タマネギの競馬道場

みんなで楽しく みんなで予想 ハズレたって悔しくない!(大嘘) ※注意※ 回顧記事は9割コピペです

【阪神大賞典】サトノダイヤモンド貫禄V '17好発進!

サンケイスポーツ 3/19(日) 15:41配信

111


3月19日の阪神11Rで行われた第65回阪神大賞典(4歳以上オープン、GII、芝・内3000メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6700万円、1着馬に天皇賞・春の優先出走権)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が単勝1.1倍の支持に応えて快勝した。タイムは3分2秒6(良)。このタイムは阪神3000メートルのコースレコード(2001年阪神大賞典=ナリタトップロード)にコンマ1秒と迫る時計。

 好スタートから後方に控えてレースを進めたサトノダイヤモンド。マドリードカフェ、レーヴミストラル、ウインスペクトルと先頭がコロコロと入れ替わる出入りの激しい展開もなんの、サトノダイヤモンドは後方で脚をため、4コーナー手前から外めをスッと上がって行く。直線では抜け出したシュヴァルグランをあっさりとらえて1馬身半差をつけてのゴール。サトノダイヤモンドは2周目の向こう正面でややムキになるしぐさもみせたが、有馬記念以来の実戦で、さらに先の目標を見据えた仕上げということを考えれば、まずは満点の滑り出しといっていい。

 2着はシュヴァルグラン(2番人気)、さらに2馬身半遅れた3着には大外を追い込んだトーセンバジル(5番人気)が入った。

 3連単の払い戻しの740円はJRA平地重賞における最低払戻金となった。これまでの最低払戻金の記録は2012年ローズS・GII(ジェンティルドンナ→ヴィルシーナ→ラスヴェンチュラス)の800円。

 阪神大賞典を勝ったサトノダイヤモンドは、父ディープインパクト、母マルペンサ、母の父オーペンという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は里見治氏。通算成績は9戦7勝。重賞は2016年きさらぎ賞・GIII、神戸新聞杯・GII、菊花賞・GI、有馬記念・GIに次いで5勝目。阪神大賞典は、池江泰寿調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初優勝。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 サトノダイヤモンド)「サトノダイヤモンドは今年も強いです。秋に比べて大人になっていて、きょうも能力を発揮しました。この馬に乗るときはいつも気持ちがいいですね。(2着の)シュヴァルグランはとても強いけど、結構楽に勝てたので天皇賞が楽しみです。きょうは休み明けだったのでまだ強くなる」

dai



騎手コメント

------------------------------------------------


ルメール騎手(サトノダイヤモンド=1着)「サトノダイヤモンドは今年も強いです。秋から大人になりました。今日は休み明け。(この後は)もう少し強くなってくると思います。瞬発力とスタミナ、両方ある馬ですね。シュヴァルグランは強い馬ですが、今日は楽に勝ちました。最初のメインターゲットは天皇賞ですが、いいステップだったと思います。うれしいです」

福永騎手(シュヴァルグラン=2着)「以前よりスタートがよくなっていたし、休み明けでもよく頑張ってくれた。次に向けて悲観する内容ではなかった」

四位騎手(トーセンバジル=3着)「リズムを重視してじっくりと。うまくたまったし、最後もしっかりと伸びた。久しぶりに乗ったけど、力をつけてるね」

吉田隼騎手(タマモベストプレイ=4着)「3、4コーナーで早めに来られて結構厳しいペースになりましたね。それでも最後まで頑張ってくれています」

幸騎手(スピリッツミノル=5着)「思っていたより位置は後ろになりましたが、最後は脚を使ってくれました。長い距離は合っていますね」

岩田騎手(マドリードカフェ=6着)「うまく運べました。休み明けのこの相手でもしぶとく頑張ってくれました」

 武豊騎手(ワンアンドオンリー=7着)「3000メートル、ずっと内にささっていた。かなりのロスでしたね」

 小崎騎手(トウシンモンステラ=8着)「1コーナーでポジションを取れなかったことがすべてです」

 川田騎手(レーヴミストラル=9着)「以前とは違う競馬とのことでした。自分から進んで行ってくれたのであの形になりました」

 丹内騎手(ウインスペクトル=10着)「自分の競馬はできましたが、さすがに相手が強かったです」




-------------------------------------------------

敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。より

2017 阪神大賞典(GII) 阪神芝内3000m良
レース回顧・結果

3:02.6 12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3
61.5-60.4-60.7 S^1

