タマネギの競馬道場

みんなで楽しく みんなで予想 ハズレたって悔しくない!(大嘘) ※注意※ 回顧記事は9割コピペです


注目の3歳馬カテゴリーでは今年の3歳クラシックを盛り上げる有力馬達の紹介と共に
web記事をまとめデータ収集を目的としています。

該当馬のレース感想や補足があればコメントにお願いします

無題


母に携わった人々が夢見る、エアスピネルのクラシック制覇

 3歳牝馬がしのぎを削る、牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)。その熾烈な戦いにおいて、2005年は、長い競馬史の中でも特にレベルの高い年だったと言える。

 一冠目の桜花賞(阪神・芝1600m)を制したのは、ラインクラフトだった。同馬はその後、二冠目となるオークス(東京・芝2400m)には向かわず、牡牝混合GIのNHKマイルC(東京・芝1600m)に挑戦。強豪牡馬を撃破して、牝馬ながら「3歳マイル王」に輝いた。

 そのラインクラフトに代わって、二冠目のオークスで優勝を飾ったのは、シーザリオ。同馬は、そのあとアメリカ遠征を敢行し、海外GIのアメリカンオークス(アメリカ・芝2000m)でも圧勝劇を演じた。

 そして、三冠最後の秋華賞(京都・芝2000m)は、オークス2着のエアメサイアが頂点に立った。シーザリオは不在だったが、桜花賞馬ラインクラフトをクビ差ねじ伏せての見事な勝利だった。デビュー戦から堅実な走りを見せてきた同馬の素質が開花した瞬間だったとも言える。

 それから11年、エアメサイアが母として送り出した息子が、今年のハイレベルな牡馬クラシックで躍動しようとしている。エアスピネル(牡3歳/父キングカメハメハ)である。

昨年9月のデビュー戦を完勝したエアスピネルは、2戦目でGIIデイリー杯2歳S(2015年11月14日/京都・芝1600m)に挑戦した。同レースでは、GIII小倉2歳S(2015年9月6日/小倉・芝1200m)を含めて3連勝中だったシュウジ(牡3歳)が人気を集めたが、その実力馬をあっさり差し切って快勝。ポテンシャルの高さを見せつけた。


3戦目は、2歳王者を決めるGI朝日杯フューチュリティS(2015年12月20日/阪神・芝1600m)に出走。圧倒的な人気を集める中、ほぼ完璧なレースを見せたが、母のライバルだったシーザリオの息子、リオンディーズ(牡3歳)の強襲に屈して2着に敗れた。だが、3着以下には大きな差をつけており、そのレース巧者ぶりを考えれば、エアスピネルが世代有数の実力馬であることは間違いない。

 エアスピネルを管理するのは、栗東トレセン(滋賀県)の笹田和秀厩舎。陣営は、この馬でのクラシック制覇に並々ならぬ意欲を持っているという。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「笹田調教師は、調教師になる前、母エアメサイアの所属していた伊藤雄二厩舎のスタッフでした。また、エアスピネルとコンビを組んでいる武豊騎手も、母エアメサイアの全レースに跨っていた相棒です。そういった背景もあって、『なんとかこの馬でクラシックを!』と、関係者の誰もが相当な意気込みを見せています。母からは心肺機能の高さを存分に受け継いでおり、『クラシック制覇も夢じゃない』と考えているようですよ」

 今後は、GII弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)で復帰し、クラシック初戦のGI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)へと向かう予定。舞台は未経験の中山競馬場となるが、それこそが「エアスピネルには追い風になる」と、前述のトラックマンは言う。

「陣営が一番に挙げるこの馬の長所は、レースセンスのよさ。『折り合いに苦労しないし、乗り手の指示に従順。どんなレースでもできる』と全幅の信頼を置いています。直線が短くテクニカルな中山では、このレースセンスが強力な武器になるはずです」

 前走時484kgだった馬体重は、現在500kgほどまで増えているとのこと。肉体的にも、精神的にも順調な成長を見せているようで、そこにレースの巧さが噛み合えば、タイトル奪取も十分に見えてくる。

 母エアメサイアに携わった人たちが、その息子エアスピネルで夢見るクラシック制覇。リオンディーズとの“因縁”を含めて、「血の物語」とも言われる競馬の醍醐味を、今春存分に味わえることを期待したい。






 注目の3歳馬カテゴリーでは今年の3歳クラシックを盛り上げる有力馬達の紹介と共に
web記事をまとめデータ収集を目的としています。

該当馬のレース感想や補足があればコメントにお願いします


229325221_624


2005年のクラシック三冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を制すなど、GI通算7勝を挙げて社会現象を巻き起こしたディープインパクト。コンビを組んだ武豊騎手が「空を飛んでいるよう」と言わしめた”英雄”は、引退後も種牡馬としてリーディングトップの座を保持し続けている。

その偉大なるディープインパクトの息子であり、まさにその父と同じ道のりを歩もうとしている3歳馬がいる。馬主もまた、父と同じく金子真人氏という、マカヒキ(牡3歳)である

同馬は、10月のデビュー戦を鋭い切れ味で快勝したあと、レース後に鼻出血が判明。しばらく休養に入ったものの、復帰戦となったオープン特別の若駒S(1月23日/京都・芝2000m)を難なく快勝した。スローペースの中、じっくりと中団やや後方に構えると、直線ではムチも使わずに前方馬群を一気にとらえて、段違いの切れ味を披露。上がり3ハロンで32秒6という驚異的な時計をマークし、完全な前残りの展開を突き抜けてしまったのである。

デビュー戦を快勝し、2戦目の若駒Sを楽勝したのは、父ディープインパクトと同じ。さらに、3戦目の予定がGII弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)というのも、父の足跡と一致する

