下町ドウジョー

どのような競技なのかも正確には知らない『競馬』の、ブログ製作を、成り行きと勢いで引き受けてしまった下町の小さな町工場の2代目(タマネギ)と、好奇心程度の軽い気持ちでそれに参加した予想家たち。そんなメンバーが、競馬予想で東京オリンピック出場を、職人の意地と誇り=モノづくりの心に火をつけられ、「下町ドウジョー」と名付けられたプロジェクトとして、それぞれの持つ技術を結集して競馬予想に挑戦するドラマである。

【安田記念】モズアスコット20年ぶり連闘でのG1制覇 ルメール絶賛「ベストマイラー」

6/3(日) 16:12配信


000000000

春のマイル王を決める「第68回安田記念」(G1、芝1600メートル)が3日、東京競馬11Rで行われ、C・ルメール騎手騎乗の9番人気モズアスコット(牡4=矢作厩舎)が優勝。G1初制覇を果たした。

ちょうど1週間前、京都競馬場で走っていたモズアスコットが先頭で駆け抜けた。5月27日の「安土城S」からの連闘策。連闘でのG1制覇はスティンガー(98年阪神JF)以来20年ぶり。安田記念では89年バンブーメモリー以来29年ぶりだ。

 鞍上のルメールも連闘策に「心配していました」というが、「返し馬で安心しました。馬の状態が良かったです」と心配は杞憂に終わった。道中は1番人気スワーヴリチャードをマーク。直線では馬群を割る豪快な末脚で差し切った。「G1で勝つ自信がありました。G1タイトルを手にして素晴らしい」とパートナーを褒めちぎった。

 父はフランスの怪物フランケル。G1馬7頭を撃破し、今後にも期待が高まる。「レベルの高いメンバーと戦って、日本のベストマイラーになりました。これからもマイルのG1を勝つと思います」と王者不在が続くマイル路線統一に堂々と名乗りを挙げた。

000000



騎手コメント

------------------------------------------------

ルメール騎手(モズアスコット=1着)「連闘だったのでレース前は心配したが、返し馬で安心した。馬の状態が本当に良かったですね。矢作先生が先週も使ってG1へ向けていい状態で持ってきてくれたので、僕は最後のひと押しをするだけだった。スタートして400メートルあたりで他馬とぶつかったので、そこで一度控えた。直線に入ると、スワーヴリチャードがちょうど前にいたので、これを目標にして、最後は前が開いて、しっかり伸びてくれました。馬は1600メートルで勝ったことあるし、能力があるのはわかっていた。ソウルスターリングに続いて、フランケルの子で勝ててよかった」

戸崎騎手(アエロリット=2着)「この前(ヴィクトリアマイル4着)より馬が良くなって、柔らかみがあった。ハナに行っても良かったけど、外の馬(ウインガニオン)が速かったので、好位で運んだ」

Mデムーロ騎手(スワーヴリチャード=3着)「頑張っていたんだけど…。一番いいポジションを取れて、直線もいい馬場を探しながら運んだけど、最後があまり伸びなかった。ゴール後の感じがいつもと少し違っていた。夏バテ気味だったのかも」

蛯名騎手(サトノアレス=4着)「ゲートで待たされて、頭を下げたタイミングでゲートが開いてしまった」

 福永騎手(サングレーザー=5着)「イメージしていた競馬はできた。いいところに収まったけど、なし崩しに脚を使ってしまって、結果的にいつもの切れ味がなかった。ただ、そういうチャレンジにも対応できるようになっている」

川田騎手(ペルシアンナイト=6着)「直線は道をつくることができず、申し訳ない競馬になりました」

 津村騎手(ウインガニオン=7着)「自分の競馬で最後まで頑張ってくれた。夏にまた頑張ってくれるはず」

武豊騎手(リスグラシュー=8着)「馬の出来は良かったけど、タイムが速かった。この馬には渋ったくらいの方がよかったね」

田辺騎手(レッドファルクス=9着)「淡々とペースが流れて、小出しに脚を使わされた」

 石橋騎手(キャンベルジュニア=11着)「いい感じで道中は運べていたけど、東京の1600メートルだと、もうひと工夫しないといけないかも」

 和田騎手(レーヌミノル=12着)「いいポジションは取れたんだけど、この馬には馬場が硬かった」

 藤岡康騎手(ヒーズインラブ=13着)「この馬のリズムで運べたし、しまいも反応はしていたけど。今回の経験が今後に生きれば」

 北村宏騎手(ダッシングブレイズ=14着)「スタートを出て、いい位置で運べたけど、時計が速かった」

 岩田騎手(リアルスティール=15着)「3角でごちゃついて下がった。その後は折り合いもついていたけど、直線での反応が鈍かった」

 秋山騎手(ブラックムーン=16着)「時計も上がりも速かった」

-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

111

222


~タマネギのレース感想~

1着から6着まではまさに実力拮抗してて今回の結果も勝負のあやでしょうね…。


話は変わりますが 私もまがりなりにブログ管理人でして、

毎回皆さんの予想コメントや近況コメントを楽しみにしてるんですが……


今回のレース予想記事に驚愕のコメントが…!!?