 形式上はややスローということにはなるが、出入りが激しい競馬になって長距離的に見た時に中間の1000mが最も速いというのは相当特殊な展開だったといえる。中間の最遅ラップですら12.6だから急激な緩みがほとんどない、そのうえで中間11秒台に入っているように厳しい流れになったところもある。基礎スピード面が問われているので、単純なステイヤーでは逆についていくのに苦しかったかもしれない。いずれにせよタフな競馬になった。流れていた中ではっきりとした仕掛けもL3最速、出し切りやすい展開だが道中厳しい流れの中で末脚を削がれた馬もいただろうというところ。


1着サトノダイヤモンド


 9番枠から五分のスタート、そこから無理せず中団から後方に下げていくという形で様子を見る。最序盤はワンアンドオンリーを見ながら折り合い重視、少し掛かり気味になりながら1周目のスタンド前。ここでウインスペクトルが一気に動いてペースが上がっていく中で、じわっとワンアンドオンリーが押し上げていくのを見ながらついていってシュヴァルグランに近い位置。向こう正面でも大きく淀みなく進む中でシュヴァルの外から動こうとするがここで福永が抵抗、3角で先に動かれてシュヴァルの外からの競馬となる。3~4角ではシュヴァルを目標、外々から直線に入って序盤でシュヴァルの外から伸びかけるが地味。しかしさすが王者、有馬と同じくL1の坂でグイッと伸びて最後は完勝だった。まあ福永シュヴァルグランがかなり上手く乗ってきて、こちらは正攻法で外からそれを捻じ伏せに行くしかなくなった。それでも捻じ伏せちゃうんだから見た目以上に強い。流れていた中で後方から押し上げるわけで、当然ポテンシャルに依存する競馬になったわけだけど、それでも一頭だけL1で違ったからね。昨年の阪神大賞典でL1グイッと抜けたシュヴァルグランの外からグイッと伸びた。これが全てでしょう。休み明けで万全ではなかったにせよ、強かったです。


2着シュヴァルグラン


 3番枠からまずまずのスタート、不用意には下げずに中団で進めていく。最序盤のスタンド前まではまだサトノに対してリードを取っていたがここで徐々にサトノが押し上げてきてここで内で折り合い我慢という立場から徐々に外を意識しだす。向こう正面でワンアンドの直後から外を探って進出の準備、サトノが外から動いてくる前にしっかりと内から外に進路を取ってサトノの前で3角に入る。3~4角では前でサトノの押し上げを許さず、受ける形を作ってしっかりと先頭列に取り付いて直線。序盤で脚を引き出して堂々先頭、ここでは譲らず踏ん張ったがL1の坂の上りでサトノが手ごわく…それでもトーセンバジルは寄せ付けず、ステイヤー路線を引っ張ってきた存在感を見せての2着だった。敗れはしたんだけど、今日の福永祐一の騎乗は素晴らしかったと思う。ポイントはいかに3角までにサトノダイヤモンドに対して自身より外を回させる、前で受ける形に持っていくか。以前の福永ならこの馬でも内内で我慢していた可能性が高かったと思うんだけど、1~2角ぐらいからサトノが動くタイミングを意識しているような乗り方だったと思うし、向こう正面で前にいるワンアンドオンリーを見ながら外のサトノに先に動かれないようにしっかりと先手を打って3角で有利な立ち位置で進められた。まあもちろんギャンブル的な奇策ではないんだけど、常識の範囲内でサトノに勝つためにはベストのタイミングで勝負してくれたと思う。これでも負けてしまったなら今現状でのポテンシャル面での力差、有馬からは詰めてきたしやはりサトノより前で勝負を受けるか、ギャンブル的に内に絞ってサトノが捲ってコーナーで動いたところで内を突くかのどちらしかないというのが分かったのも大きい。ただ昨年の春天でも最高のタイミングでレースが流れて内を突いてもイマイチ伸び切れなかったから、個人的にはこの馬の適性的に内で器用にという競馬は難しいとは思うんだよなあ。その点ではなかなか乗り難しいし、春の天皇賞に向けてちょっと後退したかな。