マカヒキを管理するのは、栗東トレセン(滋賀県)の友道康夫厩舎。将来有望な若駒に対し、スタッフたちからはこんな評価が聞かれるという。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「マカヒキはかなりの切れ味を秘めていて、陣営では『典型的なディープインパクト産駒』という見方がされています。そのうえで、『乗りやすく、操作性が高い』とスタッフの誰もが絶賛。『今のところは、レースで引っかかるような面もなく、デビュー戦後に発症した鼻出血の心配もない』ということです」

今年の3歳牡馬クラシック戦線は、良血の実力馬が目白押しでハイレベルの様相を呈している。おかげで、マカヒキも現状では有力馬の一頭に過ぎないが、「そうした状況にスタッフは、『普通の年なら、もっと評判になっていい馬なんだけどね』と苦笑いしていました」とは、前述のトラックマン。マカヒキに対する陣営の評価の高さがうかがえるやり取りだ。

マカヒキの今後の展望について、再びトラックマンが明かす。

「若駒Sは、スローペースからの瞬発力勝負。こういうレースをしたあとは疲れが出やすいのですが、マカヒキからそういった面は見られず、レース後もすこぶる順調のようです。一冠目となる皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)に向けて賞金も加算できたので、続く弥生賞では『メイチの仕上げではいかない。皐月賞と同じコースを経験するのが最重要』というのがスタッフの考え方。これまでは、ディープ産駒が得意な京都の軽い芝で連勝してきましたが、質の違う中山の芝でどんな走りを見せるか、注目ですね」

弥生賞では、前走と同じくルメール騎手が手綱を取る。しかし彼には、デビューから3連勝でGIIIきさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)を制したサトノダイヤモンド(牡3歳/父ディープインパクト)というお手馬もいる。そのため、「本番では別の騎手が手綱を取ることになるのでは……」とトラックマンは語る。

ディープインパクトのキャリアをなぞるように、戦績を積み上げてきたマカヒキ。“英雄”と謳われた父と同様、もしくはそれ以上の活躍ができるのか、熾烈な牡馬クラシック戦線からますます目が離せない。










 注目の3歳馬カテゴリーでは今年の3歳クラシックを盛り上げる有力馬達の紹介と共に
web記事をまとめデータ収集を目的としています。

該当馬のレース感想や補足があればコメントにお願いします




horse_photo



若駒たちが大目標に据える、3歳春のクラシック。牝馬にとっては、GI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)とGIオークス(5月22日/東京・芝2400m)が、決戦の舞台となる。その3歳牝馬戦線では今年、すでに1頭の馬が断然の有力候補となりつつある。


昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2015年12月13日/阪神・芝1600m)を制した、メジャーエンブレム(牝3歳/父ダイワメジャー)である。

昨年6月にデビューした彼女は、新馬、500万下の特別戦と2連勝。いずれも先行して抜け出す盤石のレース運びで完勝した。


そして3戦目は、近年牝馬クラシックとの関わりが深いGIIIアルテミスS(2015年10月31日/東京・芝1600m)に挑んだ。同レースでは1番人気に推されたものの、道中かかって逃げる形になってしまい、2着と惜敗。初黒星を喫した。それでも、続く阪神JFでは、好スタートからしっかりと2番手に控える競馬で快勝。2着以下をまったく寄せ付けないレースぶりで、同世代牝馬の中で頭ひとつ抜けた存在となった。


メジャーエンブレムを管理するのは、美浦トレセン(茨城県)の田村康仁厩舎。同馬の順風満帆な道のりは、管理するスタッフにとって”期待どおり”だったようだ。関東競馬専門紙のトラックマンが語る。


「もともとメジャーエンブレムの乗り味は抜群だったそうで、厩舎スタッフの間ではデビュー前からかなりの評判でした。2戦目までは、『追い切りをやればやるほど速い時計が出てしまうので、最初のうちはセーブしていた』とも聞いています。それであっさり2連勝ですからね、恐れ入ります。


田村厩舎にはメジャーエンブレムの兄たちもいるのですが、彼らは気性が荒く、調教・管理するにも結構手を焼いているそうです。それに比べてメジャーエンブレムは、『おとなしくて扱いやすい』とのこと。こうした精神面も、強さに通じているのでしょう」

彼女の従順さを示したのが、まさしく阪神JFで見せた折り合い面の成長だ。アルテミスSで初の敗戦を喫したあと、他馬の後ろで我慢させる練習を取り入れたという。その結果、大一番となる阪神JFでは道中かかることなく、スムーズな抜け出しから後続を難なく振り切った。


厩舎スタッフにとっても、精神的な成長を見せたこの阪神JFのレースぶりが、今後に向けてさらに大きな自信となったようだ。先述のトラックマンが続ける。

「陣営としても、3戦目までは”力まかせ”のレースという印象が強かったようですが、阪神JFでは『気性とパワーがかみ合った、言うことのないレースだった』と、厩舎スタッフらも自画自賛。同じ舞台で行なわれる桜花賞はもちろん、距離が延びるオークスについても、かなりの手応えを得た様子でした。現状では、これといった不安がまったく見当たりませんね」

今後は、GIIIクイーンC(2月13日/東京・芝1600m)で復帰し、そこをステップにして桜花賞へと向かう。これから、他馬のマークは一層厳しくなるだろうが、それでも彼女が不動の最有力候補であることは間違いない。

スタッフからの厚い信頼を寄せられているメジャーエンブレム。春のクラシックでも、磐石のレースぶりでタイトルを重ねていくのか、決戦の日が待ち遠しい




↑このページのトップヘ