下町ドウジョー

どのような競技なのかも正確には知らない『競馬』の、ブログ製作を、成り行きと勢いで引き受けてしまった下町の小さな町工場の2代目(タマネギ)と、好奇心程度の軽い気持ちでそれに参加した予想家たち。そんなメンバーが、競馬予想で東京オリンピック出場を、職人の意地と誇り=モノづくりの心に火をつけられ、「下町ドウジョー」と名付けられたプロジェクトとして、それぞれの持つ技術を結集して競馬予想に挑戦するドラマである。

【金鯱賞】M.デムーロ騎手「有馬記念の二の舞は嫌だった」スワーヴリチャードが始動戦V

3/11(日) 16:14配信


333

3月11日の中京11Rで行われた第54回金鯱賞(4歳以上オープン、GII、芝2000メートル、別定、9頭立て、1着賞金=6200万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗のスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)が単勝1.6倍の断然の人気に応えるとともに、大阪杯(4月1日、阪神、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分1秒6(稍重)。

 4番手の外につけていたスワーヴリチャードは早めに2番手に上がると、逃げていたサトノノブレス(8番人気)をゴール前できっちりと1/2馬身差で差し切った。5番手を追走していたサトノダイヤモンド(2番人気)は5番手追走から直線で大外を伸び、さらに1馬身差の3着だった。

 スワーヴリチャードは、父ハーツクライ、母ピラミマ、母の父アンブライドルズソングという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)NICKS。通算成績は9戦4勝。重賞は2016年共同通信杯・GIII、17年アルゼンチン共和国杯・GIIに次いで3勝目。金鯱賞は庄野靖志調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「外枠だったから、(外枠で出遅れて後方追走となった)有馬記念の二の舞は嫌だと思って、逆に前へ行きました。とても強い馬ですね。(馬体重10キロ増は)成長分です」

庄野靖志調教師(スワーヴリチャード=1着)「(外枠で)前に壁をつくれずスローになって力んでいたけど、出して行って、そのあとはスムーズでした。直線では追い出すまで余裕がありました。いい意味でずるくなっています。力通り。プラス10キロが示す通り成長していて、装鞍所でも太くなかったです。胸前の筋肉も盛り上がっていました。このあとは大阪杯を視野に入れています。今年、何とかG1のタイトルを取らせてあげたいです」


騎手コメント

------------------------------------------------

幸騎手(サトノノブレス=2着)「マイペースで逃げることができました。惜しかったですね。最後まで頑張ってくれました」

ルメール騎手(サトノダイヤモンド=3着)「うれしいね。リアル・ダイヤモンドが帰ってきたね。長い休み明けで反応が遅かった。ラスト150メートルからすごくいい脚で伸びてきた。ゴールの後もまだ伸びていた。だから次走は楽しみ。パワーアップできる」

 池添騎手(ヤマカツエース=4着)「少し太かった。返し馬の時からそんな感じがした。仕上げていれば動けたんですが、そのぶん(動きが)鈍かった」

北村宏騎手(ダッシングブレイズ=5着)「ポジションは良かったんですが、しまい勝負になってしまった。もう少し(ペースが)流れて欲しかった」

三浦騎手(ブレスジャーニー=6着)「ゲートはいつもあんな感じ(で遅い)。馬が良くなっているのですぐに(前に)取り付けた。このメンバーでよく来てくれたし、左回りの方がスムーズです」

角居調教師(デニムアンドルビー=7着)「後ろから行く馬なのでペースが向きませんでした。長いこと頑張ってくれた。(今後はノーザンファームで繁殖入りするが)能力が高い馬なので、いい子供を出してくれそう」

福永騎手(メートルダール=8着)「スローになるのは分かっていた。早めにまくっていく形をとろうと思ったが、最後は離されてしまった。こんなはずはないんだけど…」

 太宰騎手(アクションスター=9着)「現状の力は出せたと思います」


-------------------------------------------------

競馬をやって何が悪い。~予想は敗因分析から~』より


更新待ち



-------------------------------------------------




+++++ポイント結果+++++


111


222


~タマネギのレース感想~

※連絡※
出走が少数頭の場合【yahoo!予想】の馬印が4頭までになるケースがございます。
その場合は公平を規する為、ドウジョー集計も4頭までになりますのでご了承下さい。
予想を書いてもらうのは何頭でも大歓迎です!