3着トーセンバジル


 4番枠からやや出負けして後方からの競馬。内内を通してスタンド前ではシュヴァルグランの後ろでジッと。向こう正面でレース全体が流れた時にワンテンポ遅れて前にスペースを保つ形で3角に入る。3~4角でも各馬が外から動く中で3角を上手く内目で立ち回ってから徐々に大外に誘導、そのままサトノダイヤモンドの直後を取って直線。序盤で少し外に膨れてそこで置かれ気味になるが一瞬伸びかける。ただL1の坂の地点での伸びはイマイチで、最後はなだれ込むまでに終わっての3着だった。まあ上手くロスなく進められたとは思うので、シュヴァルグランと比べればやっぱり見劣るのは見劣る。ただ淀みない流れの中でのポテンシャル戦でやれたのは結構驚きで、ハービンジャーの仔ってやっぱり突き詰めると淡々とした流れの方が良いのかなと感じた。まあここではちょっと足りなかったんだけど、トップスピードの持続力ではちょっと足りない感じがポテンシャル戦で詰めてきているから、こういう競馬が合っているのかな。


4着タマモベストプレイ

 8番枠からまずまずのスタート、押して押して先行策、外のマドリードカフェが行き切ったので控えて2列目、スタンド前でウインスペクトルが一気に捲ったのでそれに合わせてマドリードカフェを交わして番手に押し上げる。向こう正面でも離れた番手で3番手との差も少しつけて入っていく理想的な競馬で3角。ただ3角辺りで手が動くが早めにシュヴァルグランが動いてきたのでここで脚を使わされる羽目になって先頭に。一旦はマドリードカフェに並ばれて直線。序盤で2強にあっさり抜かれるが他の先行勢は封じ込める。L1でトーセンバジルに差し込まれ、更にスピリッツミノルにも食い込まれたが4着には粘った。ちょっと可哀想というか、シュヴァルグラン福永の勝負の騎乗の結果この馬にとってはつらい展開になったかな。マドリードカフェなんかもここで脚を使わされてしまって甘くなってるし、この馬はマドリードよりはもうちょっとポテンシャル面がハッキリある馬、基礎スピードも高い馬だったから良かったかなという感じだけど、それでも有力馬がもうワンテンポ仕掛けが遅ければ違ったかな。状態も良かったと思うしそう考えると惜しい4着だった。


5着スピリッツミノル


 1番枠からやや出負けして必死に押して押してリカバー、ポジションを取っていって3列目の内内。道中出入りが激しい中で結局中団に吸収されるような形でスタンド前。向こう正面でも中団の内内で進めていて3角。3~4角で各馬が外々から動く中で内内から手が動きながら必死に追走、それでもここでタマモベストプレイの直後を取れてその直後をロスなく進めて出口で中目に出す。序盤でそこから伸びたいところで伸び切れずジリジリ。それでも最後までジリジリと伸びずばてずのなだれ込みで際どく5着だった。まあ結果的に内内をぴったり通せたし、終始緩まず入った中なのでコーナー6回分でのロスってそれなりには影響するからね。その中で上手く立ち回ってポテンシャル面でここまでだったならやっぱちょっと辛いかな。かなり恵まれての5着。


7着ワンアンドオンリー


 7番枠から五分のスタート、前をある程度意識して促していったのだが思った以上に前が早めにやりあってさらにウインスペクトルまで行ってしまったのでそこで前を諦めたという感じ。3角ではシュヴァルグランを見ながらにシフトでスタンド前ではじわっと押し上げていく。向こう正面でシュヴァルの前にいてシュヴァル、サトノを外に張らせようという意図は持っていたがこの布陣で福永が外を取って動いていくというのは計算外だったかもという感じ。3~4角ではその分内目を立ち回ってというところだが置かれてしまって直線。序盤で脚もなく終戦だった。まあ騎乗自体は恐らく前に行こうという意識はあったけど隊列が序盤からごった返していたので無理をしなかった、サトノとシュヴァルに外を回させる選択、或いはシュヴァルに関しては内に閉じ込める方向性で進めていたと思うけど、ロスを顧みず祐一が外に出して動いたのでその辺も結局意味がなく終わった感じ。そして何より厳しい流れの中でこの馬自身失速しているので結局その辺りの問題はあったかなと思うね。単にこの馬自身この条件がダメだったというのはあるし、どう乗っても着順はさして影響なかったかなと思う。

-------------------------------------------------




+++++ポイント結果+++++

dai2


dai0




~タマネギのレース感想~

日本最強馬が始動戦を圧勝で飾りましたねー

今後のローテは天皇賞(春)を経て海外遠征の旅へ


同じ厩舎の偉大な先輩オルフェーブルも同じようなローテでしたが1つ違うのは

(ダイヤモンドは)宝塚記念に出ない…!!



