にされてミッキーが思った以上に強かったのを差し引いても3着は十分狙えるだけの競馬だったはず。距離の可能性、血統的な成長力の可能性を考えた方が良いかもしれないなあ。この競馬でここまで失速するイメージは正直持てなかった。池添は良い競馬をしてくれたと思うんだけどなあ。


-------------------------------------------------





+++++ポイント結果+++++

sinn


sinn1


タマネギ人生初の生観戦(笑)

サトノダイヤモンドはやっぱ人気者で、メインのパドックは人だかりが出来てましたね、

阪神競馬場の感想やら写真やらを[つぶやき]カテゴリーで記事にしようか悩むむむ。


今週は他にも

月ラストの【ランキング発表】

G1を盛り上げる【フォトパドック】

なんかも控えてますからねぇ…



ちなみに現ランキング1位はまさかのあの人……w