スローの楽逃げ…

ノブレスって宝塚の時敗因に馬場を挙げていたのでゆるんだ馬場は苦手かと思って評価下げちゃいました

スワーヴ+10キロは余力残しではなく陣営の言う通り成長分だったんですね!
デムーロが調教で一杯に追ってたので状態が全然足りないのかと思った!!

ダイヤモンドは無理に前に出ず後方で状態確認ってトコですかね?

相変わらず鉄砲&坂での加速は苦手みたいですがまだまだトップレベルの実力を証明してくてひと安心!!

勝負はG1で決着つけましょう


【フィリーズR】8番人気リバティハイツが勝利 桜花賞の優先出走権ゲット

3/11(日) 16:07配信


DI8vmujW0AQYqha

 ◆第52回報知杯フィリーズレビュー・G2(3月11日・芝1400メートル、阪神競馬場、良)

 桜花賞(4月8日、阪神)トライアルは、8番人気のリバティハイツ(北村友一騎手)がゴール前の大激戦を制して重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分21秒5。

 2番人気のアンコールプリュ(藤岡康太騎手)が上がり最速の末脚で迫るも半馬身差の2着まで。さらに首差で続いた5番人気のデルニエオール(岩田康誠騎手)が鼻差の3着争いを制した。上位3頭が桜花賞の優先出走権を獲得した。1番人気のモルトアレグロは10着に敗れた。



北村友騎手(リバティハイツ=1着)「いい脚でした。未勝利を勝って、(ここへの)抽選を突破して、何とか桜花賞の権利を取れたらいいなと思っていました。未勝利は乗りやすかったですが、今回はいい意味で前進気勢が出てきていました。成長しています。(桜花賞の)1600メートルもマイナス材料ではないですね」

1着⑩リバティハイツ 高野友和調教師「ムダな力を使わないので力を集約して出せる。これは持ってうまれたものですね。どっしりしています。(桜花賞へ)体重が落ちているので整えたい。

騎手コメント

------------------------------------------------

藤岡康騎手(アンコールプリュ=2着)「落ち着きはありましたが、タイミングの悪いところでゲートが切られてしまいました。道中のカラ馬の影響を受けるところがあって、だいぶ位置が後ろになりました。じっくり構えようと切り替えてからは、本当にいい脚を使ってくれました」

岩田騎手(デルニエオール=3着)「スムーズなレースはできました。直線でグッとくるかと思いましたが、坂で手応えがなくなりました」

藤岡佑騎手(アンヴァル=4着)「初めてもまれる形になり、外に気を遣って走っていましたが、3コーナーからハミを取ってくれました。直線ではいけると思いましたが、追い出しを待たされました。うまくさばけていれば、突き抜けていたかもしれません。距離は大丈夫でした」


川田騎手(アルモニカ=6着)「精いっぱい頑張ってくれました」

 横山典騎手(レッドシャーロット=7着)「カラ馬に絡まれて、落ちなくてよかった。最後は来ているし、よく頑張っている」

杉原騎手(ビリーバー=8着)「4コーナーと直線で少し挟まれましたが、差のないところまで来てくれました」

 鮫島駿騎手(ナディア=9着)「折り合いはスムーズにつきました。展開も向いたのですが、直線が平坦の方がいいのかもしれません」

田辺騎手(モルトアレグロ=10着)「好位で走らせようと考えていました。スタートも良く、いいところが取れて、いいかなと思ったんですけど…。分からないですね」

松山騎手(ラブカンプー=11着)「かなり外めの枠だったので、しんどかったです。ハナに行ってからはいいリズムでした。この馬のスピードをもっと生かせればよかったんですが」