全ては日本競馬悲願の凱旋門賞優勝の為なんでしょうね…。


池江師曰く


「2400メートルでも欧州だと芝が深いので、
日本の軽い馬場で3000メートル以上のレースを
勝つようなスタミナがないと通用しない。
さらに本番は、スタート直後は15-15のような
かなりのスローペースになることが多いから、
春の天皇賞のような超スローでも折り合えないといけない。」

(2013年9月30日・日刊スポーツ紙面より)



本来サトノダイヤモンドディープインパクトともに
長距離は「ベストではない」としながらも、
「厩舎の技術力」で距離を持たせたとしているそうです。


実際にディープインパクト産駒で
これまでに3000m以上のレースで勝利を収めたのは、
サトノダイヤモンドの菊花賞1勝のみ、と
ディープインパクトの血統は
長距離はあまり得意とはいえない傾向らしく、


今日のレースでもルメール騎手は最初から最終コーナーまで手綱おさえっぱなしでしたもんね!!

見ていてヒヤヒヤでしたが最後はシッカリ伸びて圧勝…


なんて素晴らしい馬なんでしょう



写真ペタペタしときますね(笑)

全部無断転載ですけど今日めっちゃ負けたんで許してください!!!!1




4444






222



333




【スプリングS】皐月へ新星誕生!ウインブライト重賞初V

サンケイスポーツ 3/19(日) 15:52配信

bane]


3月19日の中山11Rで行われた第66回フジテレビ賞スプリングステークス(3歳オープン、GII、芝・内1800メートル、馬齢、11頭立て、1着賞金=5400万円)は、松岡正海騎手騎乗の5番人気ウインブライト(牡、美浦・畠山吉宏厩舎)が制して重賞初勝利を飾り、2着アウトライアーズ(2番人気)、3着プラチナヴォイス(6番人気)とともに、皐月賞(4月16日、GI、中山、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分48秒4(良)。

 レースはサウンドテーブルが引っ張り、オールザゴー、モンドキャンノ、ダノンケンリュウなどが続く展開。7番手から直線で内を突いたプラチナヴォイスが一旦、先頭に立ったが、後方3番手から末脚を伸ばしたウインブライトが差し切った。ほぼ同じ位置から追撃したアウトライアーズが1/2馬身差の2着。粘ったプラチナヴォイスがさらに1/2馬身差の3着だった。昨年の最優秀2歳牡馬サトノアレス(1番人気)は出遅れが響いて最後方を追走し、4着止まり。トリコロールブルー(3番人気)は5着に終わり、騎乗していたミルコ・デムーロ騎手の日曜メインの連勝勝利は「6」で止まった。

 ウインブライトは、父ステイゴールド、母サマーエタニティ、母の父アドマイヤコジーンという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は6戦3勝。スプリングSは、畠山吉宏調教師、松岡正海騎手ともに初勝利。

 ◆松岡正海騎手「ソラを使っていたので、一生懸命追わなければならなかったですね。(さらに後方でレースを進めていたサトノアレスなどについては)まだ僕の馬は競馬(のスタイル)が固まってはいないので、気にしていませんでした。(デビュー時から)走ると思って、期待している馬です」



騎手コメント

------------------------------------------------

松岡騎手(ウインブライト=1着)「折り合いをつけて、しまいを伸ばすことを、ずっと課題として取り組んできた。その通りにできた。(位置取りは)僕の馬は、まだ競馬が固まっていないので自分の競馬に徹した。初めて乗った時からすごく走ると期待していた。いい成長をしている。楽しみですね。(皐月賞は)強い馬もいるので、次もしっかり頑張りたい」

田辺騎手(アウトライアーズ=2着)「(レース前から)距離は課題かなと思っていた。実際に2000メートルを使った時にかかっていたので。今日は割と前が流れて、リズムは良かったんですが、もう少し切れ味のある馬なので休み明けの分かもしれません。皐月賞はさらに距離が延びるので、力みが取れてほしい。勝ちたかったですが、今回負けても、次で勝てればいいです」