↓↓↓↓↓↓↓



???「嫁にOKもらったんで3ヶ月分の小遣いぶち込んできます








pinn


あの野郎……無茶しやがって…!!!



でも嫁に許可もらってる所が独身男からするとほのぼのしてて羨ましいですw

この世には嫁を泣かせて競馬するふとどきな旦那もいますからね~



そんな ホコリみたいなゴミ人間 にはなりたくないですね


-完-

【鳴尾記念】4番人気ストロングタイタンが快勝 池江師史上2人目の同一重賞4連覇

6/2(土) 16:42配信

000


「鳴尾記念・G3」(2日、阪神)

 4番人気のストロングタイタンが、約11カ月ぶりとなる勝利を重賞初Vで飾った。マルターズアポジーが飛ばし、1000メートル58秒2の速い流れ。好位追走から直線に入ると、内ラチ沿いを抜け出し先頭へ。最後は外から迫るトリオンフを半馬身差振り切った。

 勝ち時計1分57秒2は、僚馬サトノノブレスが一昨年の当レースで記録したタイムを0秒4更新するコースレコード。池江師は、1954~57年の金杯(東)を制した尾形藤吉師以来となる史上2人目の同一重賞4連覇を達成した。

 M・デムーロは「直線は内を突くしかなかった。外枠でスムーズに行けましたし、スタートも良かったです。これからも楽しみです」と笑顔。2着は1番人気のトリオンフ。3着には2番人気のトリコロールブルーが入った。


騎手コメント

------------------------------------------------

  Mデムーロ騎手(ストロングタイタン=1着)「気持ちよかったです。外枠でスムーズにいいところへつけられました。去年から乗っている馬ですが、(その時は)緩い馬場で乗って、良くなかった。今日は良馬場で、状態も良かったですから。これならば、これからも楽しみです」

ルメール騎手(トリオンフ=2着)「ほぼ完璧なレースができましたが、ラスト100メートルあたりでちょっと疲れた感じでした。よく頑張ってくれましたが、きょうは時計も速かったです」

岩田康誠騎手(トリコロールブルー=3着)「落ち着いて、2着馬の後ろからうまく運べました。こんな速い時計の中でもよく頑張ってくれました」

武豊騎手(マルターズアポジー=4着)「自分の競馬はできたけど、道中力んでいたし、右手前のときに内にもたれていた」

川田将雅騎手(サトノノブレス=5着)「前が速く、内ラチ沿いにつけることができました。逃げ馬に並ぶところまで行きましたし、本当によく頑張ってくれたと思います」

石川裕紀人騎手(モンドインテロ=6着)「ポジション取りが激しく、道中、後手に回ってしまいました」

 丸山元気騎手(ナスノセイカン=7着)「流れが速く、追走に手いっぱいでした」

 松山弘平騎手(ヤマカツライデン=8着)「2番手からになりましたが、最後まで止まらず頑張ってくれました。もう少し時計のかかる馬場の方がいいですね」

 古川吉洋騎手(テイエムイナズマ=9着)「伸びそうで伸びなかった。使いながらよくなってくれれば」

 秋山真一郎騎手(タツゴウゲキ=10着)「直線は息切れしました。これを使ってよくなりそうです」

 浜中俊騎手(ストレンジクォーク=11着)「久々でしたし、前に壁ができず力んでいました」

-------------------------------------------------



+++++ポイント結果+++++

111

222


~タマネギのレース感想~


祝! タマネギ2018年 初的中!!!

無題

※厳密には阪神競馬場に参戦した時に的中してますが『優馬』の印で買ったので無効扱い



沢山の祝福ありがとうございまっす!!!!

3月から競馬やって丸3ヶ月以上的中無しでしたから本当に嬉しかったwwwww



新種牡馬なんかも影響して今年は本当に難しくない!??

けど難しすぎて的中する自信がないので投資金額が低く抑えられ


結果:そんなに負けてない


って不思議現象がおきてます。
(6/3現在-11ちょい)



やっぱ自信がある=ドカンと賭ける

ですからね。

ある意味健全に楽しめてるのでしょうか…?笑

2018年6月3日(日) | 3回東京2日 | - 発走

第68回安田記念(GI)

芝・左 1600m

images


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2018年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です


あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??


ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件





↓前年のレース予想記事↓



↓前年のレース回顧記事↓



競馬道場予想師17年度好成績者


1111



↑このページのトップヘ