 丸山騎手(アリア=12着)「外枠で外を回らされ、厳しい展開になりました」

 国分恭騎手(イチサルルンルン=14着)「スタート直後にぶつけられ、道中のカラ馬と接触。かわいそうな競馬になってしまいました」

 和田騎手(コーディエライト=15着)「つまずいてあの位置から。気分よく先行できないとハミを取ってくれません」

 大山騎手(スウォナーレ=17着)「芝は2度目でしたが、前回より感じはよかったです」





-------------------------------------------------

競馬をやって何が悪い。~予想は敗因分析から~』より




更新待ち

-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

111

222


【馬に感謝】さん。予想参加ありがとうございました

継続して予想レースに参加してくれる場合は↓のページに飛んで参加者登録お願い致します

ランキング参加するにあたっての条件




~タマネギのレース感想~

落馬して競争中止した馬は除外して集計。


ますらをさんに教えてもらった競馬上手(マナーに厳しそうな方なので右端???表示)を参考に『差し競馬』は予想出来たけど小粒すぎて全然わかんなかったね。

それにしても本命が落馬って……
不謹慎で申し訳ないですが、「俺って呪われてんのか?」っと思ってしまいました


2018年いまだ回収率0%で爆走中です。

去年回収率4%だった某氏を笑えなくなりましたね(笑)(笑)(笑)


2018年3月11日(日) | 2回中京2日 | - 発走

第54回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m

DI8vmujW0AQYqha

予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2018年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件


コース攻略検証・見解

中京競馬場 芝2000m

中京競馬場


コース攻略検証・見解

スタートから最初のコーナーまで距離が短めで内枠有利。

逆に、3コーナー部分が外に膨らんだ形状になっており、この点は外枠が有利。

結果、有利・不利が相殺される形なので、内外で過度な差は無い。

直線は約410mとかなり長い上、途中に中山競馬場並みの急勾配を誇る急坂が存在。

その為、かなり差し・追込が有利。



中京芝2000m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト26262313812.2%24.4%35.2%6978
キングカメハメハ171378713.7%24.2%29.8%138114
ハーツクライ1517141189.1%19.5%28.0%7171
ステイゴールド155121279.4%12.6%20.1%9866
マンハッタンカフェ9129907.5%17.5%25.0%49117
ゼンノロブロイ755698.1%14.0%19.8%60131
ハービンジャー659449.4%17.2%31.3%4868
シンボリクリスエス648746.5%10.9%19.6%3458
フジキセキ6423114.0%23.3%27.9%15280
ジャングルポケット439863.9%6.9%15.7%1948

中京芝2000m|騎手別成績

騎手1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
川田将雅10642621.7%34.8%43.5%11183
浜中俊9383117.6%23.5%39.2%6371
武豊8763115.4%28.8%40.4%70103
北村友一8585510.5%17.1%27.6%4777
福永祐一7943014.0%32.0%40.0%5375
松山弘平7810856.4%13.6%22.7%5653
川須栄彦748658.3%13.1%22.6%7789
松田大作7155110.9%12.5%20.3%12369
幸英明684568.1%18.9%24.3%4770
小牧太5563210.4%20.8%33.3%92101

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31


中京芝2000m|予想ポイント

  1. やや中波乱傾向のコース
  2. 差し・追込
  3. 枠順の有利差無し ※5枠には注目
  4. キングカメハメハ、フジキセキ、ヴィクトワールピサ
  5. 川田将雅、福永祐一、Mデムーロ、浜中俊、松田大作

差し・追込が有利なコース。

枠順での有利差は殆ど無いが、5枠は回収率が高いので注目。

種牡馬は、キングカメハメハが抜群の好成績。好走率・回収率共に高いです。その他、単勝回収率の高いフジキセキ・ヴィクトワールピサに注目。

騎手は、リーディング上位の川田将雅・福永祐一・Mデムーロが好成績。高い好走率を誇ります。その他では浜中俊と、回収率の高い松田大作にも要注意。


↓前年のレース予想記事↓



↓前年のレース回顧記事↓



競馬道場予想師17年度好成績者

111



↑このページのトップヘ