和田騎手(プラチナヴォイス=3着)「前に目標があるうちは大丈夫だが、いなくなった瞬間に行ってしまった。課題はあるが、馬自体は良くなっている」

戸崎騎手(サトノアレス=4着)「スタートですべって、勢いがつかず後ろからになった。それでも道中の感じは良かったし、4コーナーまではスムーズだった。もう1つスイッチがある感じがしたんですけどね」

Mデムーロ騎手(トリコロールブルー=5着)「勝ち馬の後ろで、いいところで運べたが、最後はジリジリだった。1800~2000メートルがちょうどいい」

 柴山騎手(エトルディーニュ=6着)「もっと前の2、3番手でうまく立ち回りたかった。折り合いは大丈夫」

 内田騎手(オールザゴー=7着)「ハナを主張したかったが、2番手でも折り合いが付いたので、大丈夫かなと思った」

 シュタルケ騎手(ストロングレヴィル=8着)「いいポジションにつけたが、直線ではついて行けなかった。最後まで諦めず走ってくれたが、相手が強かった」

 松若騎手(ダノンケンリュウ=9着)「どちらかというとダートの方がいいかも。これからの馬なので、良くなると思う」

 大野騎手(モンドキャンノ=10着)「壁をつくれず、道中は力みがあった。その影響で気持ちがなくなった」

 水口騎手(サウンドテーブル=11着)「出たなりで進めて、あの位置になった。これから良くなってくれれば」




-------------------------------------------------

敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。より

2017 スプリングステークス(GII) 中山芝内1800m良
レース回顧・結果

1:48.4 12.6 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 12.4
48.6-48.1 M

 ペースは綺麗に平均ペース。最序盤は少し緩いかなと思ったんだが、向こう正面でのロンスパという中山1800らしい競馬になってそこから3~4角で若干緩む、L2再加速、直線L1でかなり落とすという感じ。全体のペースは割と速い感じ、馬場も重かったのはあるのだが幕張Sが46.0-47.3とハイペースだったのもあって1:33.3と好時計、ただ1000万下の2000mでは2:01.5、61.9-59.6と2.3のかなりのスローの中で後半は若干1000万下が上というぐらい、なのでこちらは平均でのものだし前後半トータルで見れば1000万下は上回っては来ていると思う。時計やラップ的には地味だけど、この日は通して速いラップ・時計の方がレアで、3歳500万下なんかマイルでも流れて1:36.1を47.5-48.6と1秒のハイ(ちょっと緩みがあったがそれでも流れても走破は35秒半ばぐらいだと思う)だから、幕張Sが強烈すぎたとみて、全体のバランスで見ればこの世代の牡馬なら強い競馬と言っていい。


1着ウインブライト


 10番枠から坂スタートでも上手く出たが前が速いので無理せず中団で進めていく。道中アウトライアーズが内を意識、こちらが外をというところで仕掛けを意識しあっていたと思うが、そうこうしているうちに前がペースアップをして流れてからの進出となる。3~4角では少し息が入っているがそれでも12秒前後の中でやはり大外ぶん回し。7頭分ぐらいのロスがあっても押し上げて直線。序盤でそれでプラチナヴォイスが一瞬出し抜きにかかるが内に刺さっている中でこちらはしぶとく最後まで伸び続けてL1できっちりとらえての完勝だった。大体想定通りか少し前半が速いかな?というレベルの流れではあったがポジションを上げて行くまでに前にペースを引き上げられたのでかなりポテンシャルに頼る競馬になった。この馬の800通過で見ると50秒を切るかどうかぐらいなので逆算すれば1000を大体58.4ぐらいで入ってきている計算になる。しかも今年の場合は時計が掛かっているし3~4角でかなりのロスがあってのもの、ということになる。もちろんコーナーでそこまで速いラップを踏んでいるわけではないが、それでも極端と言っていいロスをしながらもコーナリングの上手さとポテンシャルの非凡さで押し上げてきて直線でしっかりといい脚を使ってきた。L1は甘くなったけど他も甘くなっているように今の馬場で5F戦となると消耗するのはある程度仕方ない。それをあの位置からポテンシャル特化で勝ち切ったし、この展開でアウトライアーズに先着できたという点でもこちらの方が距離適性という点ではより長いところで良さが出るだろうと。この競馬でもポテンシャルを引きだせたのは良かったし、皐月賞で勝負になることを考えれば平均で流れたここできっちり後半だけで面倒を見れたことは大きいなと。これで一歩前進、カデナに対しては段階的に足を使えることで優位性を確保できると思うので、これでチャンスは大きく出てきたと思う。ただ、あくまでも牡馬での話、牝馬…特にアドマイヤミヤビなんかが来るとちょっと苦しいかもしれん。ファンディーナがフラワーCでどういう競馬をするかも含めて、その辺の方が厄介で、牡馬戦線なら多分普通にカデナかウインブライトか、というところまで来ていると思うね。若葉S組もちょっと侮れないかなと思うけど。まあもう一度きっちり整理したいね。いずれにせよこの競馬なら牡馬では普通に最上位でポテンシャルだけでなく段階的にいい脚を使えるタイプが今のトレンドではあるから。かなり強い競馬しているよ。ただ-12kgとかなり絞ってきてのものなので、皐月賞に向けてしっかりと内容ある調整をしながら馬体をある程度戻せるかというのは少し意識したいね。中間が馬なりで時計も出してこず、という感じで緩く仕上げられるのが一番不安。


2着アウトライアーズ


 8番枠から坂スタートで少し出負け、無理せず後方で進めていく。道中も内内で進めつつ、ウインブライトが外にいるので外に出すのは難しいし内で前のスペースを保ちながら進めていたら前が早めにスパート。その中で中団馬群で3角に入る。3~4角で中団馬群の中から進路を選びつつ上手く直線まで持ってくる。序盤で追い出されるがここでの反応は悪くない。ただL1までなかなか勢いづいたウインブライトを交わすことはできず、ポテンシャル面で優位に立てずに2着に敗れた。まあ結果的に3~4角でどうしても立ち回りで進路を意識しながら動ききれなかったのはあるし、なによりジュニアCと違って既に外からフルスロットルのウインブライトが来ていたからね。要所のギアチェンジ面もこうなってくるとなかなか活きてこない。それでも反応できていたしL1もそれなりにきた。ただロス自体はウインが圧倒的に多かった中でもL1を詰められなかった以上、単純なポテンシャル面はウインブライトの方が一枚上で、ジュニアCではそれを引き出し切れない中団で我慢から一気の仕掛けになったウインのパフォーマンスが距離適性も含めてちょっと低かったとみた方が良いだろうねと。皐月賞で面白いと思うけど、後方からでポテンシャル勝負の土俵に立っては苦しい。しっかりとゲートを出てある程度流れる中でしっかりと好位~中団で追走しながら3~4角で我慢、ウインブライトが動くタイミングでこちらがしっかりと内で仕掛けを待てる形が望ましいね。今回みたいに3~4角で仕掛けながら進路確保が難しくなってしまうと良さが出にくい。まあこの馬もその中で強さは見せたから、本番でも主役級の一頭になる。ウインみたいな競馬は強いんだけど全体で流れてくる皐月賞本番で完璧に決め切るのはなかなか難しいからね。


3着プラチナヴォイス


 7番枠から坂スタートでもまずまず、そこから内の各馬が速いので内を取れず、中団外で進めていく。道中は中団の外で進めながら仕掛けを待ちつつという中で前がペースを上げて行くのでその流れに沿って仕掛ける。3~4角では外々から馬なりで押し上げ、4角で外からウインブライトが来るが手応え抜群で直線。序盤で内に刺さりながらも一足を使って出し抜くがここから内に寄れる悪癖が出る。最後は甘くなっての3着惜敗だった。…この馬に関してはちょっと見誤っていた部分があって、馬場適性というよりもここ2走は終始内に刺さり続けていたことが影響したというのはあるなと。今回もその悪癖で抜け出す時は良いんだけど、そこから恐らく内ラチ沿いに刺さっていてここで甘くなっているというのはあるのかなと。ただ要所の脚に関しては圧倒的で、これはかなりのもの。もともと未勝利戦で相当なパフォーマンスを見せていて、厳しい流れは合うとは思っていたが高速馬場でのものだったしこの中山でこのメンバー相手にそれを炸裂させてきたことからも1周コースは確実に合う。皐月賞でのダークホースとして取り上げたい。本番は軽い馬場で基本はある程度ながれる競馬になる。全体のペースが厳しい中で爆発的にいい脚を使えるこの馬の良さが出やすくなると思うし、この3着は舐めてはいけない3着。正直皐月賞に関してはスプリングS1,2,3着馬は全部侮れん。


4着サトノアレス


 9番枠から坂スタートが合わず一番後ろからの競馬になる。道中も最後方で進めて向こう正面のロンスパという中で最後方列のまま3角に入ってくる。3角では内目で追走、そこから徐々に外に誘導という形で上手く進路を取って直線でウインの直後。そこから一瞬は脚を使いかけたがそこからの伸びがイマイチ。L1の坂の上りでもジリジリで4着完敗だった。ん~まあ思ったよりは悪くなかったな、というのが率直な感想で、プラチナヴォイスがこの馬場でやれたというのもあるけど、分散される競馬の中でそれなりに脚を使ってきた。タフな馬場で出遅れて後半特化になったわけで、トップスピードの質を最大限に生かしたいこの馬にとってこういう競馬は向いていないしね。悪くはなかったけど、少なくともウインブライトにポテンシャルで明らかに見劣っているし、基礎スピードを持っているというほどでもないから皐月賞向きかは微妙、個人的にはNHKマイルCからダービーにというローテの方が良いんじゃないかなと思うけどね。青葉賞ではないだろうけど藤澤だし皐月賞は回避になるんじゃないかな。ただトップスピードの質が武器だけどゲートが安定しないし、この時点まで来るとマイル戦でも結構流れるからね。そこで脚を使わされないかどうかも含めて今後マイル路線でも絶対的とは言えんかな。というより、正直ソウルスターリングはもとよりアエロリットクラスがマイルに来たら苦しいと思う。


5着トリコロールブルー


 11番枠からやや出負け、無理せず後方で進めていく。道中もサトノアレスの外ぐらいで動くタイミングを計っているうちに前がペースアップのロンスパになる。3~4角ではウインブライトをマークする形でそれよりは一つ内を通す。4角で外から追いだしにかかって直線。序盤で少し置かれるもジリジリと食らいつく。L1でのバテ差しも微妙で、サトノとの差もなかなか詰まらずの5着完敗だった。まあポテンシャル戦でウインブライトってのは既に世代トップレベルのパフォーマンスを見せていたから、それと比べると難しい。まあ悪くない競馬はしているし、そういう競馬でも一定の目途は立てたと思う。相手関係が悪かったと思うのでこの5着は悲観しなくても良いかな。ただ確たる武器はないので少なくとも春のクラシックはちょっと馬券に絡むイメージは持てないかな。ここまで悪くない成長曲線だし秋に向けては面白いかもしれんが、完成度や各適性面の能力的なものではまだこれという武器はないと思う。


10着モンドキャンノ


 6番枠から坂スタートでも好スタートを切って楽に2列目の外に入ってくる。コーナーワークもあったがそれでも2列目の外で進めていくが前に壁を作れずに掛かりながら。途中まで我慢して進めていたが、3角手前ぐらいからペースが上がったのでそこで折り合う。3~4角でも2列目の外で進めて仕掛けを待つ形、4角で軽く合図があるがここで動けずに置かれて直線。序盤でそこから下がってしまって失速した。この競馬だと流石に距離も長かったのかな。ただ個人的にはこの競馬で後ろからどうだったかはちょっと気になる面はある。まあそれでも負けすぎなのでこれは距離の問題が大きかったとみるべきかなあ。

-------------------------------------------------




+++++ポイント結果+++++


bane111


bane000





~タマネギのレース感想~

3コーナーあたりから異様に早くなってる??

かかった馬が多くてレースレベルはちんぷんかんぷん!!




このレース少数頭なのにオッズ割れてて昨日からヨダレ止まらなかったw


これが勝負レースだと思ったタマネギは 







厚く貼って死にました。




こっからたらればオヤジになるけどめっちゃ悔しいの!!!

言わせて!!!

そして出来たら慰めて




朝の段階では⑦プラチナヴォイス入れてたの!!!!!


抑えの3複にも本命2着付けの3連単の3着にも入れてたのに!!!!!!!

昼の俺の馬鹿っっっ!!!!泣


20万スッた時なんかより全然悔しい




サトノアレスもスタートのつまづきがなきゃ3着は来れたのかなぁ…


なんにせよ今日はガッツリ凹みましたよ…笑


2017年3月20日(月) | 2回中山8日 | 15:45発走

第31回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m

images


予想カテゴリーではレース出走時間までコメント欄に予想を受け付けております


◎=本命[ホンメイ]=「勝つ可能性が最も高い馬」

〇=対抗[タイコウ]=「本命馬を負かすとしたらこの馬」

▲=単穴[タンアナ]=「◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬」

△=連下[レンシタ]=「1着は無理でも2、3着なら可能性あり」

×=連下と同じ。ポイント集計の都合上×を代用



2017年シーズンを通して継続して予想してくれる方を募集中です

あなたも競馬道場ランキングに参加してみませんか??

ランキングに参加すると予想が集計され、獲得したポイントの平均で順位がつけられます。

新規参加希望者は下記リンクより参加申し込みお願いします。

ランキング参加するにあたっての条件



コース攻略検証・見解

中山競馬場 芝1800m

中山競馬場

コース攻略検証・見解

直線のスタンド前からスタートし、すぐに急坂を上ってコースを1周する。最初のコーナーまでおよそ200mと短いため、極端に速いペースにはなりにくい。そうなれば前に行った馬が当然有利で、4コーナーを先頭で回った馬の成績がいい。馬場が荒れるとその傾向が更に強くなる。

コーナーを4つ回るため、スムーズに前へ取り付けないと、ロスが生じる外枠は厳しくなってしまう。流れが緩くなることも多く、外から無理に脚を使うと甘くなる。

種牡馬ではディープインパクト産駒の成績がいいのだが、回収率は低め。人気になった産駒がキッチリと勝鞍を挙げている舞台だ。



中山芝1800m|血統(種牡馬)別成績

種牡馬1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
ディープインパクト22191211613.0%24.3%31.4%4959
キングカメハメハ137138710.8%16.7%27.5%5072
ハーツクライ11698210.2%15.7%24.1%3949
ネオユニヴァース833679.9%13.6%17.3%9651
ステイゴールド6127785.8%17.5%24.3%2785
マンハッタンカフェ6126537.8%23.4%31.2%122134
シンボリクリスエス61011716.1%16.3%27.6%68104
ジャングルポケット6554410.0%18.3%26.7%9074
アグネスタキオン6432715.0%25.0%32.5%6468
メイショウサムソン548379.3%16.7%31.5%42108

中山芝1800m|騎手別成績

騎手1着2着3着着外勝率連対率複勝率単回値複回値
戸崎圭太181465519.4%34.4%40.9%10479
北村宏司15976515.6%25.0%32.3%10574
田辺裕信101010759.5%19.0%28.6%7688
蛯名正義9126679.6%22.3%28.7%9070
松岡正海989838.3%15.6%23.9%131103
石橋脩9276111.4%13.9%22.8%14373
柴田大知7125945.9%16.1%20.3%3689
横山典弘7613628.0%14.8%29.5%4866
田中勝春754737.9%13.5%18.0%7344
柴田善臣659657.1%12.9%23.5%2463

※検索期間:2012.1.1~2016.12.31

中山芝1800m|予想ポイント

  1. 荒れやすいコース
  2. 逃げ・先行がやや有利なコース。
  3. 内枠(特に2枠)
  4. ディープインパクト、マンハッタンカフェ
  5. 戸崎圭太、北村宏司、松岡正海

逃げ・先行がやや有利なコース。

枠順では内枠が僅かに有利で、特に2枠が好成績を残している。

種牡馬は、ディープインパクトがリーディング。回収率は低いですが、高い好走率を誇ります。また、マンハッタンカフェは回収率が高いので注目。

騎手は、戸崎圭太が抜群の好成績。その他、北村宏司や、回収率の高い松岡正海に注目。西の福永、M.デムーロ、C.ルメールもハイアベレージ


2017出馬表

※コピペです 間違えている可能性もあるのであくまで参考程度にし、この表だけでマークカード記入しないでね


馬名騎手名
11ディーパワンサ内田 博幸
22ブライトムーン田辺 裕信
33モリトシラユリ江田 照男
44サンティール津村 明秀
45デアレガーロC.ルメール
56シーズララバイ柴田 善臣
57トーホウアイレス蛯名 正義
68ドロウアカード武 豊
69サクレエクスプレス大野 拓弥
710ハナレイムーンA.シュタルケ
711ヴィーナスアロー吉原 寛人
812ファンディーナ岩田 康誠
813エバープリンセス吉田 豊



↑このページのトップヘ